ホーム   携帯用   検索/過去ログ
Name
Mail URL
Title
File  
Font
Cookie Preview      Key 

キンモクセイ・・・ [ RES ]
クマジィ 2021/09/17(金) 03:27
.gif / 2.3KB キャンパス内の園地に卒業生が記念に植えたキンモクセイがいい香りを放っていて、道行く人が足を止め、香りを嗅いだり、写真を撮ったりしている。そういえば、目黒川沿いのギンモクセイの香りはまだ漂ってきていない。

キンモクセイとギンモクセイの違いは簡単に言えば、色と香りと花の付きに大きな違いがある。
色はキンモクセイがオレンジに対して、ギンモクセイは白、香りはキンモクセイの方がやや香りがきつく、花の付き具合はキンモクセイが蜜で、ギンモクセイが粗いというところかも知れない。

金木犀(キンモクセイ)の花言葉の「謙虚」は、その甘くすばらしい香りに反して、控えめな小さい花をつけることにちなんでいると言われて強い雨が降ると一気に花は散ってしまう。夕方から雨になりそうで、台風の余波も重なって散ってしまうかも知れない。【20210917(金)】


スマホ講習会・・・ [ RES ]
クマジィ 2021/09/16(木) 03:10
.gif / 2.3KB 昨日、仕事が休みの日なのに天候は雨でウオーキングは中止、しかし6時には青空が見えて来たのには、とても悔しい思いがした。スマホの講習会があったので、休日をとったのだが、担当者の丁寧な説明に助けられた。

他の区はどうかは知らないが、渋谷区では『9月から2023年8月までの2年間、65歳以上の1,700人に貸与して、デジタルバイド解消に実証実験する』というもので、使いこなせるようになるため、昨日を含め、11月まで4回の講習会を行ってくれるというもので、昨日は9:30~12:30まで、30名の参加者を10グループに分け、担当者がテキストをもとに丁寧に説明してくれた。

そもそもデジタルバイドとは何ぞやだが「一般に、情報通信技術(IT)(特にインターネット)の恩恵を受けることのできる人とできない人の間に生じる経済格差を指し、通常「情報格差」と訳される」ということで、実証実験の募集が区報に載っていたので、ガラホを持つ私は早速応募したらうまいこと当たってくれて、昨日の第一回の講習会参加となった。
なかなか丁寧な説明だったので、残り3回の説明で何とか使いこなせるよになったら嬉しい限りである。【20210916(木)】


秋の気配・・・ [ RES ]
クマジィ 2021/09/15(水) 03:31
.gif / 2.3KB 夏は凍らせたペットボトルをハンドタオルで巻いてウオーキングに出かけるのだが、1週間ほど前から不要になった。真ん中がくびれているアクエリアスは持ちやすく、ここ数年の夏はこのスタイルでウオーキングを楽しんでいる。

短パン+Tシャツスタイルはまだまだ健在だが、たまにロングTシャツが必要な日もあって、確実に秋の気配が漂って来た。本日は久しぶりの休養日だが、あいにくの雨、せっかく15km、気分が良ければ20kmのロングウオーキングを楽しもうと思っていたのだが、あえなく中止に・・・

今年は毎月、長雨が続くようになった。コロナも大変だが、農業にとっては大きな悩みのようだが、昨日送られてきたブドウは幸い天気に恵まれたらしく、美味しく頂くことが出来た。
横浜から若い夫婦がヌマザワ君のところに修行に来ていて、将来はブドウ農家として独立を考えているらしい。なぜ沼沢農園にやってきたのか、今度じっくり話を聞いてみたい。沼沢農園のブドウが届くと、秋がやって来たなと感じるこの頃である。“高尾”は甘かった!!【20210815(水)】


ブドウが届いた・・・ [ RES ]
クマジィ 2021/09/14(火) 03:25
.gif / 2.3KB 待ちに待ったブドウが届いた。
誰より(会社G、サノさんG、長野の友人G、矢口G)も早く、注文をしていたのだが、娘、息子の二家族、お世話になっている6人の知人・友人からは「美味しくたべてるよ」とか「有難う、スイマセンね」とかの電話やメールは貰っていたが、やっと昨日、我が家にも届いた。

高尾、シャインマスカット、ゴルビー、ピオーネなどを生産している沼沢農園のヌマザワ君は、4年まえだったかで最優秀賞も獲得したこともある本物の葡萄生産者でもある。
前にも書いたと思うが、私が蔵王温泉スキー場中央ゲレンデ内にある「三五郎小屋」で居候をしたいた頃、支配人に紹介され、コーチをしたことがきっかけで、ここまでお付き合いをさせて貰っている。今年は高尾の出来が良さそうとのことだったので、高尾とシャインの詰め合わせを中心に注文した。

高尾の濃い目の甘さとシャインマスカットの爽やかな味がたまらない。
今年は何故か私のとこだけ一番遅かったが、ブドウの美味しさに何もかもが吹っ飛んでいった。【20210914(火)】


読書日記ー29 [ RES ]
クマジィ 2021/09/13(月) 03:25
.gif / 2.3KB この週末の2日間、珍しく仕事に終われ、外出していた。
どうせ休んでいても、コロナの影響もあるし、また天気も芳しくなかったので却って仕事で外出してた方、気が紛れて良かったのかも知れない。

●安部 龍太郎著:「黄金海流(下)」 幻冬舎文庫

【波浮の築港計画を進める程に苛烈さを増す妨害工作。評定に必要な測量図は奪われたまま、運命の時は迫る。次第に明らかになる、黒幕の正体と幕府内の権力争いの構図。国の在り方を問う抗争のカギを握るのは、岡鉄之助の失われた記憶だった……。直木賞作家、安部龍太郎による若き日のサスペンス巨編、大幅に加筆修正して堂々復活!―ほんの紹介よりー】

呑海(どんかい)という和尚が出てくるのだが、この和尚、なんと鬼平こと長谷川平蔵(元火付け盗賊改方)で、頭を丸め主人公の岡鉄之助を補佐する形で著書に一味も二味も面白味を醸し出している。
文庫本で400ページを超える上下巻だったが、あまりの面白さにここ数日で読み切ることが出来た。

余談だが、大島一周は約45kmほどあるのだが、BEARSのバイク合宿で訪島、波浮港を右眼下に見ながら山に登ろうとすると海の中に浮かぶ筆島が見えてくる。ここからの上りがきつかったこことを思い出した。【20210913(月)】


グリーンタウン美住・・・ [ RES ]
クマジィ 2021/09/12(日) 02:49
.gif / 2.3KB 昨日土曜日は休日だったが、まちネット会員でもある三森さんが住む、分譲住宅の外構管理計画の仕事で西武池袋線久米川に出かけた。15年前、私の高校時代の同級生から紹介され、外構設計を請け負ったのが三森さんとの出会いでもあった。

集合住宅は普通なら10年に一度の割合で大規模修繕を行うのだが、設計を終えて15年、建物周囲の外構(緑空間部分)について昨年の春頃に相談があり、元勤務先のボスと今年度2回目となる打ち合わせに出向いた。ここの集合住宅はUR都市機構が賃貸と分譲を桜並木通りを挟んで分かれており、15年前の設計から見違えるようにその差が歴然と認識できるように生まれ変わった。

あれから15年経過したが、管理組合の皆さんで、わざわざ浦和市内の植木業者さんを訪ね、シンボルツリーを探しに行ったことから始まっていて、サルスベリ、ケヤキ(既存木)、シダレカツラ、シダレザクラ、ヤマボウシと、4棟それぞれにシンボルツリー(景観木)を配した洒落た集合住宅でもある。7、8名の理事会の皆さんと約1時間30分、外構管理計画について有意義な会議をすることが出来た。
帰りにランチで入った久米川駅近くの中華レストラン、安くて美味しく、ボリュームのあるランチはとても気に入った。三森さんは知っているのだろうか。本日午前中、稲毛海岸駅近くにある集合住宅の植物調査に出かける予定である。【20210912(日)】


危なかったウオーキング・・・ [ RES ]
クマジィ 2021/09/11(土) 03:14
.gif / 2.3KB 9日(木)、朝の天気予報(雨雲の動き)を検索すると、都心に雨が降るのは9時以降と出ていて、その前は曇りで雨が降る予報は出ていないということで、4時自宅をスタートする。

秋に入り、初めてロングTシャツを着こんでのウオーキング、用心のため、途中で雨に変わってもいいように、これまで履いていたランシューズで出かけた。ここまでは万全だった。
ところが、自宅から代々木公園まで6km、時間にして60分、これなら代々木公園を3周(6km)は行けるかなと確信し、2周目に入ろうとしたところで、パラパラと雨が・・・これでは濡れてしまうと思い、1周2kmを終えたところで、帰路を急ぐが路面は完全に濡れ始めた。

ああ〜旧いシューズで良かったと思ったのだが、表参道の歩道は本石の石張り舗装、上りはいいが下りで滑るところまでは考えていなかった。五輪橋から明治通りの交差点までは下りが続くので、一歩踏み出すのも恐る恐るのウオーキング、特にマンホールの蓋部分は滑って危うく6月の二の舞になるところだった。
代々木公園から自宅までは4km、40分で戻って来れる予定が、何と60分も要してしまった。
旧いシューズは洗って天気のいい日に、書斎に行くときにだけ使おうと思っている。【20210911(土)】


叱られたこと・・・ [ RES ]
クマジィ 2021/09/10(金) 03:20
.gif / 2.3KB 毎朝、J-WAVEを聴きながらウオーキングしているのだが、5時から始まるkuraseeds(クラシーズ)の番組で「叱られた経験ありますか」というのがテーマだった。私が小学生のころ、自慢するわけではないが、先生や両親に叱られっぱなしの小学時代だっと言っても過言ではない。

一番印象に残っているのは理由は忘れてしまったが、母に大黒柱に縛り付けられたことがあったし、父からは煙管(キセル)の頭部(真鍮製だったと思う)で殴られたことはしょっちゅうで、鉄拳制裁は当たり前だった。
二人の子供にも条件付きだが、「2回目までは言葉で注意するが、3回目の時は言葉よりも先にゲンコツが飛ぶよ」と言っていた。こんなことを今どきしたらとんでもないことになるのだろう。

父が機嫌の良いときに新聞に掲載されていた川柳を読んで聞かせたのは「モノ言わず げんこつでくる 父の愛」という川柳で、自分が創ったかのように自慢していたのを思い出す。【20210910(金)】


収束の兆しはいつ・・・ [ RES ]
クマジィ 2021/09/09(木) 03:07
.gif / 2.3KB 9月に入ってどうも天気が安定しない。
会社(椛u環境計画)に頼まれた植物調査、8月は順調に進んでいたが、8月下旬から今日にかけて天気が安定せず、最後の調査日に充てていた本日もこれから雨になりそうだ。

新型コロナ感染症は約1年9ヶ月も続いていて、高齢者の70%は接種済みとなっているが、収束する気配は見られず、イベントなどではクラスターも発生したとニュースは伝えていた。ここ2年近く県を跨いでの移動は厳しく、まちネットの活動もままならない。
昨年の今頃、「わくわく活性化事業」の支援を受けたが、現地には行けずメールと電話でのやり取りで進めざるを得ない状態だった。
コロナが流行する前の2019年の今頃は、20数名の参加者で「六十里越街道」をトレラン部とトレッキング部とに分かれ、1泊2日の初秋のトレランを楽しんでいた。

本来なら、香川県を訪問して石井先生(現在香川大の名誉教授)と、四国で開催予定のトレランコースの下見をしていたハズだが、何時になるのか見当もつかない状態である。う〜ん!!【20210909(木)】


読書日記ー28 [ RES ]
クマジィ 2021/09/08(水) 03:20
.gif / 2.3KB 昨日の予報では太陽も見え、夏日になるとの予報だったが、期待したほどの暑さにはならなかった。
このまま秋に突入してしまうのだろうか。今週は曇りの日が続きそうだ。

●安部 龍太郎著:「黄金海流(上)」 幻冬舎文庫

【江戸の人足寄場を束ねる呑海に持ちかけられた、伊豆大島・波浮の築港計画。それは従来のモノ・カネの流れを革命的に変えるものだった。計画阻止を狙って忍び寄る、深い闇。立身出世を夢見る下田の役人、狩野英一郎に下ったのは、築港のキーパーソン暗殺の命だった……。濁流のごとくうねる、正義、思惑。暗闘に次ぐ暗闘。結末やいかに!―本の紹介よりー】

伊豆大島にはバイク合宿や仕事で何度も訪れたことがある。2005年には大島動物公園の改修設計、そして翌年には、波浮港に近いトウシキ園地(キャンプ場)の改修設計で訪れ、その際、波浮港にも昼食を摂ろうと行ったのだが、大正ロマンたっぷりの3階建て建物がずらりと並んでいて、入った寿司屋の壁は立派な鏝絵(こてえ)塗りで、大正時代にタイムスリップしたような感覚を覚えたことを思い出した。実に面白い作品でワクワクしながら下巻に入っている。【20210908(水)】



 


+ Powered By 21style +