ホーム   携帯用   検索/過去ログ
Name
Mail URL
Title
File  
Font
Cookie Preview      Key 

街の微妙な変化・・・ [ RES ]
クマジィ 2020/10/22(木) 03:35
.gif / 2.3KB 雨以外はほぼ毎日ウオーキングしていると、体調、気温、日の出日の入り、街の風景などが毎日のように変化しているのに気づかされる。
その微妙な変化を楽しみながら一日一日を送っているのだが、その中でも日の出日の入りが一日一分の割合で進んでいるのが実に面白い。

ちょうど2ヶ月前になるが、長い梅雨が明けた途端暑くなり、例年になく暑い(熱い)夏となったのだが、あれからたった2ヶ月が経過、スタート時には明るかった早朝ウオーキングはいつの間にか周囲は暗く、街灯の明かりを頼りにしないといけない季節に入ってきてしまった。
本日の日の出は5時55分、この時間はちょうど10qをやり終え、帰宅する時間とほぼ一緒で、街灯と行きかう車の明かりでウオーキングをしていることになる。冬の最盛期の日の出は6時50分ごろで、15〜16qを終えたころにやっと周囲が明るくなってくるのである。
余り気づくようなことのない街の微妙な変化を感じながら毎日のウオーキングを楽しんでいる。そろそろ出かける支度をしようか。【20201022(木)】


コロナ禍で・・・ [ RES ]
クマジィ 2020/10/21(水) 03:32
.gif / 2.3KB 昨日は秋らしい心地よい一日となった。快晴が5時間以上続いたのは2日(金)以来らしく、それだけ今月は雨の多い月だった。
長雨に伴い気温もぐっと低くなり、ウオーキングの服装も長袖シャツにベストを着こんだり、一昨日からは手袋もするようになった。

下はまだ短パンだが、そろそろこちらもタイツを履くタイミングを計っているところではある。
コロナ禍で思うような活動は出来ないまま今年もまもなく終わるが、これは自分だけの問題ではなく、世界中がこの災難に巻き込まれ、みんなが不自由な生活を送っていることを考えれば何のことはない。沈んだ太陽もやがてまた夜明けを迎えるのだから・・・
自由に活動が出来るようになるまで、体力づくりや面白いアイデアを練っておくかが重要で、昨日は早速山形県某市に電話を入れてみた。

何度か訪れたこともある市で、そこの事務局長さんとも以前お会いしていることがわかった。
今年はイベントが中止や延期になったことで、なかなか大変だったと述べていたが、私のアイデアに興味を引かれたことは確認できた。3年前から温めていた企画書や資料を早速送ろうと思っていて、一日も早くコロナが収束することを願う毎日である。【20201021(水)】


ブタ公園・・・ [ RES ]
クマジィ 2020/10/20(火) 03:22
.gif / 2.3KB 昨日も昼頃から雨が降って来た。今年は秋の長雨が多すぎる。
仕事の帰り、恵比寿南二公園(通称:ブタ公園)に寄ってみたのだけど、さすがにこの雨じゃ工事は休みのようだったが、工事そのものは順調に進んでいるようだった。

♪土方殺すにゃ 刃物は要らぬ 雨の三日も降ればいい♪ という歌があった。
あの雨じゃ工事は難しい。これまでもあまり使われいなかった入り口などのコンクリート施設の解体が終わり、コンクリートガラがトイレの前に山積みになっていた。他にも本公園の愛称となっているピンク色したブタのプレイスカルプチャー(遊戯彫刻)4基が取り外され、可愛い豚さんが地面に転がされ、冷たい雨に濡れていた。
遊びやイベントの邪魔になっていた園内の大きな樹木も数本伐採されたおかげで公園全体が明るくなっていた。
写真を撮るのは難しかったが、工事が開始され1ヶ月、そろそろ現場写真をこの週末にでも撮っておこうと思う。【20201020(火)】


暖房具・・・ [ RES ]
クマジィ 2020/10/19(月) 03:23
.gif / 2.3KB 昨日は久しぶりに青空を眺めることが出来た。それでも今年一番の寒さとなりそうだったので、襟付きロングシャツを着こみウオーキングに出かけた。途中にわか雨にあったものの代々木公園に入ったら小止みになり、前日は休みだった分も気分的には解消することが出来た。

午前中は久米川まで出かけ、ミモリさんの住む分譲住宅地の住民有志の皆さんと、住宅地周辺の雑草除去の手伝いや樹木の手入れなどの管理法などについて、ボス(椛uの社長)と一緒にレクチャーを行い、何とか午前中で仕事を終えることが出来た。久米川駅前のパスタ専門店で昼食をとったのだが、パスタ食堂というだけあって、なかなか美味しいパスタを頂くことが出来た。

天気がいいのに気温が上がらず、ついに我が家も暖房器具を出すことにする。
昨年の今頃はラグビーW杯の準決勝あたりで、俄かラグビーファンとしてテレビ中継に釘付けになり、寒さなど感じている暇などなかったように思う。今年の10月は雨が多く、好天に恵まれる日は少なかったように感じる。【20201019(月)】


国勢調査ほか・・・ [ RES ]
クマジィ 2020/10/18(日) 03:30
.gif / 2.3KB 昨日は朝からの雨でウオーキングは中止、3時に起きたのだが睡眠時間を8時間も取ったので目覚めが良く、コーヒーを淹れてのんびりコラムをかきながら本日やる作業の整理をした。

椛uの同僚から頼まれているむかし撮った現場の写真を送信すると、国勢調査票の仕上げに取り掛かる。
9月下旬から10月にかけて調査票を近所の4ブロック(約200戸)に配布していたのだが、ネットや郵送などで役所に届いた調書が再送されたのを本チャンの資料に書き写し、国勢調査の仕事をやり終えたのは午後3時だった。なんと昼食を挟んで7時間も作業していたことになる。5年前にもやったことがあるのだが、このコロナ禍で若い人、と言っても50代、60代の人のやり手がなく、結果私が駆り出されたという次第。
最近はネットでの提出が出来るようになり、私でさえ30分ほどで文明の利器を利用して簡単に書き込むことが出来た。

今日はまちネット会員でもあるミモリさんが住む分譲住宅地の除草の手伝いをしに久米川まで出かける。
分譲住宅地の環境整備の仕事を椛uが請け負うことになり、住民の人たちと除草することになったのだが、雑草と野草の区別がつきにくいということで、今回は一緒に作業のお手伝いをすることになったという次第である。【20201018(日)】


多忙な一日・・・ [ RES ]
クマジィ 2020/10/17(土) 03:48
.gif / 3.0KB 昨日は珍しく多忙な一日となった。
本来の仕事は休みだったのだが、いつもの早朝ウオーキングのあと、持病(不整脈)の定期健診に始まり、月山フォーラムわくわく活性化事業の仕事、そして国勢調査員の書類整理&再提出のお願いなど、昼食もそこそこで暗くなるまで活動した。

不整脈の定期健診では5本の血液を採取で尿酸値、腎臓、肝臓、糖尿などの数値には全くの異常は見当たらず、血圧も111/63とほぼ安定したもので安心した。不整脈は出ているがこちらもワーファリンの薬が上手くコントロールしてくれているらしく、特に目立ったところはなしという診断結果だった。まあ、毎日運動出来ているので急に悪くなることは考えられないと思うのだが、これからも健康には十分気をつけていきたいという思いが強くなった。

今年のまちネットの事業でもある月山フォーラムわくわく活性化事業の方は、「回天の道」整備のメインの看板となる案内図は、私が現役の頃から知り合いのメーカーさんに制作をお願いしていたのだが、A3サイズのカラー刷りで送られてきたのをチェック、修正・追加部分を特注書きして再送した。予定価格以内で仕上げてくれそうで完成が楽しみである。

このコロナ禍で国勢調査員の成り手がいなく、急遽依頼されて調査票の配布や資料整理をしているのだが、これがなかなか大変な作業で、回収率も50%ぐらいらしく、昨日は遅くまで再提出のビラを配布して回ることが出来た。ホント休む間もなく・・・というのは、こういうことなのかと思い至った一日だった。【20201017(土)】


エンジェルトランペット・・・ [ RES ]
クマジィ 2020/10/16(金) 03:31
.jpg / 48.8KB
カナメモチの高垣(高い生垣)のコーナーに下向きに垂れ下がった花を見つけた。むかしはチョウセンアサガオと呼んでいたが、実際にはキダチチョウセンアサガオが正式名称である。

園芸名ではエンジェルトランぺットと呼ばれている。
チョウセンアサガオ属であるが、チョウセンアサガオと違うところは、キダチの方は下向きに花を付けるが、チョウセンアサガオは上向きに花をつける。つぼみには卵形、球形、紡錘形などがあり、花はつぼみから飛び出すような形で咲く。花弁の先端は、5つに分かれ反り返る。チョウセンと名前がついているが、原産地はアメリカの熱帯地方で低温に強く、丈夫で育てやすい植物である。まだ先始めだが、もう少ししたらたくさんの花をつけるのがとても魅力的である。大きめの蕾がたくさんついていたので、これからも注意してみておこうと思う。
花言葉は、愛敬、偽りの魅力、変装、愛嬌だそうである。【20201016(金)】


読書日記ー23 [ RES ]
クマジィ 2020/10/15(木) 03:23
.gif / 2.3KB 今年は仕事を始めたので毎日読書する時間がめっきり減ってしまった。
そのため書斎にたまに行ったりすると、「どうしたんですか、最近お見えになってませんね」と店員さんに声をかけらえる機会が多くなった。

●深代 惇郎著:「深代惇郎の天声人語」 朝日文庫

【朝日新聞1面のコラム「天声人語」。この欄を1970年代半ばに3年弱執筆、読む者を魅了し続けて新聞史上最高のコラムニストとも評されながら急逝した記者がいた。その名は深代惇郎―。彼の天声人語から特によいものを編んだベスト版が新装文庫判で復活。―本の所為会よりー】

深代惇郎という名前は聞いたことがないかも知れないが、朝日新聞一面にかかれている「天声人語」の欄ならご存じの方も多いだろうと思う。プロフィールは、1929年東京都生まれ。東京大学法学部卒業。53年朝日新聞社入社。ロンドン、ニューヨーク各特派員、東京本部社会部次長、ヨーロッパ総局長などを経て、73年に論説委員となる。同年2月15日から75年11月11日、入院するまで、朝日新聞1面コラム「天声人語」を執筆した。同年12月17日に急性骨髄性白血病のため死去。

私のはコラムと言えるかどうか怪しいものだが、この深代さんのコラムは本物中の本物である。
それゆえ、私は著書を読んでコラムの手本とさせて貰っている。50年近くも前のコラムだが、色あせることなく、却って旧いからこそわかるものがある。歴史とはそれらの積み重ねの上に出来ているからだろう。再読! 【20201015(木)】


サネカズラ・・・ [ RES ]
クマジィ 2020/10/14(水) 03:17
.jpg / 48.8KB
某大学のコンクリート壁に這わせたつる性のサネカズラに赤い実がついた。まだ熟してないが、じき真っ赤に染まった実が見られる日もそう遠くはないだろう。

常緑のつる性植物で、別名(美男葛)とも呼ばれている。
その理由は、若いつるから粘液をとって、昔は男性の髪付け油(整髪料)に使わていたことに由来する。
果期は秋から晩秋で、花が終わると長い花柄の先に、雌花の伸びた花床が球状にふくらみ、キイチゴを大きくしたようなツヤがある真っ赤な粒々の丸い集合体の果実が、ぶら下がって実る。果実の柄は伸びて7 cmになることもあり、より目につくようになる。
果実は食べても味はしないが、果実酒に利用できるらしいがお目にかかったことはない。
『万葉集』や『百人一首』にも登場し、古くから果実の美しさが人を惹きつけてきた。下記の歌は中学生のときに習って覚えていた。

名にし負はば 逢坂山のさねかづら 人に知られで くるよしもがな ―百人一首より―
【20201014(水)】


カレンダー・・・ [ RES ]
クマジィ 2020/10/13(火) 03:27
.gif / 2.3KB 昨日は8日振りに青空を眺めることが出来た。秋の空は本当に高い。
天気が良かったこともあり、仕事の帰りにこちらも久しぶりに恵比寿アトレ内の有隣堂本屋さんに立ち寄った。

ある作家の文庫本を2冊注文していたのが入荷したためで、本を受け取ってから店内を歩いてみたら、早くも2021年のカレンダーやダイアリーが並べられていた。今年ももう10月、2020年はコロナ禍に心を奪われていたらあっという間に日々は過ぎていた。
最初の会社に10年在籍し、その後、造園設計を専門とするコンサルタント会社に移ったときから40年、仕事のことやトライアスロン&スキーの遠征、そしてトレーニング内容まで細かく日誌をつけていた。
スイム、バイク(ロードバイク)、ランなどの距離や時間、体調、天候、誰と一緒だったかなど結構こまやかにつけていて、いま思い出すとつい昨日のように思えてくるから楽しい。また仕事にしてもプロジェクトの契約金まで書いてあって、バブルの頃と比較すると相当ダウンしていることも良くわかる。

新型ウィルス感染症のワクチンはいつ完成するのか、来年は本当に東京オリンピック・パラリンピックが開催されるのか、こんなことが2021年のダイアリーに記されていくことになるのだろう。残り2ヶ月平穏であることを望みたい。【20201013(火)】



 


+ Powered By 21style +