ホーム   携帯用   検索/過去ログ
Name
Mail URL
Title
File  
Font
Cookie Preview      Key 

ラグビーが面白い・・・ [ RES ]
クマジィ 2019/09/22(日) 04:16
.gif / 2.3KB ラグビーW杯が始まり、連日熱戦が続いている。
ラグビー観戦をそんなに待ち望んでいたわけではなかったが、世界のラグビー熱をマスコミになどに押され、昨日は3試合もTV観戦することになった。

テレビが普及し始めたのは私が小学生高学年のころだったと記憶している。
その頃は村の電気屋さんに初のテレビが入荷し、金曜日午後8時からの「プロレスアワー」になると、近所のオヤジさんたちに交じって電気屋さんの前で必死にプロレス中継を見せて貰ったことを覚えている。
すぐ上の姉が町の洋服屋さんに就職したとき、泊りがけで遊びに行き、朝起きるとテレビを見せて貰うのだが、NHKと教育テレビしか映らず、日曜日午前中の教育テレビではラグビーしか放映されず、ルールもわからないまま、ボーっとラグビー中継を観戦していたことを思い出す。確か中学1年生だった。
あれから何十年、まさかワールドカップが日本で開催されることなど知る由もなかった。ラグビーを観戦していると知らず知らずのうちに体中に力が入るのは私だけだろうか・・・(笑)


あれやこれや・・・ [ RES ]
クマジィ 2019/09/21(土) 04:28
.gif / 2.3KB 昨夜は恵比寿から出張して千ベロ界隈で友人と呑み会をした。
千ベロとは、まさに千円でべろべろになることを意味するもので、いつからこういう呼び名になったかは知らないが、まさにぴったりの言葉ではある。

一般的には赤羽駅界隈を指すのだが、北千住あたりも安くて旨い居酒屋が立ち並び、食事に出かけたことはあるが呑みに出かけたことはない。昨日はラグビーW杯の初戦、日本vsロシア戦があり、呑み会をこの日に決めたのは失敗したと思ったのだが、相方も観戦したかったらしく、「矢口さん、今日はここでお開きにしましょうか」というので、内心シメタ!と「いいね!そうしましょう」と相成り午後8時にお開きとなった。居酒屋がある某駅から恵比寿まで電車で20分、急いで帰宅すると前半戦残り5分ほどで日本が逆転に成功したシーンを観ることが出来た。解説を聞いていると前半戦はロシアのキックにあい、かなりてこずったらしかった。それと自国開催のプレッシャーも重なり選手の動きはガチガチだったしい。
2戦目の相手はアイルランドで、来週28日(土)の試合となっている。頑張れニッポン!!


ラグビーW杯開幕・・・ [ RES ]
クマジィ 2019/09/20(金) 03:49
.gif / 2.3KB いよいよ日本でラグビーW杯が開幕を迎え、日本は午後7時45分、味の素スタジアムでロシアと開幕戦を迎える。日本は世界ランク10位、ロシアは20位と日本が上だが、初戦はどんなスポーツでも緊張するというし、どっちに有利に働くかはやってみなければわからない。

ラグビーは結構好きだがルールはすべてわかっているとは到底言い切れないが、観戦していて何となくわかる。
目標はベスト8らしいが、日本のジョセフHC(ヘッドコーチ)によれば目標達成は十分にあり得ると語っていた。
面白いのはラグビーファンはビールの消費量が半端じゃないらしく、サッカー観戦者の6倍の量を消費するというのだ。
何故こうも消費量が多いのかはわからないが、スポーツバーでの試合観戦中大ジョッキで10杯は呑むというのだから恐ろしい。真夏にスポーツの後で2杯は呑んだことはあるが私にはそれが限界である。
昨日、友人と呑む予定が今日に変更になった。開幕のロシア戦を観戦出来ないのが非常に残念である。


読書日記ー36 [ RES ]
クマジィ 2019/09/19(木) 04:17
.gif / 2.3KB 今朝の東京の気温は19.0℃とついに20.0℃を切った。
昨日はロングTシャツを着て外にでたのだが、今朝のウオーキングもロングTシャツを着ないとちょっとひんやりするかも知れない。

●相場 英雄著:「トップリーグ2」 ハルキ文庫 

【トップリーグとは……。総理大臣や官房長官、与党幹部に食い込んだごく一部の記者を指す。
命を賭した記者、永田町激震の特大スクープ! 「命の保証はないぞ」政界の深い闇に斬り込んだ記者の運命は……。
大和新聞の松岡直樹は、入社15年目にして政治部へ異動になり、官房長官番となった。そしてまたたく間にトップリーグへ。一方、松岡と同期入社だった酒井祐治は、現在大手出版社で週刊誌のエース記者として活躍している。そんな酒井が「都内の埋立地で発見された一億五千万円」の真相を追ううちに、昭和史に残る一大疑獄事件が浮かび上ってきて……。小説でしか描けない官邸の最大のタブー。『震える牛』『不発弾』に続く今年一番の衝撃作。−本の紹介より―】

安倍内閣になってから特に政治手法も政治家も劣化していると感じている。
本書を読んでいると官邸が各省庁幹部の人事権を掌握、与野党問わず政治に対する迫力もなく、もちろんこの国の未来を描ける政治家などいやしないし、メディアも同じで権力を監視する側が官邸のいいなりになっているようで面白くも何もない。文春砲に期待するしかないのが情けない!!
著者とは友人の結婚式で紹介され、初めて読んだのは「震える牛」だった。その後ときどき著者の小説を読むようになったのだが、さすが元記者だけあってストーリーに信ぴょう性があって迫力もある。


いよいよ秋の気配・・・ [ RES ]
クマジィ 2019/09/18(水) 04:01
.gif / 2.3KB 一昨日は雨、そして昨日は夏日、そして本日もどうやら午後から雨、気温も20.0℃を切るようになりそうだ。今週の天気予報を見ると暑くなるような気配は見られず、気候も気温も下り気味で、このまま秋に突入していくのだろう。

本日からはTシャツに代わってロングTシャツが必要になるだろう。
スポーツの秋、食欲の秋、読書の秋といろいろあるが、私にとってどれも重要な事柄ではあるが、今年になってから夕食にお米を食べなくなった。若い時分には少し運動すれば体重を落とせたのだが、この年齢になるとなかなか簡単には落ちてくれないので、寝る前の炭水化物はなるべく摂らないように心がけている。おかげで2kg近く体重が落ちた。このままスキーシーズンを迎えればスキーパンツも楽に履けるようによういなり、滑りにもますます磨きがかかってくるに違いない。と信じているのだが果たしてどうだろう。
近所ではまったく蝉の鳴き声が聴かれなくなった。


読書日記ー35 [ RES ]
クマジィ 2019/09/17(火) 03:55
.gif / 2.3KB 3連休は骨休みの完全休養日、15日(日)は氷川神社の祭礼があり、神輿が近所まで練り歩いてきたが、午後7時近くとあまりにも遅かったので、外に出る気力は完全に消え失せ早々と寝る支度に・・・(笑)

●藤田 宜永著:「亡者たちの切り札」 祥伝社文庫

【友の手はなぜ汚された?闇を追ってマスタングが吠える――走り続けろ!拉致、殺人、不正融資、政界の闇…読み出したら止まらない圧巻の一冊!  バブルで巨額の負債を負った自動車修理工氏家豊は、67年型マスタングで流す夜、何者かに拉致された旧友五十嵐の娘香織を救う。自らも凶禍に遭った氏家に、銀行員の五十嵐は不正融資を強いられたと告げて失踪。マスタングの持ち主で赤坂の料亭女将澄子にも危機が及び、真相を追うや、トラブルはさらに飛び火した! 時代の光と闇を描くハードボイルドの旗手、渾身作!−本の紹介より―】

やっぱり藤田作品は面白い。
先に読んだ「血の弔旗」は800ページ、そして本作品は600ページといずれも長編小説だが、あまりの面白さにぐいぐいと本編に引き込まれ、気が付いたときには読み終わっている。


書斎・・・ [ RES ]
クマジィ 2019/09/16(月) 05:24
.gif / 2.3KB 私が勝手に名付けて利用している書斎が1ヶ月半ぶりに復旧した。
使用出来なくなって1lヶ月半、コーヒーショップ他にも近所にあるのだが、交差点角にある明るいファミマ(イートイン)に限る。

外に向かって大きなガラス窓があり、読書に疲れたとき外を歩く人の流れを見ていたり、居眠りをしたりして気を紛らわせている。毎日が日曜日(城山三郎の著書名)の私だが、早朝トレーニングをしたあと、午前10時前に本を持って書斎に出かける。
スポーツと本があれば毎日が日曜日でもまず飽きることはない。
昨日早朝ウオーキングを終え、午前中はMGCをテレビ観戦、午後は書斎にこもり残り100ページとなった小説を読了した。
本日より小林英雄の本を読むことにする。


フウセンカズラ・・・ [ RES ]
クマジィ 2019/09/15(日) 03:56
.jpg / 48.8KB
フウセンカズラとはムクロジ科の植物の一種で、種を見るとハートの形をしている。先日、住宅団地の植物調査をしていたら、ある住宅の植え込みから伸びているフウセンカズラを見つけた。

花を観賞するためよりむしろ、風船状の果実を観て楽しむために栽培されるようだ。熱帯・亜熱帯のアジア・アフリカが原産で、つる性の植物である。
現役のころ、児童公園の設計をしてるとき、無機質なコンクリート壁にこのフウセンカズラの絵(果実とつる)を彫り刻んだことがあった。どこの公園だったか思い出そうとしているのだが、なかなか出てこない。花言葉は“一緒に飛びたい”


いよいよMGC・・・ [ RES ]
クマジィ 2019/09/14(土) 03:53
.gif / 2.3KB MGC(マラソングランドチャンピオンシップ)が15日(日)に開催される。代表枠は男女とも3人だが、今回の大会で2位までが、東京2020のマラソン代表に決定する。

これまでマラソン日本代表選考は陸連vs選手・国民との間に考えのずれが多すぎ、陸連以外の多くの人が納得したとは言い難い代表選考になっていた。
今回は陸連が指定した大会からMGCに出場出来るように選考レースを勝ち抜いた男女41名(男子31名、女子10名)の中から男女それぞれ2名が決定するというファンにとっては堪らない選考レースとなりそうだ。
当日は雨の予報が出ているが、快晴・蒸し暑さの中での方が来年に向けてはいいのかも知れないが、いずれにしろ白熱した代表争いが注目される。
タイム的には世界の記録に及ばないが、外国選手は日本のこの蒸し暑さに果たして勝てるのか、などを考えると日本選手もメダル争いに食い込めるチャンスがありそうな気がしてならない。



パ・リーグが面白い・・・ [ RES ]
クマジィ 2019/09/13(金) 04:06
.gif / 2.3KB パ・リーグの優勝争いが面白い。
セもパも今シーズンの残り試合が10数ゲームとなり、セ・リーグは5年ぶりに巨人が優勝しそうだが、パ・リーグはソフトバンクと西武が0.5ゲーム差で争っている。

西武ファンの私として今シーズンの優勝は諦めていた。
何故かと言えば、投手の菊池(MLB)、打者の浅村(楽天)の2人の中心選手が去った今年はCS(クライマックスシリーズ)に出場出来れば上出来だと思っていた。ところが今年も打線が上手く機能して打つわ打つわでここまで勝ち残って来て、いつからか“山賊打線”と言われるようになった。
調べたことはないが多分投手陣の防御率は12球団ワースト1かも知れなく、逆に打撃陣は12球団1番かも知れない。それほど見ていて面白いのだ。
まあ、2位は確実だろうから、残り10数試合、面白い野球を存分に見せて欲しい。



 


+ Powered By 21style +