ホーム   携帯用   検索/過去ログ
Name
Mail URL
Title
File  
Font
Cookie Preview      Key 

夏の甲子園(2)・・・ [ RES ]
クマジィ 2017/08/23(水) 03:44
.gif / 2.3KB 第99回夏の高校野球選手権もついに今日決勝を迎えた。

昨日の準決勝、二試合とも最後まで手に汗を握るいい試合だった。

そんな中、こんな記事を見つけた。
【日本高野連は6日、第99回全国高校野球選手権大会の地方大会参加校数を昨年より35校少ない3,839校と発表した。14年連続の減少となり、第84、85回大会に過去最高の4,163校を記録して以降減り続けている。参加校が最も多いのは神奈川の189校で、188校の愛知、176校の大阪、168校の千葉、162校の兵庫と続く。最少は鳥取の25校だった。北海道は南北合わせて昨年より8校減った。連合チームは統廃合によるものが6、部員不足によるものが57だった。】

人口減少が進む中、野球だけでなく、チームスポーツの将来性は不安だが、こればっかりはどうしようもない。


晴れ男・・・ [ RES ]
クマジィ 2017/08/22(火) 04:27
.gif / 2.3KB 都心では21日間連続どこかのエリアで雨が降り続いていたが、今日からはやっと夏らしさが戻ってくる。

仲間からは良く”晴れ男”と言われているのだが、19日(土)〜21日(月)まで、長兄の新盆にあたっていたこともあり、ふる里に帰省した。予報は”曇り〜雨”マークだったのだが、山形新幹線終着駅(新庄駅)に着いたときは青空が覗き、日曜日はなんとなんと快晴、出羽三山の一つである羽黒山に登ることが出来た。
巨木の杉並木のが山頂まで続き、2,446段の階段は汗まみれになって登った。途中から眺める庄内平野の稲も黄色に色づき始め、実に素晴らしい景色だった。

一の坂から三の坂まであるのだが、途中二の坂を上り切ったところに茶店があり、8年ほど前「松尾芭蕉おくのほそ道・山形路250km」を踏査・検証した際、この茶店のおばあちゃんに取材(山形新聞)したことがあるのだが、当時のことをお話しすると「大事に取って(記事)ますよ」と嬉しい返事が返ってきた。今も元気に働いている姿に接することができ実に嬉しかった。

帰省した3日間、”晴れ男”の異名は嘘で無かったことを証明することが出来た。(笑)


夏の甲子園・・・ [ RES ]
クマジィ 2017/08/19(土) 04:27
.gif / 2.3KB 天気が良くないせいもあるが、連日テレビで夏の高校野球を観戦している。

やっぱり高校野球は主審の「ゲームセット」の声が聞くまでどう展開するかわからない。
昨日の明豊(大分)vs神村学園(鹿児島)戦も5−5の同点のまま、9回表神村学園が3点取って8−5として、9回裏も2アウトまでこぎつけ勝負あったかなと思いきや、その直後に4点を取られて8−9xのサヨナラで神村学園は敗れた。
3点取って気が緩んでしまったのか、それとも追う明豊の気力が勝ったのかはわからないが、そういう展開があるから高校野球は面白いのかも知れない。

戦前の予想が当たった試しがないのが勝負事!今日でいよいよベスト8が出揃う。
果たして全国3,839校の頂点に立つのは、どこのチーム(高校)だろうか。
野球は大好きなスポーツの一つだが、プロ野球も含め甲子園球場で野球観戦したの2年前が初めてだった。青空の下、やっぱり天然芝での野球は素晴らしい。


3日振りのウオーキング・・・ [ RES ]
クマジィ 2017/08/18(金) 07:42
.gif / 2.3KB 都心は昨日で17日間も雨が降り続いている。

昨日は日中、久しぶりに青空が覗いたが肝心の朝は雨が降っていて、早朝ウオーキングは諦めざるを得なかった。一日ぐらいは”恵みの雨”かでとちょっとは嬉しい気分になるのだが、連続休みとなるとストレスというより、休んでいいのかなという気になってくるから習慣とは恐ろしいものだ。
今朝は大丈夫なようだ。
こんなに長く雨が降り続くのは40年振りだそうで、むかしの日記をひも解いてみたら、書き出したのはちょうど1年後の1978年からだった。

3日振りにウオーキングに出かける。
目黒川沿いの歩道はじめっとしていていて何となく梅雨のような空気感が体にまとわりつくようでイマイチ気分が悪い。代々木公園内の濃い樹林地に入ると目黒川沿いのような同じ気分になってくる。
目立つ植物はサルスベリぐらいかなと思っていたら、アベリアのジャスミンに似た香りがして来た。
夏も終わりを感じさせる香りで、夏らしい気分も味わうこともなく今年の夏は終わってしまうのだろうか。

帰宅して冷たいシャワーを浴びると、やっといい気分になれた。


寒い夏・・・ [ RES ]
クマジィ 2017/08/17(木) 04:54
.gif / 2.3KB 梅雨のような2017年の夏も半分が過ぎた。

昨年8月のコラムを読んでみたら「暑い夏」だったことが記してある。
今年は8月1日から連続16日間も”雨”が降り続くという、1977年以来40年ぶりの記録になったそうだ。
こうしてコラムを書いているのだが、今朝も外は雨・・・ウオーキングは中止せざるを得ないのだろうか。
いや〜こんな夏になろうとは、7月の暑さを思うとまさかまさかの展開である。

今週末は長兄の新盆にあたり、生きていれば20日(日)が誕生日を迎える予定だった。ちょうど田舎の夏祭りの日で、今年も里帰りする予定だったが、天気予報を見るとずーっと雨マークがついている。
北に位置している関係から、東京より2、3度気温が低い。これじゃ折角の夏休みも家の中で寒さに震えていることになりそうだ。

果たして帰省すべきかどうか、実に悩ましいところではある。


五輪の行く末・・・ [ RES ]
クマジィ 2017/08/16(水) 05:01
.gif / 2.3KB 昨年のちょうど今頃、リオオリンピックで沸いていた。

日本柔道は男子ベーカーマシュー選手、女子田知本選手、そして水泳女子200m平泳ぎで金藤選手の金と日本選手の活躍が目立った。
偶然にも読んでいたのが、内田樹著「街場の五輪論」だった。

「2020年東京オリンピックが決まった。しかし、果たして五輪を東京で開催することが今必要なのか。福島原発の事故処理も思うように進まず、高濃度の汚染水が漏れるなどの事故が続いている。オリンピックよりも津波や原発事故の処理を優先させるべきではないのか。また、2020年オリンピックが東京に決まったのは日本が一番安全だからだと言っている。
オリンピックは99%金儲けで、そのためには総理大臣が「福島原発は完全にコントロールされている」と平気で嘘をつく。そして「オリンピック招致反対」ということを言わなくなった、言えなくなった状況と言うのはかなり危険ではないかと言っている。・・・」ざっとこんな内容だった。

1964年の日本開催は10/10、一番気候が安定している時期で選手への負担も少なく、まさに「アスリートファースト」の大会でもあったのだが、何故この暑い8月に決まったのかというと、アメリカのTV局が儲かるからだと言われている。これじゃ「アスリートファースト」ではなく「ビジネスファースト」の大会であると言えよう。他にもこの時期、ヨーロッパでは長い夏休みがあるからだという説もあるのだが、それにしても・・・

私はオリンピックは中止、(理由は多すぎて2、3行では語り切れない)そして2年に一度開催される世界選手権に統一した方が良いと思っている。


新盆・・・ [ RES ]
クマジィ 2017/08/15(火) 04:45
.gif / 2.3KB 昨日(13日)は迎え盆、そして今日がお盆、明日は送り盆となる。

今年はこれまで会社の同僚2人とNPO仲間2人の家族が相次いで亡くなられた。
ご冥福を祈りたい。
かくいう私もこの3月に長兄を見送った。
来週の20(日)で83歳の誕生日を迎えるハズだったのだが・・・
足の不自由な義姉に代わり、掃除洗濯から買い物、畑仕事までバリバリこなす元気印の兄だったのだが、昨年暮れから急に体調を崩し、わずか3ヶ月の入院の末、天に召された。

私にとっても兄弟にとっても頼れる兄で、7人兄弟のまさに大黒柱的な尊敬できる兄だった。
歳が離れているせいもあり、一緒に何かしたという思い出はないが、存在そのものがあまりにも大きく、眩しいくらいの存在感があった。
私が5歳か6歳のころ、毎年夏になると泳ぎに行く最上川の支流・鮭川に掛かる鉄橋をバックにして撮った写真が唯一、兄弟としての証になる写真だった。
東京で働いていたのだが、両親(すでに他界)の面倒を看るため田舎に戻り、兄弟の長として無くてはならない存在だった。

ここ数年、私が山形で活動してるNPOにも理解を示してくれて、唯一の味方でもあった。
昨年11月に田舎で開催したフォーラムに娘を連れて参加してくれ、最後まで聴講してくれたりして元気な姿を見せてくれていたのだが、人間の命ってはかないものだとつくづく思った。

誕生日となる20日には好きだった酒を持って帰省しようと思う。


帰省・・・ [ RES ]
クマジィ 2017/08/14(月) 04:47
.gif / 2.3KB 夏休みで帰省する人が多く都内の道路が空いている。

最近あまり天気がパットせず、お陰で早朝ウオーキングするには持ってこいの気温が続いている。
暑さが続けば野菜や果物にとっては影響が大きいが、私自身にとってプラスに働いている。どっちにしてもなかなか思うようにいかないところが自然というもので、こればっかりは手の打ちようがない。
折角の夏休み、旅行や帰省をしている人にとっては悩ましいところではある。

こういう混んでいるときに帰省したことは一度もない。
まず、あの混雑には我慢が出来ない。多分に気が短いのだろう。
中学生のころ、東京に居を構える長兄宅に上京したときは、新幹線など走っておらず、またお金も無かったから急行列車に揺られで来たことは何度かあった。8時間も掛かったが立っているのは平気だった。
今は空いている席があれば哀しい性ですぐに飛びつく・・・歳はとりたくないものだ。

夕べ降っていた雨も上がり今朝も涼しそうだ。
代々木公園のサルスベリ見学がてらウオーキングに出かけるとするか!!


読書日記―34 [ RES ]
クマジィ 2017/08/13(日) 08:53
.gif / 2.3KB 夏休みに入り帰省する人で高速道路も新幹線も混んでいるが、恵比寿ガーデンプレイスも同じように混んでいる。いつも第一書斎は避けて第二書斎で読書に耽った。

●島崎 藤村著:「夜明け前」(第一部・上) 新潮文庫

【木曽路はすべて山の中である−黒船来航から長州征伐,王政復古へと続く幕末の激動は,山深い木曽路の宿場にも確実に波及してゆく.馬籠宿の本陣・庄屋・問屋を兼ねる第17代の当主青山半蔵は,平田派の国学を信奉し,政治運動への参加を願うが,木曽11宿の総代として街道の仕事は多忙を極め,思いは果たせない.改版.(解説=猪野謙二)―本の紹介より―】

どうでもいい話だが、冒頭の書き出し「木曽路はすべて山の中である」は、川端康成の雪国「トンネルを抜けるとそこは雪国だった」とよく似ている。
第一部は黒船来航から大政奉還まで、舞台は木曽街道。
江戸に降嫁する皇女和宮、転戦する水戸天狗等・・・その姿はまさに激動の時代そのものだった。馬籠宿問屋の青山半蔵は、国学を志す若い庄屋。
目の前を行き来する人々と風雲急を告げる時代の鼓動に、彼は庄屋としての義務も捨て、国事に奔走したいという衝動にかられるのだが・・・

第14代将軍徳川家茂の上洛警護のためと称し、幕末の志士清河八郎率いる「浪士組」(240名)のことにも触れていて、ここでは「新撰組」(多分浪士組の間違い?新撰組は意見を異にした近藤勇等とたもとを別ったのち、京都守護職松平容保に仕えてから貰った名前であることから・・・)として木曽路を通過している。
平田篤胤のいう当代きっての国学者の門人となった青山半蔵の目を通して、幕末から明治はどう映り、どう変わっていくのか、そして半蔵が抱える問題とは・・・これからが楽しみである。


あれやこれや・・・ [ RES ]
クマジィ 2017/08/12(土) 04:41
.gif / 2.3KB 目覚ましではなく、雨音で目が覚めた。

都心では珍しく早朝(深夜?)から本格的な雨が降っている。
7月は好天が続いたが、8月に入ってなかなか天気が安定しないのも珍しい。
昨日からお盆休みに入った人も多く、帰省する人で高速道路や新幹線は人(車)・人(車)・人(車)で溢れ返っていた。自分の人生を振り返ってみると、正月休みも盆休みも混雑するときに帰省したことは一度もなかったように思う。やっぱり天邪鬼なんだ・・・(笑)

4:10、雨脚がさっきよりも強くなって来たようだ。
雨雲の動きを見ると10時頃までに止むらしいが、それまではこの強い雨脚は続くらしい。
ここ3年、クマジィ流千日回峰行をやるようになってから、起床は4時と決めているので、睡眠時間から逆残すると、就寝時間は午後8時から9時の間と決まって来る。
4時に起床して筋トレ20分、コラムを書きながら一日の予定を立てる。決まった用事がない限りウオーキングをしたあとシャワーを浴び朝食、ニュースを観ながらしばし休憩、その後本を持って書斎に出かけ居眠りを交えた読書を楽しむ。これが午前中のルーティンで午後はNPOの戦略を考え、メモしておく。

今年の夏は結構忙しく、ヒガンバナの植栽作業から始まり、10月にに予定している「俳句選手権」、11月に予定している「フォーラム」のスケジュール(案)作成やら、昨年度の「やまがた社会貢献基金」の成果報告書作成、「やまがた公益大賞」の申請書作成などに追われている。
「公益大賞」は、まちネットとして2008年受賞した。今回は前回の反省を込めて、最上川・陸羽西線活性化委員会(地元団体)として応募する。果たして結果やいかに・・・



 


+ Powered By 21style +