| ホーム | RSS | 携帯用 | 過去ログ/検索 |

技術の杜 ハヤブサネット 面白半分 

 この板のタイトルは、明治のジャーナリスト宮武外骨という人が、昭和4年(1929年)6月〜11月に発行した雑誌から拝借したものです。 宮武は「面白半分」という雑誌名に、在野にいて当事者ではない者にしか見えない真実を、ちょっと斜に構えたスタイルを通じて、実は大真面目な真実を書いていました。 つまり宮武は、大真面目だけだとカチンカチンの石頭になりがちな論評に、チャカシを入れることによって世の中が面白可笑しく見えてくる事を知っていました。 つまり、『複眼思考』の持ち主だったということです。その精神に倣いたいと考えた結果が、この掲示板を「技術の杜ハヤブサネット面白半分」と名付けた理由です。さて、講釈もこれぐらいにしないと面白くもおかしくもないので解説の幕引きとします。

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆
以下のリンク先は管理者が勝手に張り付けたものです。今管理者がどこに興味を持っているか、また、何処に好奇心を燃やしているかが、ある程度はわかります。
 
 
例えば「信州読書会のブログ実に的確な批評をする人で、思想的な偏りがない。哲学者なのか?混迷の現代にあって方法性を指し示す論評は哲学者と呼ぶにふさわしい。!!

「信州読書会のブログYouTubeで見ることができる信州読書会です。 !!
例えば「朗読者」という元ナチ女性看守と15歳の少年の人生の軌跡を描いた小説だけれどこれを驚くほど深読みしてハンナの絶望を通じて現代人の絶望をも考えさせてくれます。


技術者たちの言いたい放題:  管理者=佐口→APEC→魔法使い
ハヤブサネットの産みの親である佐口さんが運営していた掲示板の書き込みをそのまま保存してある。「旗を高く掲げる 」と言う意味で多様な意見が語られています。私が管理している間は削除されることはない。

うずまき舎・・山の上の本屋さん
高知県香美市の山の上に開業した本屋さんです。ここを訪問すると新しい世代の息吹を感じます。

高知県文化広報誌「とさぶし」
 高知の食、自然、技、高知の人を通して伝えます。次の号も読みたいけど、ちゃんと手に入るのか心配……。
大丈夫です。とさぶしは、スマホやタブレットでも読めるようにアプリを用意しました。発行:高知県文化・国際課年4回発行(2013年1月創刊)


落ちこぼれ技術士「平ねぎ」の崖っぷち日記
地球温暖化はco2とは無関係で宇宙から地球に降り注ぐ放射線が主な原因であるという考えの持ち主です。STAP細胞問題でも一家言を持っています。

山茶小屋
仁淀川町の移住交流拠点施設です。大学のフィールドワークだけでなく私個人の移住やら移住者同士の交流やら、地元と移住者の交流やら八面六臂の大活躍です。
 年寄りの戯言
杜ハヤ産みの親である佐口さんのブログです。

 木工家 井崎正治の塩津村だより

造形の刺激を受けにタマにのぞきますが、いつも思わず触りたくなるような、木彫でいっぱいです。

 雑誌談編集長のブログ
雑誌は哲学的で難しいけれどブログはわかりやすいので時折読みに行きます。

 内原野陶芸館ホームページ
高知県の陶芸教室では中心的存在です。受講者の思いに沿った指導をしてくれます。私自身開設当初から参加し、高知県展では入選・入賞できるようになりました。

 彫刻家 緒方良信ホームページ
大学時代に知り合った古い友人ですが、イタリアと和歌山県のアトリエでセッセと制作に励んでいます。

自然の摂理から環境を考える
「人類は木から落ちた落伍者である」「宇宙放射線地球寒冷化説」とか、目からうろこのブログです。

ガチンコ技術士学園
ここで掲示板管理者は技術士添削の都市計画講師を務めています。面白半分よろしくそれこそ複眼で添削を行っています。
国土交通白書丸写しの論文は容赦なく添削します。自分の頭で考える技術士になれ!!という添削スタイルが売り物です。

インターネットで将棋をしましょう


写真付き: 必見!魔法使いの陶芸教室 第1回記事アップしました!!
この部屋は私の陶芸関連記事に特化します。自分でいうのもなんですが、最近は日常雑器に凝り始め、ごはん茶碗や小さめの軽いどんぶりなんかを作って、高知市池公園のオーガニックマーケットで販売したところ、これが結構売れますので、陶芸の経費の足しになっています。公募展には年1回出品しますので、これも併せて記事にします。今回の記事は「本阿弥光悦の楽茶碗」についてです。!!!

お茶の話です
本当の幸福

SUKIYAKI塾掲示板の「魔法使い」なるハンドルネームは、私とは全く別人物です。成りすましは実害のあるなしに関わらずルール違反です。基本的にSUKIYAKI塾の掲示板へ、私が書き込むことなどありえません。嗤・嗤・嗤・嗤・嗤 
今年は高知のマホ(○×の魔法使い)を用いて記事を作成します。!!
◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆
『 魔法使いの複眼技術士養成添削(都市及び地方計画)』  を予定しています。私の添削を受けたい希望者は、ガチンコ学園の都市計画部門で、私を名指しして申し込んでくださいね。


===========================================================
【過去ログ】
01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15

===========================================================
掲示板ご利用の皆様へ !!!

この掲示板はブレーンストーミングの場としたいというのが、管理者としての願いです。
時には批判記事がのったとしても、いずれそれがブレーンストーミングへと昇華していくのが理想です。
 欠点多き管理者ではありますが、そう願っていることは確かであり、その意を汲んでいただき、ご協力をお願いします。
 
以下に該当する内容の書き込みはご遠慮下さい。もし書き込みがあった場合は、当方にて予告無く削除する場合がありますので予めご了承下さい。
・個人情報に係る内容   
・他人の誹謗中傷もしくは不利益を与える内容
・管理者に無断の広告、販売を伴う活動
・他人を装った内容
・事実無根の内容
・公序良俗に反する内容
・犯罪行為に結びつく内容
・著作権に触れる内容
・その他、社会通念上不適切と思われる内容
名前  
Mail   URL
背景色
文字色
タイトル  
添付  >>お絵描き
フォームに保存  プレビュー       削除キー 



 美人局  [返信] [引用]
 美人局が
 まっったく、この数日のマスコミの報道を耳にしていると朝日新聞主催の美人局としか思えない報道を得々として報じているような気がしてならない。誠に下品極まりない。
 なにかね、色っぽい(多分)女性新聞記者が次官を取材から特種を得るために会食したそうですな。
 なにも会食などしなくてもいいではないか。記者クラブで取材していたらよろしい。「身の危険を感じたから録音しました」だと??、馬鹿言っちゃいけない。会食の場でどんな身の危険があると言うのだ。
 朝日新聞は色っぽい姉ちゃんを送り込んで、暗記力は大したものであるが精神的に幼い次官の男の性を刺激してスキャンダルに仕立て上げ政権を混乱させているだけではないのか。
 どちらが誘ったか知らないが。食事の後に雰囲気満点の酒の席、そこでトッチャン坊やの次官が助平心を丸出しにした。それを録音してセクハラなどと糾弾するのはルール違反だと思う。なにも痴漢した訳ではないのだ。
 酒の席に一人の男と一人の女がいて、男が誘わなかったら失礼になる。
 もし、誘われたくなかったら酒席など共にすべきではないのだ。
 ジャーナリストとしてもっとやるべきことがあるのではないか。北朝鮮を取り巻く情勢の変化、少子高齢化に備える社会構造のあり方、頻発する自然災害への対応など等、社会を啓発する役目を忘れているのではないか。
 マスコミ各社が躍起になっているセクハラ問題など、まったく下劣である。
 むしろ、ジャーナリストと自認する君らの品性を問題にしなければならない。

 この掲示板に相応しくありませんでしたら削除してください。

 
愚鈍  ++.. 2018/04/20(金) 09:26 [15073]

 
 それにしても、あのナントカ次官のおっさん、あまりに幼なずきないであろうか。五十幾つかになって、あの口説き文句はないだろう。まるで出来の悪い中学生並みではないか。
 上から目線で口説いて女性がその気になると思っているのであろうか。口説くなら、ひたすら下手にでて、こんなに思ってくれてるのならと憐憫の気持ちを起こさせなければ成功しない。
 一流大学を卒業しているのであろうが、人間性が未熟以前だと感じた。そのような幼いトッチャン坊やでも次官が勤まるのかと肌寒くなってきた。
 日本人は劣化しているのであろうか。

愚鈍  ++.. 2018/04/20(金) 14:23 [15074] [引用]





 社会契約論  [返信] [引用]
ルソーは社会契約論の中で戦争というものの意味するところを看破している。

戦争が起こるのは物と物の関係からであって、人と人との関係からではない。

戦争状態は、単純な個人と個人との関係からは起こりえず、物と物の関係のみから起こりうるのだから、

個人的な戦争、すなわち人対人の戦争というものは、
固定した所有権のない自然状態においてもありえないし、
すべてが法の権威の下にある社会状態においてもありえない。

だから、戦争は人と人の関係ではなくて、国家と国家の関係なのであり、そこにおいて個人は人間としてではなく、市民としてでさえなくただ兵士として偶然にも敵となるのだ。

 
魔法使い  ++.. 2018/04/20(金) 03:16 [15070]

 
クリックで拡大表示 ( .jpg / 94.3KB )

中江兆民はルソーの社会契約論は間違いなく読んでいるはずだけれど、国家というものの性格をここ迄認識していたかどうか?
ルソーの戦争に対する認識は近代戦争は国家間の戦争であると見抜いていたのですね。
個人と個人は近代戦においては「偶然敵になる」というのは。レマルクの西部戦線異状なしでしっかり描きつくされています。殺した敵の懐から笑顔で映っている家族写真が出てくるんだったかな。

高知のマホ(複眼の魔法使い)  ++.. 2018/04/20(金) 03:30 [15071] [引用]

 
日本では『きけ、わだつみのこえ』の影響なのか、愛する者のために戦争に行くという図式が、まことしやかに信じられてしまいます。
全共闘は高倉健の映画が大好きだっとと言われています。当時「背中のイチョウが泣いている、男東大どこへ行く」というキャッチコピーがありました。
このキャッチと愛する者のために戦争に行くというキャッチは日本人の心の中で=で結ばれちゃっているのですね。
愛する者のために全共闘は機動隊員に石を投げ、隊員は愛する人のために全共闘の若者に警棒をお見舞いするという図式ですが、そんな矛盾に深く切り込んだ作家はいたのだろうか??

高知のマホ(複眼の魔法使い)  ++.. 2018/04/20(金) 03:47 [15072] [引用]





 近くて遠い国「韓国の高齢化」問題  [返信] [引用]
近くて遠い国韓国は日本よりも急激な高齢化に見舞われると予想されています。
韓国は儒教の国と言われているので親を敬う気持ちが日本人よりは高いと言われていますが、背に腹は代えられないということがあります。
韓国の高齢者におりん婆さんのような思想を持った人達がいるかどうか知りませんが、高齢者は川に落ちた犬だという風潮はないのでしょうか?ヘイトスピーチと言われるのを恐れず、また、近くて遠い国韓国なので、お隣の国のことと思わずに書いてみました。

 
魔法使い  ++.. 2018/04/17(火) 05:34 [15066]

 
http://www.ipss.go.jp/syoushika/bunken/data/pdf/sh20264013.pdf
年金受給額の平均(月額)をみると,
2015年の場合,「国民年金」が約31万ウォン(約
2.9万円)である。一方,「公務員年金」は約234万
ウォン(約21.6万円),「軍人年金」は約273万ウォ
ン(約25.2万円),「私立学校教職員年金」は約260
万ウォン(約24.0万円)である。これらの水準は,
韓国の平均賃金(約283万ウォン(約26.1万円))
に近く,「国民年金」の受給額を大きく上回ってい
る。
高知のマホ(複眼の魔法使い)  ++.. 2018/04/17(火) 05:43 [15067] [引用]

 
公務員・軍人・先生と一般国民との年金格差は7〜8倍もの開きがあるようですね。日本の国民年金の平均から見れば4倍程度のようなので多少はましですが、何せ日本は核家族を通り過ぎておひとり様単身高齢社会に突入していくと思われます。
日本の人口統計で唯一増加しているのは「世帯数」です。韓国はどうながやろうねえ。?北朝鮮との統一が実現したら、ぐっと若返るんだろうか??

高知のマホ(複眼の魔法使い)  ++.. 2018/04/17(火) 05:50 [15068] [引用]

 
朝鮮半島の統一はやらない方が良い。
原点に戻り、新羅、高句麗、百済に分かれ、それぞれ協力しながら発展を考えた方が良い。
別々の集団として、切磋琢磨すれば良い方向に進む場合もある。

きしめん  ++.. 2018/04/17(火) 23:44 [15069] [引用]





 坂本龍馬考  [返信] [引用]
2017/11月 
高校の教科書から、
「坂本龍馬」のほか「吉田松陰」「高杉晋作」が外れた。
一方、「従軍慰安婦」や「南京大虐殺」がはいった。
(最近(2月位か)のネット情報では、上記はご破算みたいだが、詳細は不明)

グラバーは死の商人、それと手を組んだ龍馬は極悪人。
その他、謎起き人物、だから悪人、なんて。
上記は、龍馬に関しての新しい発見として、何年かに一度、物知りがドヤ顔で発表する。
そして、都市伝説を信じこんでしまう、極々少数の純情な人がいる。
しかし、当時は、武器は普通の交易品、現代の常識でどうのこうのと云うのは、いかにも正義の朝日新聞系統みたいだ。
龍馬に関しては、ネットで検索した方がはやい、その情報で色々考えるのが暇つぶし。
グラバー氏についても同じく。
龍馬は国民的人気もの。
たぶん、この国民を市民と変えればうまくいくだろう。

 
きしめん  ++.. 2018/04/13(金) 23:33 [15054]

 
現代の価値基準で過去を評価する人はたくさんいます。その点、外国の法学者はきちんとした立場を守ります。東京裁判の裁判官だったインドの裁判官などはその好例ではないでしょうか?
ドイツでは1960年代に戦争を知らない戦後世代が戦中派を激しく糾弾した歴史があるようです。
朗読者の登場人物である法学者もハンナの罪を現代の立場でさばいてはいけないと繰り返しミヒャエルの説いています。
この問題に対し作者は小説家としての立場を守り、いかなる判定も下していません。
「人道の罪」なんていう判断基準を持ち出すから、じゃあ原爆を落としたアメリカ合衆国はどうなのよ!トルーマンはどうなのよ!アイヒマンとどこが違うのよ!ということに当然なるわなあ。
龍馬のすごいところは当時同じ時代を生きていた人たちですら悪口を言わないことですね。悪口を言うやつは「龍馬に関しての新しい発見として、何年かに一度、物知りがドヤ顔で発表する。」ということです。
朝日新聞も『臭いものには蓋』をすれば『人のうわさも75日』で、日本人はすぐに水の流すということを、身をもって証明しているということでしょう。
ヒトラーの経済政策という本を読むとなぜヒトラーがドイツ国民に支持されたかがよくわかります。



高知のマホ(複眼の魔法使い)  ++.. 2018/04/14(土) 23:13 [15055] [引用]

 
アイヒマンは検察に反論しました。
「自発的に行なったことは何もない!」
「善悪を問わず、そこに自分の意思は全く介在しない!」
「ただ命令に従っただけなんだ。」

高知のマホ(複眼の魔法使い)  ++.. 2018/04/14(土) 23:17 [15056] [引用]

 
ハンナ・アーレントは続けて書いています。

高知のマホ(複眼の魔法使い)  ++.. 2018/04/14(土) 23:18 [15057] [引用]

 
世界最大の悪は、ごく平凡な人間が行なう「悪」なのです。そんな人に動機はなく、信念も邪心も意図もない。人間であることを拒絶した者なのです。私はこの現象に「悪の凡庸さ」と名づけました。
人間であることを拒否したアイヒマンは、人間の大切な質を放棄しました。思考する能力です。結果、モラルまで判断不能になりました。思考できなくなると、平凡な人間が残虐行為に走るのです。過去に例がないほど、大規模な悪事をね。
私はこの問題を哲学的に考えました。「思考の嵐」がもたらすのは、知識ではありません。それは善悪を区別する能力であり、美醜を見分ける力です。私が望むのは、考えることで人間が強くなることです、危機的状況であっても、考えぬくことで、破滅に至らぬよう・・・。

高知のマホ(複眼の魔法使い)  ++.. 2018/04/14(土) 23:19 [15058] [引用]

 
この考えに反論する学者もいます。
『英セント・アンドリューズ大学(University of St Andrews)のスティーブン・ライヒャー(Stephen Reicher)教授は今回の研究は、一般的な人物が異常なほどの実害を及ぼす行動を起こす可能性を指摘し、しかしそのときに主要因となっているのは思慮の欠如ではないことを示していると述べた。そして教授は「人々は自分たちが何をしているのか自覚していて、しかも、それを正しいことだと思ってやっているのだというのが、我々の主張だ。この根源にあるのは大義との一体化であり、権力がその大義を正当に代表していると容認するところから来ている」と語った。(c)AFP/Richard INGHAM」
http://www.afpbb.com/articles/-/3025454
高知のマホ(複眼の魔法使い)  ++.. 2018/04/14(土) 23:37 [15060] [引用]

 
「大義との一体化」は当時の日本人の大半が経験しています。日中戦争は当時の国民にとって「正義の戦争」だったのです。ですから、この正義の戦争に反対する人達は「非国民」ということになり、彼らを差別し虐待する行為は正義の行為になる。
その大儀が8月15日にあっという間にうさん霧消してしまった。国民は茫然自失でしょう。「大儀が消滅し自分だけが残った」
そう考えるのが嫌な人は自裁したんでしょうね。大義に殉じるというやつです。殉じるとは不思議な言葉で本心は別にして殉じるのですね。乃木希典は明治という国家に殉じたといったのは夏目漱石だったかな?
さて、大儀とは何でしょうか?

高知のマホ(複眼の魔法使い)  ++.. 2018/04/14(土) 23:49 [15061] [引用]

 
大儀は自分の外にあるものです。これに対してモラルは自分の内にある。そして大義を口にする者はモラルを口外しないものです。
モラルというのは「善悪を判断する基準」ですが、国家という大儀の前には個人のモラルは無力です。口にするのも憚られるから、当時の日本人は「大義に従った」ということになります。

高知のマホ(複眼の魔法使い)  ++.. 2018/04/14(土) 23:57 [15062] [引用]

 
「大儀が消滅し自分だけが残った」のは当時の軍国少年である大島渚や野坂昭如や色川武大といった戦中闇市派や無頼派と言われる人たちです。太宰治もそれに近いけれど彼は気が弱かったのでデカダンスを装ったのかな。太宰なんかは大義があるうちはそれを横目に見ながら笑って生きていればよかった。その大儀がどこかへ行っちゃった・・・・。

さて、今の日本はどうでしょうか?
またぞろ大儀がほしくなってきたのでしょうか?

高知のマホ(複眼の魔法使い)  ++.. 2018/04/15(日) 00:07 [15063] [引用]

 
「龍馬のすごいところは当時同じ時代を生きていた人たちですら悪口を言わないことですね。」

そのとおりと思います。
まさしく、歴史上の人物で、名を残している人は、まあ陽の方の人だと思います。
当たり前に、悪口もあるでしょうが、不思議なことに陽の人の悪口は問題にされません。
龍馬の、公金による芸者遊びなんて有名ですが、その方面の正義の方々は、必死にその問題点を指摘するもなんか問題にされません。
それ以上に大きなことで動き回ったと思われます。
私は、龍馬のファンです。
小さい頃、鞍馬天狗を見た人は例外なくファンでしょう。

きしめん  ++.. 2018/04/15(日) 19:39 [15064] [引用]

 
書き忘れた。
龍馬は、その面構えが違う。
覚悟が面に表れている。

きしめん  ++.. 2018/04/15(日) 22:22 [15065] [引用]





 朗読者+サラの鍵(=ハンナの絶望とサラの絶望)  [返信] [引用]
まずは朗読者からあらすじです。
15歳の少年ミヒャエルは学校帰りの市電の中で気持ちが悪くなり、途中下車した駅のすぐそばにある中層の集合アパートの入り口通路で吐いてしまった。そこに通りかかった36歳の電車の車掌ハンナに助けられ送られて家路についた。すぐにミヒャエルは高熱を発し麻疹と診断され数か月の自宅療養を余儀なくされた。
 回復したミヒャエルは母親の同意を得てハンナの住むアパートに出かけるが、てきぱきと指示するハンナに圧倒され、その後ハンナと結ばれてしまう。
 ハンナは一風変わった習慣を持っていてベッドでミヒャエルにヨーロッパの文学作品を朗読させることを楽しんでいた。
ハンナとミヒャエルの秘密の逢瀬はしかし、ある日突然ハンナが失踪することで終止符を打つことになる。ミヒャエルはハンナが失踪した原因がさっぱりわからないが、ハンナは電車の車掌から運転手への昇格訓練を受けさせようとする上司の進言直後に失踪したのだった。続く

 
魔法使い  ++.. 2018/03/29(木) 10:13 [15028]

 
Download: .docx / 57.6KB

ハンナの絶望を哲学的にとらえた図表です。
高知のマホ  ++.. 2018/03/29(木) 11:28 [15029] [引用]

 
その後ミヒャエルが大学の法学部に進学後ナチスの裁判が講座のテーマに選ばれそこでくしくも被告人ハンナと傍聴者ミヒャエルは再開する。
ハンナは第二次世界大戦中ナチスの看守に応募したが、それ以前製造業大手のシ−メンスに勤務していたが、文盲がばれそうになってそこをやめナチスの看に採用されたという過去を持っている。
ハンナは文盲を恥じている。なぜ恥じるかというと自尊心が強いからである。
@自尊心が強いので文盲であることを隠している
A秘密裏に少年の朗読を楽しむ
B裁判になったとき文盲がばれ罪を逃れるのを潔しとしない。
Cナチスの鉄の規律を守ったことにプライドさへ感じている。

高知のマホ  ++.. 2018/03/29(木) 11:40 [15030] [引用]

 
ハンナの絶望は文盲であること、そこからどうあがいても抜け出るすべが見つからないことである。
そして、ハンナはそんな自分から逃げ出そうとしてどうしても逃げることができないという矛盾を抱えた「逃亡者」である。

高知のマホ  ++.. 2018/03/29(木) 11:49 [15031] [引用]

 
ハンナの絶望は文盲であること、・・・・・。
これがこのスレのテーマとして考えます。

@まずは疑問。
・文盲で車掌が務まらないと思います。
・運転手と車掌は同格であって、運転手に昇格という考えはおかしい。
 職の種類が違うだけ。

Aそこからどうあがいても抜け出るすべが見つからないことである・・・。
・なぜに、こんな甘い考えで36歳まで生きてきたのか、最大の疑問。
・本が読みたいーー>その欲求があれば、字を学べばいい、その余裕はたっぷりあったと思われる。
・その甘い考えで、なんの罪かしれないが、裁判。よくわからない。

※私の家系は、貧乏が3代続いた生え抜きの貧乏人です。
私の両親は、米を買うため、家賃を支払うため懸命に働いた。
そのためには、慣れないこと、すなわち未経験な事も<<懸命に学習した>>。

私の通った小学校では、給食費も払えない子もクラスに55人中2名くらいいた。(貧乏の極致)
職業も、臨時工、日よ方の部類。つまり土方以下。

車掌という安定した職業で何を、贅沢を言っているのか。
君は、二宮金次郎をしらないのか。
私は、家に頼れる身分ではないので、どんな状態でも自転車をこいでいた。

きしめん  ++.. 2018/03/29(木) 23:12 [15032] [引用]

 

5mmのひと

この人も、国民年金を払っているのだろうか、健康保険はどうしているのか。
歳をとったらどうして生活するのだろうか。

きしめん  ++.. 2018/03/29(木) 23:22 [15033] [引用]

 
@について
文盲は識字率の高い日本では考えられないことですが、世界的に見ると千差万別です。
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E8%AD%98%E5%AD%97%E7%8E%87%E3%81%AB%E3%82%88%E3%82%8B%E5%9B%BD%E9%A0%86%E3%83%AA%E3%82%B9%E3%83%88
ちなみに主人公ハンナの出身地はルーマニアらしいのですが、人口1000万人ぐらいで、ルーマニア語はおそらく話せるでしょうが、ハンナの出自はよくわからないというか、まったく記述がないのでわかりません。ドイツ語を話すことはできても読み書きできないという設定です。
 文盲は朗読者という小説の伏線(副題)ではありますが、主題の一つは、ナチスが綱領としていた「規律」がハンナに与えた影響です。
車掌が務まらないというのは正にその通りでしょうが、フィクションだということで、実際文盲ではほとんどの職業はこなすのが難しいと思いますよ。

ハンナの罪については私が怠けてあらすじをまだ書き終わっていないのでいけませんでした。
 ハンナの罪はナチスの強制収容所の看守を務めていた折、戦争終結間近になって強制収容所を引き払う際、ユダヤ人を連行して逃げるのですが、逃げる途中、夜中にユダヤ人たちを押し込めた教会が爆撃され、外から鍵をかけっぱなしにしていたため2人を除いてユダヤ人を焼死させた罪に問われたということです。
その行為に対し女性看守達はナチス本部にうその報告書を書いたのですが、その責任者がハンナだったと罪を擦り付けられるのです。
 ハンナは文盲であることがばれるのを嫌ってその罪をひっかぶってしまうのですが、結構分厚い本でして、新潮文庫に「朗読者」というタイトルで出ています。
https://www.amazon.co.jp/%E6%9C%97%E8%AA%AD%E8%80%85-%E6%96%B0%E6%BD%AE%E6%96%87%E5%BA%AB-%E3%83%99%E3%83%AB%E3%83%B3%E3%83%8F%E3%83%AB%E3%83%88-%E3%82%B7%E3%83%A5%E3%83%AA%E3%83%B3%E3%82%AF/dp/4102007113
映画では「愛を読む人」というタイトルでDVDがあります。
ちなみに私は両方を鑑賞しましたが、映画は2時間ぐらいなのでとりあえず見てください。

高知のマホ(複眼の魔法使い)  ++.. 2018/03/30(金) 00:44 [15034] [引用]

 
朗読者は、ハンナというホロコーストに加担した過去からの逃亡者と、戦後世代のミヒャエルという傍観者の物語です。
 1人はナチの看守という過去と向き合わずに自分自身から逃亡し続けた女性であり、15歳の時にこの女性と関係を持ち、ハンナを救済するということをあきらめハンナを傍観するだけで、現在を生きるということに目を背けているミヒャエルという男性の物語です。

読んでいても映画を見ていてもなんでミヒャエルはハンナをダイレクトに救ってあげないのか、つまり、ハンナは文盲なので、裁判で追及されたような報告書を捏造などできないと言えば、ハンナの罪はせいぜい懲役数年もしかすると無罪で済んだのです。
 その後もミヒャエルは刑務所に収監されたハンナに文学作品の朗読テープを送るだけで、文盲を克服したハンナが手紙がほしいと訴えてもそうしません。
神の道(=絶対的な他者である信仰の道)を示さなくともいいいのですが、「信仰がなくとも心を開き寄り添って共に生きる」というだけでよかったのです。
しかし、ハンナは逃亡者の道をミヒャエルは傍観者の道を飛び出すことがなかったというのが二人の不幸ですね。

で、ハンナは無期懲役を減刑されて出所する前日、独房内で自裁してしまいます。自裁はホロコーストに加担した罪の償いなのか、ミヒャエルの愛を得ることができない孤独に耐えられないで出所後、相変わらず傍観を続けるミヒャエルと生きるのに耐えられなかったのかは書かれていません。
 多分ハンナは後者なんですね。もし前者であれば出所後、それこそ識字率を向上させる活動に自ら1人で飛び込むこともできたのです。

高知のマホ(複眼の魔法使い)  ++.. 2018/03/30(金) 01:11 [15035] [引用]

 
何故飛び出すことができなかったのかというと、お互いに愛し方を知らないというか、「たとえお互い理解できない部分があったとしても、それでも共に寄り添って生きることだ」ということが分からない人達だったということでしょうか。
高知のマホ(複眼の魔法使い)  ++.. 2018/03/30(金) 01:19 [15036] [引用]

 
もう一言付け加えると、たとえミヒャエルが寄り添わなくともヨーロッパ流にいえば「神の子であるイエス」が寄り添ってくれたはずで、こうなると、遠藤周作の「沈黙」の主題と重なると思います。
ハンナには夜ごと日ごとイエスは寄り添ってくれるけれどハンナの叫びには答えないというか、神の沈黙がその答えなのですね。

高知のマホ(複眼の魔法使い)  ++.. 2018/03/30(金) 01:47 [15037] [引用]

 
しかし、神の子イエスはいつまでもハンナに付き添い一緒に歩いてくれるのだと想像する。
ヨーロッパはキリスト教発祥の地なのだから、ハンナにイエスが同伴しても不思議ではないのに、朗読者には全くその気配がない。シュリンクの小説には全くと言っていいほどキリスト教が出てこない。彼は無神論者なのだろう。

高知のマホ(複眼の魔法使い)  ++.. 2018/03/30(金) 02:39 [15041] [引用]

 
 その本は読んでいませんが、魔法使いさんの解説から判断すると、ハンナさんはキリスト教徒ではなかったのかも知れませんね。
 なぜなら、キリスト教では自裁を厳禁していますから。ごく大雑把に言えばキリスト教は現世に対して正攻法の態度をとっているように思います。故に、社会改革の推進力にもなった反面で多くの宗教戦争を引き起こしてきたようです。その点ではキリスト教徒も同じで理不尽な扱いには敢然と立ち向かうようです。
 ところがハンナさんは理不尽な運命を内面の葛藤はともかくとして従容として受け入れているように思います。
 ハンナさんの態度は、むしろ仏教徒に多く見られる運命に対する態度であるように思います。
 仏教徒は現世に対して消極的な態度をとっています。
 ハンナさんは、ひとたび刑を受け現世からはじき出された。文盲を克服したことで再び生き甲斐を見出した。
 虚無と絶望の中で自己に対面した経験があるハンナさんは、自己の存在が許され受け入れられたことの喜びを感じたであろうと思います。
 かって経験した虚無の闇を背景に、その喜びは何人も感じられないような大きな輝きであったろうと推察します。
 では、なぜ自裁してしまったのだろうか。作者の意図が分かりません。
 それは・・・・小生が愚鈍であるからでしょうね。

愚鈍  ++.. 2018/03/30(金) 15:42 [15042] [引用]

 
私もその本は読んでいませんでした。

記事の内容追加、ありがとう!
私は、下らん疑問を持つ人間なので許して下さい。

しかし、世界の識字率、日本が23位とは驚いた。
韓国、北朝鮮と同率、これも意外。
北朝鮮の、教育体制は日本と同等だろうか。
最低クラスの国でも26%。70年前なら、先進国並みと思う。
このランクはなんだかおかしい。

きしめん  ++.. 2018/03/30(金) 21:43 [15043] [引用]

 
ハンナと言ってもこちらはハンナ・アーレントという20世紀の哲学者がいることを初めて知りました。ハンナ・アーレントはアイヒマンの裁判を通じて彼を「思考する能力を放棄した凡庸な人間」と見抜きました。
抜粋です。

アイヒマンは検察に反論しました。
「自発的に行なったことは何もない!」
「善悪を問わず、そこに自分の意思は全く介在しない!」
「ただ命令に従っただけなんだ。」
典型的なナチの弁解で分かりました。世界最大の悪は、ごく平凡な人間が行なう「悪」なのです。そんな人に動機はなく、信念も邪心も意図もない。人間であることを拒絶した者なのです。私はこの現象に「悪の凡庸さ」と名づけました。
人間であることを拒否したアイヒマンは、人間の大切な質を放棄しました。思考する能力です。結果、モラルまで判断不能になりました。思考できなくなると、平凡な人間が残虐行為に走るのです。過去に例がないほど、大規模な悪事をね。
私はこの問題を哲学的に考えました。「思考の嵐」がもたらすのは、知識ではありません。それは善悪を区別する能力であり、美醜を見分ける力です。私が望むのは、考えることで人間が強くなることです、危機的状況であっても、考えぬくことで、破滅に至らぬよう・・・。

高知のマホ(複眼の魔法使い)  ++.. 2018/04/01(日) 02:22 [15047] [引用]

 
こちらは朗読者の映画化に当たって原作者であるベルンハルトシュリンクはこう語ったとのことです。
「シュリンクは脚本家デヴィッド・ヘアに、如何なる作家が如何ように書こうともホロコーストについての贖罪はありえない、そして、ハンナ・シュミッツは自分のなしたことへの確かな理解がなかった、という二点は揺るがさないで欲しいと伝えたという。」

高知のマホ(複眼の魔法使い)  ++.. 2018/04/01(日) 02:30 [15048] [引用]

 
「思考する能力を放棄した凡庸な人間」というのは、的確な指摘でして、これをハンナシュミッツに当てはめると
「ハンナシュミッツはその思春期から思考する能力を放棄していた。文盲である自分をいかに克服するかというように考えず、文盲である自分からどのように逃亡するかどうしたら日々をそつなく暮らせるかだけを感覚的に判断していたのですね。
 その結果、モラルまで判断不能になりました。思考できなくなると、平凡な人間が残虐行為に走るのです。
 ハンナシュミッツにとってはユダヤ人を引き連れた死の行進〈=死のギャロップ・駆け足)と燃え盛る教会での不作為(=ドアの鍵を開けない)は、看守としての規律を守れというナチズムの命令に従っただけなのです。しかし、
「自発的に行なったことは何もない!」
「善悪を問わず、そこに自分の意思は全く介在しない!」
「ただ命令に従っただけなんだ。」
というアイヒマンの主張に対しハンナシュミッツは少し異なっています。
病弱な少女をアウシュビッツに送る前にひと時の休息を与えようとしたのはハンナの自発的意思です。

高知のマホ(複眼の魔法使い)  ++.. 2018/04/01(日) 02:59 [15049] [引用]

 
このような自発的意思は、しかし、ベルンハルトシュリンクが言うように「ハンナ・シュミッツは自分のなしたことへの確かな理解がなかった」ということになります。
ハンナシュミッツは「死にゆく少女たちに悪夢のような休息時間を与えた」という自覚が全く欠如しているのですね。

高知のマホ(複眼の魔法使い)  ++.. 2018/04/01(日) 03:13 [15050] [引用]

 
 複眼の魔法使いさんの深い見識に多くのことを考えさせられました。
 暫く前に読んだ俳句の本に紹介されていたわが国の文盲の死刑囚のことを思い出しました。
 処刑を数日前に知らされ、処刑までの数日間に書き残した俳句だそうです。
 子の手紙 蠅と一緒に 読みました。
 絵を描いてみたい気がする夏の空
 キャラメルで蠅と別れの茶を飲んだ
 つばくろよ鳩よ雀よさようなら。

 この句を詠んだ人には認識の心のように対象に向かって切り込む荒々しさが見られず、そこに存在するものを在りのまま味わい、楽しむような諦めに似た超脱性が感じられます。
 そこにあるものを、じっと眺めて味わう観照の世界に生きている人と言えるのかもしれません。観照の世界に生きる人には、自然も人もも虫さえも尽きぬニュアンスで豊かな世界を見せてくれてるのかも知れません。
 この観照の目は、周囲の事物だけではなく自分の心のなかの醜いものさえ遠いところに引き離して、微苦笑のうちにじっと見つめることができ、罪を犯したという苦悩の茨が取り除かれるのかもしれませんね。
 作者は、ハンナさんをもう少しだけ生かしてハンナさんが観照の目で自身の心を覗き込めるようにしたら、小説はどのような結末になっていただろうか。
 




 
 
 

愚鈍  ++.. 2018/04/01(日) 14:43 [15051] [引用]

 
 しかしなぁー、人類は二十万年前にアフリカの大地溝帯をから全世界へと散らばったそうですな。各地の風土の違い、歴史の違いなどで宗教なども異なってきたのかと思いますが、人種の違いといっても人類のDNAは共通で同じ種族のはず。神といっても仏といっても、それはただ形而上だけのこと。
 殺しあったりするほどのことではないように思いますが、戦争やホローコストなどは経済上のことがきっかけになっていて、宗教・人種問題はその理屈付けなのであろうと思っています。
 宇宙の広大無辺を思うとき、宇宙の誕生を想像するとき、戦争の愚かさを感じます。

愚鈍  ++.. 2018/04/01(日) 14:54 [15052] [引用]

 
宇宙は4次元的に球体である、とのこと。
つまり、宇宙をどんどん進むと、地球のごとく元の場所に戻ってくる。
そうすると、宇宙の果ては我が背中となる事になる。
案外宇宙は狭い。

宇宙はごく身近に感ずる
この間、友人と階段でつまずいて転んだ話をした。
ついこの間までは、階段の段につまずきそうになっても、そのまま立ち直った。
今度のは、転んだ。
つまり、地球の重力が年々強くなっていると感じた。

きしめん  ++.. 2018/04/03(火) 19:47 [15053] [引用]





 日本は救いようがない!!  [返信] [引用]
クリックで拡大表示 ( .jpg / 44.3KB )

京大iPS研・ねつ造事件、その重大な問題点…調査の焦点は「組織の風土」
というのだが、救いようがないのは組織だけでなく、国そのものが救いようがない。今回の対応とSTAP細胞の時の対応を比べてみると一目瞭然である。
STAP細胞は、正に現代日本の再生関係者にとって青天の霹靂というより、天からの怒りの雷で、既往の日本社会は泡を食った!!で、天才科学者を寄ってたかってつぶしてしまったのである。
で、今回の事件はだめでどうしようもない日本の総仕上げである。嗤

外国からみると、今回の事件の対応はお笑い種で、武士道が現在に生きていたら切腹ものです。

 
魔法使い  ++.. 2018/03/02(金) 03:30 [14920]

 
社会の対応そのものが致命的だね。研究者としては、山中伸弥氏は御神輿の上に載る役目をやめたらいいのである。研究者とはそういうものなのだけれど、組織の管理者として生きるというならそれはそれでよろしい。多分後者だろうからまあ好きにすればいいと思うけど、STAP細胞事件とはとはえらい違いであの天才科学者は日本社会によってたかって研究生命を奪われてしまったのである。
山中伸弥氏はSTAP細胞事件に関して、写真の修正はよくないとかなんとかマスコミ向けにリップサービスしていた記憶がある。真面目そうな人だから誠意ある対応をすると思うけれど、まあ、日本社会は最低だねえ・・・・。

高知のマホ(複眼の魔法使い)  ++.. 2018/03/02(金) 04:07 [14921] [引用]

 
クリックで拡大表示 ( .jpg / 38.3KB )

STAP細胞騒ぎは「日本人はバカであること、そして他人の成功を妬むジメジメしたナメクジみたいな人種であること、を如実に示した事件」というのはいい得て妙である。
高知のマホ(複眼の魔法使い)  ++.. 2018/03/02(金) 04:20 [14922] [引用]

 
将棋の天才升田幸三は木村名人に対して
升田『名人など所詮はゴミのようなもの」

ムッとする木村
木村「じゃあ君は一体なんだ?」
升田「ゴミにたかるハエだな」
升田は大したものでごみそのものになったこともあるしハエであったこともある。
「じゃあお前はなんだ!!」と聞かれたら、わたしは
高知のマホ『このままだとハエの足にへばりついた糞だな』

高知のマホ(複眼の魔法使い)  ++.. 2018/03/02(金) 04:30 [14923] [引用]

 
川崎重工の事件
8mmの鋼材を溶接作業のため4mm削ってしまった。
のこり4mm厚で強度が不足してしまった。

会社は現場の判断で・・あーだのこーだの・・ペこペコ。
モーメチャメチャ。
しかし、日本の職人ならば鋼材を削るなんて事はしない。
鋼材を削るなんて大変面倒で、時間もかかる。つまり能率が悪い。

日本の職人ならば、設計変更、製品の改善、施工精度の向上等、改善の提案をすると思う、と私は確信している。

最初は、ついに日本もコリアン化したかと思った。
しかしこの事件は奥が深い。なんか歯切れが悪い。
ズバリ、これは某国工作員の仕業となればしっくりくる。

しかしこれもなんだな。
現場の判断、なんて現場に責任を押し付けることから。
トップが銀行の天下り、とか、営業マンあがりか。
頭は良いかもしれないが、現場の事を何も知らないボケ。

きしめん  ++.. 2018/03/06(火) 22:23 [14929] [引用]

 
結局は自分で汗をかかない連中ばかりになったということですかね?
私は嘘六百の口先男ですが、二百の真実は言っているつもりで、二百の真実の根拠は自分で汗をかくということだと確信しています。
私は数年前「ノット アクション トーキング オンリー 」と豪語していた知り合いのあんぽんたんと絶交しましたが、口先だけの人間は信用しないことにしています。

高知のマホ(複眼の魔法使い)  ++.. 2018/03/07(水) 04:44 [14933] [引用]

 
「ついに日本もコリアン化したかと思った。」という意味をもう少し解説して下さい。
高知のマホ(複眼の魔法使い)  ++.. 2018/03/07(水) 04:46 [14934] [引用]

 
ケンチャナヨ精神と云うやつですよ。気にしない、気にしない。
ケンチャナヨ工法=手抜き工法の事と云われる。
ケンチャナヨ工法は世界的に有名です。

韓国の危険度と無節制さ、世界で信用を失う韓国の技術力と安全性:
世界各国でも広がる韓国の手抜き工事と事故の数々

パラオの橋:竣工と同時に崩落。
マレーシア:マレーシア『ペトロナスタワー』建設中に傾きだした。
韓国内でも橋、ビルの崩壊例あり。
古くは元寇時の手抜き軍船。

しかし、川重事件は、鋼材を削るなんて手間暇かかることをしている。
手抜き精神と大きく違う。
だから、某国工作員か朝日新聞の工作と疑った次第です。

きしめん  ++.. 2018/03/07(水) 15:25 [14943] [引用]

 
中国での高知学芸高校生 修学旅行事故を覚えていますか。
中国は相変わらず事故の責任を回避している。
毎日新聞より
「88年5月に来日した中国上海列車事故慰問団(団長=韓杼浜(かんちょひん)・上海鉄路局長)が遺族の質疑応答を受けた際、遺族側は「208号もダイヤで指示された時刻よりも早く到着していなかったか」と事実確認を求めたが、中国側は208号側のミスを否定した。対向列車の過失について中国当局は日本側に伝えておらず、事故原因の究明で遺族は置き去りにされている。」
あの当時、日本では中華人民共和国はまだ発展途上だから一人数億の保証金は勘弁してやれという世論誘導があり、遺族は泣く泣くあきらめた。
事故の場合保障は金以外ではできない。
さてそれでは韓国慰安婦問題はどうなのか?きしめんさんの意見を伺いたい。

高知のマホ(複眼の魔法使い)  ++.. 2018/03/08(木) 07:47 [14947] [引用]

 
慰安婦問題
簡単な算数から
@日本軍は、100万の無敵関東軍と公称していた。実数は最大動員時で74万人、常時動員数は50万人程度か。
人数を過大に公表するのは軍事の常識と思う。
まあ、平均して(74+50)/2で62万か。

A朝鮮人慰安婦は20万人とされている。現在は実数はもっと多い、40万人だと署名活動が行われているらしい。あと、中国人慰安婦も10万いたと云いだした。これは日本人が言いだしたと思う。
まあ、20万人としよう。

B朝鮮人慰安婦は、全慰安婦の30%との事、後は日本人。
したがって、慰安婦全体は、0.3x=20万  x=20/0.3=67万

Cそうすると、兵力より慰安婦の方が多くなる。
また、朝鮮人慰安婦は1人1日60人も相手にさせられていたらしい。

ここまで説明すると、怒りだす人がいる。
1人でも2人でも強制連行は強制連行だ、なんて。

きしめん  ++.. 2018/03/08(木) 23:37 [14948] [引用]

 
針小棒大のお国柄は、どこから来るのでしょうかね?
中国への属国が長かったので、宗主国への報告は被害はいつも数倍増〜数十倍増という習慣が抜けていないということですかね。

高知のマホ(複眼の魔法使い)  ++.. 2018/03/09(金) 22:21 [14949] [引用]

 
吉田清治氏は、自分が5〜6人程度の兵隊を指揮して、済州島の朝鮮人女性を強制連行し、日本軍の慰安婦にした。
その人数1000人とか2000人とか云われている。
その中には8歳の子供もいたとの事。

この話は、済州島の新聞が現地調査をして,その事実はないと検証している。
≪地元漁師たちは、そんな事実があれば、日本人なんか皆殺しで生きたまま返さなかった、と話している。≫

問題はここです。
日本軍が進駐したところは、台湾、ベトナム、ビルマ、インドネシア、等々。
村山首相が、慰安婦発掘聞き取り調査に出かけたらしい。
いずれの国も、≪そんな事実があれば、日本人なんか皆殺しで生きたまま返さなかった、と話している。≫
この反応が普通の事だと思う。
ところが、済州島においては、1000〜2000人の妻、娘、若い女性を、たった、6人程度の日本人に連行された。

朝鮮の男は、上記事件を、指をくわえて見ていた。そして、朝鮮の女は抵抗もせず連れられて行った
これほど、朝鮮人をバカにした話はないだろう。
田嶋陽子さんとか、朝日新聞は、どこまで朝鮮人をバカにするのだろう。

どっちにしても、後日、吉田清治氏の話は小説だ、と本人自ら認めている。
吉田氏の子供も、父は朝鮮に言ったことが無い、と話している。

きしめん  ++.. 2018/03/09(金) 23:02 [14954] [引用]

 
吉田清治氏は単なる売文家なのだということか。
http://www.sankei.com/premium/news/170617/prm1706170015-n1.html
朝日新聞はそういう事実を欲しがっていた。日本人悪だま論を作りたかったということですかね。
高知のマホ(複眼の魔法使い)  ++.. 2018/03/09(金) 23:21 [14955] [引用]

 
×言ったことが無い
○行ったことが無い

針小棒大のお国柄は、
この事件は、日本発です

きしめん  ++.. 2018/03/09(金) 23:23 [14956] [引用]

 
そういうことですね。納得です。

戦後の朝日新聞の出発点は“共産主義運動”への参加宣言であったことだ。敗戦から約3カ月後の1945年11月7日付一面で、朝日は《国民と共に立たん/本社、新陣容で「建設」へ》という記事というより宣言を掲げている。
戦争中、軍部に協力した報道責任を取るために、社長以下全役員、編集幹部が辞職し、今後は「あくまで国民の機関たることをここに宣言する」と述べているのだが、この“国民”とは支配者層と区別された“労働者階級”であり、朝日の“民主主義戦線”とは当時の日本共産党が唱えていた“民主戦線”にほかならない。

朝日新聞は文化大革命を熱烈に讃えていた記憶が私の中にあります。その後朝日は態度をコロッと変えました。この時間が私にはトラウマとなって残っています。嗤。彼等には複眼という考えが全くないとみえる。

高知のマホ(複眼の魔法使い)  ++.. 2018/03/09(金) 23:34 [14957] [引用]

 
追伸
@慰安婦なんて捏造派
呉善花さん 拓殖大学教員(日本帰化)
金完燮さん 評論家(ソウル大中退)
石兵さん  北京大学(日本帰化)
パク・ユバさん 世宗大学教
チェ・ギホさん 加那大学客員教授
このくらいでいいか。

A慰安婦あった派
朝日新聞
福島みずほ、田嶋陽子、共産党面々、民進、希望、立民、自由党の面々
このくらいでいいか。

きしめん  ++.. 2018/03/10(土) 21:58 [14968] [引用]

 
@慰安婦なんて捏造派の呉善花さん記事があったら紹介してください。 
高知のマホ(複眼の魔法使い)  ++.. 2018/03/30(金) 01:56 [15038] [引用]

 
私は、諸君(廃刊)、正論、WILLのどれかを読んだ結果です。
古いことなので詳細は忘れました。

呉善花さんと慰安婦問題で検索ねがいます。

この人もいっています。
韓国才女「親日を責める国、ばかばかしい」 「吉田証言のようなことがあったら朝鮮の男は黙ってみていない
http://www.sankei.com/west/news/180117/wst1801170004-n1.html

きしめん  ++.. 2018/03/30(金) 22:04 [15044] [引用]

 
今言われているものを少しだけ抜粋。
01:韓国内で慰安婦強制連行事件があったとされる村や町の名前が特定されていない。
02:「私の娘・妻・母・姉・妹が強制連行された」という人に関する記録が全くない。
03:第三者目撃情報がない。誰にも見られることなく多数の人を連行するのは不可能。
04:慰安婦強制連行の実行者に関する情報がない。吉田証言はウソと確認されている。
05:抗議活動に関する記録がない。もし多数の女性がさらわれたら暴動が起きたはず。
06:当時は光州学生事件のように些細な問題で抗議運動が発生するような状況だった。
07:多数の慰安婦を強制連行するのに必要な組織・人員・設備・費用等の情報がない。
08:日本軍に強制連行されそうになったが危うく難を逃れた、という女性の話がない。
09:元慰安婦たちの証言の多くは「親に売られた」「だまされた」などと述べている。
10:「強制連行された」という証言は少数で、内容が度々変わるなどの疑問点がある。

きしめん  ++.. 2018/03/30(金) 22:06 [15045] [引用]

 
2018年度の最新情報
元朝日植村氏のはなし。
当時慰安婦という言葉はなかった、挺身隊というのが慰安婦の事だった。
(この人は、だから、朝日新聞記事は嘘ではない、と言いたいのだろう。)

日本人にとって、韓国語は読めない、分からない。だから、新聞系の情報でしか理解できない。
(いまは、ネットがあるので別だが)
同様に、世界の人は日本語は分からない。
朝日新聞は慰安婦問題捏造記事を、日本語では謝罪したが、英語では謝罪していない。
韓国は世界中に、英語で発信している。そのお手伝いが朝日新聞。

きしめん  ++.. 2018/03/30(金) 22:28 [15046] [引用]





 中国の本音  [返信] [引用]
 パキスタンやネパール、ミャンマーがこのほど相次いで、中国企業との間で結ばれた総額200億ドル(約1兆2550億円)以上の大型水力発電プロジェクトを取り消し、中国主導の巨大経済圏構想「一帯一路」に大きな衝撃を与えた。米国の海外向け放送ボイス・オブ・アメリカ(VOA)が4日に伝えた。

 パキスタンは先月14日、インダス川上流のディアマーバシャダム(Diamer-Bhasha Dam)の建設に中国からの140億ドル(約1兆5755億円)の資金援助を拒否した。

 同国水利電力省によると、中国側から既存のダムを担保に入れ、ディアマーバシャダムの所有権や運営、維持管理などは中国側に属するといった厳しい融資条件が出された。同省のムザミル・フセイン(Muzammil Hussein)主席はこの条件がパキスタンの国益を損なったとして、受け入れられないとコメントした。

 ネパールは同13日、「財務規則違反」や「入札数や競合社の不足」を理由とし、中国企業と合意した25億ドル(約2813億円)規模の水力発電所建設計画を中止した。ネパール当局は同26日、発電量1200メガワットの同事業を国営ネパール電力公社(NEA)に委託した。

 さらに、ミャンマーでは中国主導で建設する同国北部の水力発電用巨大ダムは、総事業費36億ドル(約4050億円)に達し、発電電力の9割を中国に輸出する計画だった。2009年に着工し、2011年に前政権が国民の批判を受けて建設を中断した。中国側は積極的に建設再開を求めているが、進展は見られなかった。

 近隣諸国が大規模なインフラ建設事業を中止した理由はそれぞれだった。しかし、中国からヨーロッパまで結ぶこの巨大経済圏構想の参加国らは中国から大規模インフラ建設の支援を受けるには、極めて高い対価を支払わざるを得ない、ということに気づき始めた。

 4日付き米ビジネス情報サイト「クオーツ(QUARTZ)」によると、北京大学HSBCビジネススクール(PHBS)の経済学教授クリストファー・バリング(Christopher Balding)氏は同紙の取材に対し「一帯一路に参加した国々は最初、中国の投資に非常に興奮していた。しかし、今は明らかに変化が生じた。スリランカやメキシコの建設事業において中国はどのように行動していたかを目にしたからだ」と話した。

 スリランカ政府は2016年、債務軽減と引き換えに、中国にハンバントタ港の99年間の運営権を与えることで合意した。

 また、中国は2015年、高速鉄道の建設契約が落札から数日後に取り消されたことで、メキシコ政府に6億ドル(約675億円)の損害賠償を求めた。


 
魔法使い  ++.. 2018/03/30(金) 02:29 [15039]

 
毎日新聞のハンバントタ港記事はこうである。

スリランカ政府は近く、南部ハンバントタ港の運営権を99年間、中国企業に貸し出すことで最終合意する方針を固めた。スリランカ政府高官が毎日新聞の取材に明らかにした。2015年に発足したシリセナ政権は「脱中国依存」を目指し全方位外交を進めたが、財政事情は厳しく、中国に頼らざるを得ない状況が浮き彫りになった。【コロンボで金子淳】

 地元政治家などによると、ハンバントタ港は10年、親中派のラジャパクサ前政権下で建設された。建設費約13億ドル(約1500億円)の多くは中国からの融資で、一部は年利6%を超える高利だという。だが、完成後も船舶の利用は少なく、港は「巨大なスイミングプール」(野党政治家)と批判された。

 政府は昨年、約11億ドルで、港湾の管理企業の株式のうち80%を99年間、中国企業に貸し出すことで大筋で合意した。政府高官によると「今後、数週間以内」に正式な契約を結ぶ見通しだという。

 深刻な財政危機が背景にある。財務省の資料などによると、スリランカの対外債務の返済額は14年は14億ドルだったが、17年は24億ドル、19年には約40億ドルにふくれあがる。政府高官は「前政権は返済を考えずローンを組んだ。港湾のリース代と返済金を相殺せざるを得ない」と語る。シリセナ政権は発足以降、日印や欧米との関係強化を通じて「脱中国」を目指したが、深刻な財政危機により「中国に頼るしか選択肢がない」(地元ジャーナリスト)状況だ。

 一方、「事実上の売却」(野党幹部)と言われるリースへの批判も高まっている。1月には中国向けの工業団地の起工式に合わせ、地元住民が大規模な抗議デモを実施。治安部隊と衝突し20人以上が負傷した。親中派で港湾建設を進めたラジャパクサ前大統領さえ「もっと有利な条件で契約すべきだ」と批判する。

 安保上の懸念もある。中国はインドを囲むように港湾を整備しており、「真珠の首飾り」戦略と呼ばれている。スリランカの与党幹部はハンバントタ港について「軍事利用させない」と言うが、14年にはコロンボ港に中国の潜水艦が寄港しており、インドが警戒感を高めるのは必至だ。野党・人民解放戦線(JVP)のスニル・ハンドゥネッティ議員は「戦略的に重要な港湾を外国に渡すのは国の安全保障上問題だ。インドが反発し、スリランカの別の港の運営権を求めてくる可能性もある」と批判する。

高知のマホ(複眼の魔法使い)  ++.. 2018/03/30(金) 02:32 [15040] [引用]





 無の世界  [返信] [引用]
インドの話がでたのでついでに。

2018年3月8日
小学校いらいの友人が死んだ。
通夜、葬式、骨上げそして、初七日の思い出話まで、可能な限り別れを告げた。
すなわち終わり。

昔、読みかじった本。
インド仏教の哲理は、人は死んだら終わり、無の世界へ行く。
終わりというのは、何も無い。
無いとはどのような事か?
無いものは無い、無いものは説明のしようがない。
人は、終わるから永遠の安らぎが得られる。

インド発祥の仏教が、中国へ渡った時、中国人はそんな味気ないことはいやだと思った。
そして考え出されたのが輪廻の世界。
俺は生まれ変わって、再度人生を楽しむぞ、金を儲けるぞ、なんて。
天国もそう、地獄もそう、人間の欲望、煩悩が生み出した世界。
悟りの世界とは程遠い。
そしてその仏教が日本に渡ってきた。

インド人はこう考える。
やっとここの世から解放されたのに、死んでからも、なんで苦労して人の世をやり直さなければならないのか。

 
きしめん  ++.. 2018/03/12(月) 16:20 [14978]

 
人としては終わりでしょうね。
しかし、無ではないと思います。科学では原子レベルまで解明されているから、原子レベルで残りますわな。
 ブラフマンやアートマンについては、科学的にまだ解明されていないので、あるともないとも言えないけれど「煩悩に振り回されない何か」と人が考えるということは、そのよって来たるものが脳みそと共に無に帰するかどうかは不明です。
科学偏重主義者は科学で証明されないものは無価値だと言い張るけれど、それはしょせん己の無力さを言いつのっているだけのことですね。

高知のマホ  ++.. 2018/03/12(月) 16:53 [14979] [引用]

 
これから出張
7日間

きしめん  ++.. 2018/03/12(月) 17:30 [14980] [引用]

 
私の話は死後の世界のこと。
マーさんの話は物質のこと。
話が違います。

原子レベルだろうが、素粒子レベルであろうが、あるものはある。
ものをどんどん細分化しても、あるものはある、なくなることはない。
人間が解明する技術が追いついていないだけ。

また、素粒子レベルでも無いものはない。

科学者は、科学の学問を暫定的と捉えています。
特に物質については、結論なんて出ていないはずです。

そうすると、学校の先生は困るので、教科書には現時点でわかっていることを書いてあるに過ぎません。

釈迦は輪廻を否定しています。
死後は無の世界と説いています。

きしめん  ++.. 2018/03/15(木) 13:13 [14981] [引用]

 
無は無限の無です。無限というのは限りがない。つまり、巨大化すれば無限大、極小化されれば無限小になります。
どちらに向かってもシンギュラリティ(Singularity)があります。

抜粋解説です。
シンギュラリティ(Singularity)というのは、特異点と. いう意味です。数学的な特異点は、分数の分母がゼ ロに近づくにつれて無限大に発散するような点のことを いいます。
物理的特異点は、光速度で移動する光でさ. えも脱出できないブラックホールのようなもののことをいいます。

この無限大の世界と無限小の世界はアインシュタインが言うように、空間的にゆがんでいて両者は繋がっていると思います。
つまり無限大に向かっていると思っていたら無限小の世界に到達する。逆もまた真なりです。

高知のマホ(複眼の魔法使い)  ++.. 2018/03/19(月) 01:18 [14982] [引用]

 
 死後の世界・・・・それは何もない。ただ宇宙を構成する元の素粒子だかに戻るだけだろうとは想像しております。ただ、理性では理解しているのですが少年時代に体験した出来事が理性をどこかに押しやってしまうようです。
 それは小生が十八歳のとき、正月休みを利用して二泊三日で大菩薩峠の縦走を始めた最初の日のこと。ビバークの予定で食料・ツエルトなど20kg程度のキスリングを担いでバス停から三時間ほど歩いた急坂でのこと。時刻は16時頃だったろうか、雨で登山道が掘られていて歩きにくく、雨裂を避けて登山道の右左と移動しながら登っていた時。ふと脚が目に入った。黒いハイヒール、黒いストッキング、眼を上げると四十台かそこらの女だった。スカート、上着の黒で喪服のような感じだった。
 ただ顔色が土気色で目つきがぞっとするほど怖かった。それはそうなのだが、小生は別段気にせずに、登山者の習慣で「こんにちは」と挨拶して、雨裂を避けて自分から見て右側に飛び移って通り過ぎた。
 その夜は、その女のことなど思い出さずに潅木の中でビバークした。
 翌日、長兵衛小屋に着き小屋番に「昨日、こんなおばさんが来ませんでしたか」と聞いたら、そんな女は来てないとの返事だった。
 その時も別段気にしなかったが、それから二十年ほど経過してから折にふれて思い出してしまうのです。あの登山道は、いくらヒールが低くてもハイヒールで歩けるような道ではなかったこと。師走で時々雪混じりの烈風が吹いていたこと。あの服装で、あの場所に立っていることは普通には出来ないことなど、いくら考えても不思議なことでした。
 今も印象に残っているのは、あの土気色の顔、あの普通とは思えない目付きです。
 単独行での登山は数多く経験していますが、あのような経験はあれが初めてで最後でした。
 あの女性はなんであったのだろうか。死んだら無になるはずなのに。どうにも不思議な出来事でした。

 愚鈍=アル中  ++.. 2018/03/25(日) 11:15 [15002] [引用]

 
彼女は無の世界へ行く途中で、休息していたに過ぎません。
死後の世界は、誰も見たことがないので具体的なことは不明です。

考えても見られよ。
極楽というもの、酒はうまいしネーちゃんはきれいだ、と言われている。
が、そんなものは2〜3日くらいであきる。あとはどうするかを示されていない。
地獄は辛気臭い。
生まれ変わって、猫とか犬になったら、悪ガキに追いかけられてガタガタ。

釈迦は、そんなつまらない世界なんて無いと考えた方がまし。
つまり、輪廻の否定。
中国人は、商の民族なのでその辺が理解できない。

日本人は、イザナギ、イザナミの神話から死後の世界をあると考えている、と推定できる。また、死を穢れと考え恐れる。
このことから、中国の仏教を素直に受け入れる要素があると思われる。

インドでは、ガンジス川とインド人は切っても切れない関係がある。
そのガンジス河岸では、生焼けの死体がごろごろ、川の中には生焼け死体がぷかぷか。
つまり、生活の中に死があると考えられる。
このようなことから、インドの宗教を考えなければならないと思う。

きしめん  ++.. 2018/03/25(日) 23:01 [15003] [引用]

 
インドを旅行すると人生観が変わる、とよく言われる。
なぜだ、と問うと、よくわからない、という答え。
これは、生活の中に死があると云う事を実感するのではないか。

きしめん  ++.. 2018/03/25(日) 23:57 [15005] [引用]

 
「生活の中に死がある」ということは死が身近にあるということですよね。
先の戦争に負けて以来、日本人は死を恐れるようになり、これを生きている内は包み隠そうという考えが広がってしまったのではないでしょうか?

高知のマホ(複眼の魔法使い)  ++.. 2018/03/26(月) 04:56 [15006] [引用]

 
 諸氏のご意見は説得力に富んでいます。納得です。
 が、大菩薩峠で出会ってしまった亡霊のようなおばさんに「こんにちわ」などと挨拶してしまった小生の立場はどうなるのであろう。
 あの亡霊おばさんに「ふざけた野郎だ」などと思われたのではなかろうか。

 それはともかく、宇宙を構成する物質で人類が既知のものは4%に過ぎず、既知のエネルギーは70%程度(?)に過ぎないといわれているようです。
 人類は宇宙のことをほとんど知らないと申しても過言ではないような気がするのですが、どうなのでしょうか。死についても然りと。

 愚鈍=アル中  ++.. 2018/03/26(月) 10:07 [15007] [引用]

 
、宇宙を構成する物質で人類が既知のものは4%に過ぎず、既知のエネルギーは70%程度(?)に過ぎないといわれて・・・・・。
 これは間違いました。既知のエネルギーは20%くらいが正しいようです。
 つまり、人類は宇宙についてほとんど無知であるのではないかと思っているところです。


 愚鈍=アル中  ++.. 2018/03/26(月) 10:34 [15008] [引用]

 
実は私は自分で自分がよくわからないという部分があって、自分のことを半分も知らないような気がしています。宇宙のことはほとんどわからないですね。
そうそう、ホーキング博士はブラックホール蒸発論を言うものを発表していたそうです。
「「穴は巨大である必要があるだろうし、それが回転していた場合には、別の宇宙への通路があるかもしれません。しかし、あなたは我々の宇宙に戻って来ることはできないでしょう」とホーキング博士は説明した。「今回伝えたいのは、ブラックホールは思ったほど真っ黒ではないということです。ブラックホールは、かつて考えられていたような永遠の牢獄ではありません。物質はブラックホールの外側、そしておそらく別の宇宙の両方へと抜け出すことができるのです」

高知のマホ  ++.. 2018/03/26(月) 10:50 [15009] [引用]

 
「大菩薩峠で出会ってしまった亡霊のようなおばさん」は山を下って行ったのですか?
高知のマホ(複眼の魔法使い)  ++.. 2018/03/26(月) 21:59 [15010] [引用]

 
挨拶は人としての基本。
幽霊だろうが、ゾンビだろうが、出会いがあったら挨拶はしなければなりません。
相手は死出の旅路の途中、当方は死に向かう旅路の途中。
お互い様です。

人も旅人 我も旅人 春惜しむ (山口青邨)


また、人を呼び捨てにしてはいけません。
アベガーではなくて、安倍総理または安倍さんです。
(安倍さんは、総理ばかりでなく、幼い子供もいます)
日王ではなくて天皇陛下または天ちゃんです。

目上の人を、たとえば、山本さんを山本君なんて呼んではいけません。
戸田ちゃん、もいけません。

きしめん  ++.. 2018/03/27(火) 09:32 [15021] [引用]

 
> 「大菩薩峠で出会ってしまった亡霊のようなおばさん」は山を下って行ったのですか?

 それが分からないのです。
 いくらボンクラの小生でも亡霊のようなおばさんに挨拶した後、数歩歩いてから「あれっ」と気が付いて振り返った時はもう見当たりませんでした。
 しかし、どのように考えても赤土で、かつ所々雪が残っている滑りやすい急坂を、いくらヒールが低い靴でも下るのは困難だと思います。
 あの亡霊のようなおばさんの、土気色の顔、ぞっとするような目付きは今でも鮮明に思い出します。
 だがなー・・・、明るく挨拶したせいか、あの亡霊おばさんも悪い気はしなかったのかも知れませんね。
 しかし・・・・その正体は何であったのだろうと今でも不思議な思いがします。
 そのせいか、今でも目に見えない何か、小生には理解できない何かを敬う気持ちがあります。





 愚鈍=アル中  ++.. 2018/03/27(火) 09:50 [15022] [引用]

 
霊魂であれば、たぶん空中を移動したのでしょう。
振り向かずに、上を見上げればバイバイと手を振っていたと思われます。

きしめん  ++.. 2018/03/27(火) 17:54 [15023] [引用]

 
「あの亡霊のようなおばさんの、土気色の顔、ぞっとするような目付き」とのことですが、
ひょっとしてそれは幸運の女神(=守り神)だったかもしれませんね。
「こんにちわ」と声をかけた。恐ろしげな顔の女神は二人がすれ違った瞬間「にっこり」微笑んでいたということかな。

幸運の女神(=守り神)を人間が掴み損ねるのは、正面から見た時、恐ろしげな形相をしているからです。

単独行で登山した。⇒恐ろしげな顔をした守り神に出会ってそれでも挨拶した。⇒で遭難しなかった。⇒おかげで今も生きていられる。

確か雪女、も形相は恐ろしかったのではなかったですか?笑

高知のマホ(複眼の魔法使い)  ++.. 2018/03/28(水) 02:59 [15027] [引用]





 朝鮮半島と日本の関係を考える  [返信] [引用]
きしめんさんが紹介してくれた呉善花さんをインターネットで検索しその講演を読んでみました。なるほどと納得することが多かったのでコピペしてみます。
http://www.sankei.com/west/news/170721/wst1707210003-n1.html
『@朴槿恵氏逮捕の根底にある韓国の「国民情緒」
 逮捕された朴氏は「真実は明らかになる」と言う。しかし、韓国を知る上で大事なのは、「真実が真実でないのが韓国」ということ。法律は立派だが、法律を守らないのが韓国の裁判官。朴氏は法律違反ではなく、弾劾される理由もないのに、裁判官全員が弾劾に賛成した。この根底にあるのが「国民情緒」だ。 国民の7割以上が弾劾に賛成−という国民情緒を受けて、裁判官は決定を下した。国民のムードが「朴氏の弾劾に賛成」だから、裁判官もそれに動かされたのだ。

A日本の場合、いくら悪いことをしたと言っても、大統領まで務めた人物なら、批判されても必ずどこかで擁護する人が現れる。しかし、韓国社会はそうじゃない。「終わった者に用はない」というのも、韓国人の情緒。だから、朴氏がふたたび名誉を回復することはありえない。

B「過ぎた者」「用のない者」は退場しなければならないのが、韓国。「死は穢(けが)れ」であり、力が衰えた者には、後ろから石が投げられる。これらは儒教の発想で、宗教は通常、死んだあとのことを説くが、儒教は死後の世界を説かない。むしろ、「死なない法則」を教える。韓国や北朝鮮を考えるうえで、重要な点だ。

C朴槿恵氏は就任するやいなや「反日」政策を進め、それまで韓国が大好きだった日本人たちですら、大嫌いにさせてしまった。それまでは、韓流にハマる女性が多かったが、朴氏が韓流ブームを終わらせ、嫌韓を広めてしまった。

D「反日」で民族の血が熱く燃える
 韓国の「民主化」は「親北朝鮮」と同じで、「民族愛」「愛国」はなぜか反日につながり、「反日」という言葉を使う時に、民族の血が熱く燃え上がる。反日が強まれば、そのための“物語”がなければならず、その一つが「竹島」であり、もう一つが「慰安婦問題」。そして、さらに「強制徴用工」という問題が加わるだろう。

E争いに巻き込まれる恐れある日本
 今、文大統領が盛んに言っているのは「偉大なるわが民族」という言葉。北朝鮮とそっくりだ。そして、文氏は北朝鮮への経済支援を強めようとしている。 盧政権の時も経済支援を強めたが、北朝鮮はその間に「核開発をしていない」と表明しながら、着々と核開発を進めた。今回はどうか。文氏の理想も、理想だけで済めばいいが、実現させようとすればするほど大変な混乱状態に陥る恐れがある。

F日本が大きな戦争と関わった際、背景には朝鮮半島問題が絡んでいた。日清戦争も日露戦争も、朝鮮半島をめぐる戦いだった。今はヨーロッパも中央アジアも混乱し、アメリカは内向きになって頼れる国がなくなっている。

G中国は賢い国だから、自分から先に手を出すことはない。北朝鮮に手を出させるとアメリカが対抗する。そのような状況下で中国が最後にしぶしぶ出て「私たちは善人だ」というような姿勢を見せる。朝鮮半島に大きな混乱の恐れがある今、日本がこうした争いに巻き込まれる可能性は十分にある。

抜粋ここまで

 
魔法使い  ++.. 2018/03/26(月) 23:34 [15011]

 
『韓国人から見た日本人』 
拓殖大学国際関発学部 教授オ・ソンファ
http://www.relnet.co.jp/kokusyu/brief/kkouen27.htm

これも面白かった。

高知のマホ(複眼の魔法使い)  ++.. 2018/03/27(火) 00:20 [15012] [引用]

 
オ・ソンファ教授は徒然草に対する造詣も深いのだろうか

花は盛りに、月は隈なきをのみ(※1)見るものかは。雨に向かひて月を恋ひ、垂れ籠めて春の行方知らぬも、なほあはれに情け深し。咲き(※2)ぬべきほどの梢、散りしをれたる庭など(※3)こそ見どころ多けれ。

(桜の)花は盛りのさまだけを、月は曇りのないのだけを見るものであろうか、
雨に向かって月を恋い慕い、簾を垂れて(家の中に)ひきこもって春が暮れてゆくのを知らないでいるよりも、やはりしみじみとして趣が深いものだ。
今にも咲きそうな頃の梢、花が散ってしおれた花びらが点々とある庭などにこそ、見る価値が多いのである。

高知のマホ(複眼の魔法使い)  ++.. 2018/03/27(火) 00:34 [15013] [引用]

 
抜粋です。
http://www.relnet.co.jp/kokusyu/brief/kkouen27.htm

では、日本以外のアジアの人々に共通する美意識は何かと言いますと、これはなんと言っても派手な色彩ですね。なんでもピカピカに輝いて、満月のように均衡の取れた左右対称(シンメトリー)の美。こういったものが一般的に好まれます。対する日本人は、左右非対称(アシメントリック)のものに自然美を見出し、鈍色や枯れた色やもの、歪形などの美に風情を感じます。

美の象徴として、まず「花」を例に挙げてみましょう。「花はやはり満開が最も美しく、満開の花が溢れんばかりに咲き誇る光景を眺めたり、また、その中にわが身を置くことが人間として一番良い気持ちになるでしょう」と私が言うと、日本人の方からは「いや、花が美しいのはそれだけではありませんよ」と答えが返ってきました。「満開の花も良いが、蕾(つぼみ)の花のほうがより落ち着く」と……。最初聞いた時は信じられませんでしたね。私は、人ならば誰しも満開の花を好むと思っていましたから……。しかも、人によっては「萎(しお)れて落ちる花にも風情がある」というのだから、ますます解らなくなります(会場笑い)。花を例にとってみましたが、「品があるか、ないか」を考えた時に、日本と日本以外のアジアの国々との間には、まったく違う感性がある訳ですね。そして、アジアの国々では、完璧な人間には「品がある」ということになります。
高知のマホ(複眼の魔法使い)  ++.. 2018/03/27(火) 00:41 [15014] [引用]

 
次に「月」を例にとって、対称・非対称の美意識の違いを考えてみましょう。日本と同じように韓国でも旧暦の8月15日にはお月見をする習慣があります。どこから見てもまん丸でピカピカと輝くお月様は大変美しいものです。しかし、日本人は「まったくの満月よりも、ほんの少し欠けた月のほうが風情がある」とか「若干雲がかかり、霞んで見えるお月様のほうが良い」と言うじゃありませんか! 韓国人だったら、月に薄雲がかかろうものなら、風情どころか「早くあの雲がどこかへ行ってしまわないかな」(会場笑い)と思いますよ。この感覚の差異について、私は日本人とずいぶん喧嘩したものです……。
高知のマホ(複眼の魔法使い)  ++.. 2018/03/27(火) 00:41 [15015] [引用]

 
もう少し抜粋します。

私は来日したばかりの頃、韓国に行ったことのある日本人にやたらと「韓国は焼き肉とキムチは美味しいけれど、あの食器はなんとかならないのか」(会場笑い)と言われた経験があります。韓国はステンレスの食器を使うのですが、スプーンや箸にいたるまでステンレスでできています。「何故、ステンレス食器が駄目なのですか?」と私が尋ねると、「せっかくの美味しい料理の味が全部打ち消されてしまう」と答えが返ってきました。初めてそれを聞いた時、私は本当にショックでしたね。その他にも「ステンレスの茶碗と箸がぶつかる音が嫌だ」と聞いたことがありますが、韓国人にしてみれば、ステンレスの食器が触れる音はなんとも心地よい音なんです(会場笑い)。ですから、わざとぶつけて音を楽しむ人も結構いるんです。

高知のマホ(複眼の魔法使い)  ++.. 2018/03/27(火) 00:43 [15016] [引用]

 
朝鮮半島にも似たような自然環境がありますが、日本列島と大きく異なるのは「高度な文化・文明を持った中華帝国と陸続きであったために、常にその文化や文明に圧倒されてきた歴史を持っている」という点でしょう。ですから、韓国人の内面に古(いにしえ)から続く自然観を見つけることはほとんどできませんが、日本は昔から継がれてきた自然観が土台となり、その上に、大陸から入ってきた文化・文明に圧倒されることなく都合よく吸収してきたのが日本ではないかと思います。幸いなことに、日本は外国の侵略をほとんど受けませんでしたから、歳月を経て他の国では無くなってしまった文化を日本文化の中に見つけることができるんです。しかも、ただ見つけられるのではなく、「日本が他国の文化の花を咲かせた(完成させた)」とも言い換えられると思います。これに対し、朝鮮半島は2000年の間に1,000回以上に及ぶ外からの侵略を受けたため、昔からある自然観は、だいたい消えてしまいました。
高知のマホ(複眼の魔法使い)  ++.. 2018/03/27(火) 00:46 [15017] [引用]

 
現在世界が陥っている限界の突破に向けて、何を提示できるのでしょうか? 全体と個の調和の構築を高い理想としますと、日本は世界一貧富の差が少ない中間層社会を基盤とした経済を実現し、また、伝統的な職人技から最先端技術まで抱えている技術大国、さらには、世界で最も治安の良い安全な社会を実現させています。この「経済、技術、安全な社会」は、いくらでも世界に誇れて、なおかつ世界の人々に貢献できるものだと思います。これらのいずれも、世界中の国々が理想としながらも、なかなか達成できなかったものばかりです。

何故、日本はこれを達成することができたのか? これが一番のキーワードになると思いますが、私はこの日本の「もうひとつの世界」の精神性なくして、経済発展は有り得なかったと思うのです。しかし、今までは無意識でなんとなくやって来たと思いますが、これからは、如何に意識的に、そして体系的に、これを構築してゆけるかが、今後も日本が世界の最先端を維持し、拡げてゆくことができるかどうかの分かれ目になるのではないでしょうか。私はこれに期待し、そうなることを確信しております。

高知のマホ(複眼の魔法使い)  ++.. 2018/03/27(火) 00:51 [15018] [引用]

 
呉善花氏『あまりにも価値観の違う日本と韓国は距離を置くべき』ということらしい。
成程と思いますが、さて
どんなスタンスで距離を取ればいいのでしょうかね?

高知のマホ(複眼の魔法使い)  ++.. 2018/03/27(火) 00:59 [15019] [引用]

 
簡単に考えると
@自国の文化を押し付けない、
A自分の考え方を声高に主張しない、
Bそういうお国柄なのだと受け止める
ということかな?

高知のマホ(複眼の魔法使い)  ++.. 2018/03/27(火) 01:24 [15020] [引用]

 
朝日新聞とか社会、共産党の面々は、朝鮮半島の唯一の国家は北朝鮮である。
と、韓国を徹底的に無視してきた。
朝日新聞と社会、共産党の面々は、朝鮮半島の統一は、北朝鮮が主体であるべき、といつも宣伝していた。
だから、日韓が友好的になり、韓国が力を付けるのを嫌がってきた。
これは、週間金曜日などを読んだことのある人は露骨に感じることであろう。(今は読んでないが、傾向は同じと思う)
慰安婦問題も、日韓の離反を促進する種である。

呉善花さんは、韓国人であり、韓国人としてのほこりを持っていた。
ただ、上記のようなことを言うと、身の危険を感じたので日本へ亡命したとの事。
桜井よしこさんも、考え方の傾向はおなじ。
理路整然として、相手(左翼)を論破する。

きしめん  ++.. 2018/03/27(火) 21:02 [15024] [引用]

 
呉善花さんがいうところの [現在世界が陥っている限界の突破に向けて、何を提示できるのでしょうか? 全体と個の調和の構築を高い理想としますと、日本は世界一貧富の差が少ない中間層社会を基盤とした経済を実現し、また、伝統的な職人技から最先端技術まで抱えている技術大国」

という考え方が、小泉竹中政権⇒安倍政権の施策である労働の非正規化推進によって、破壊されてしまったのではないでしょうか?、
 両者ともアメリカ合衆国を基準にしていますが21世紀の人口減少高齢化社会では、西ヨーロッパ型の社会を参考にすべきではないでしょうか?

高知のマホ(複眼の魔法使い)  ++.. 2018/03/28(水) 02:34 [15025] [引用]

 
このまま人口減少が推移すれば、21世紀末には1868年以前の人口になります。
6000万人なら半減ですが、労働集約型から知識集約型へ労働体系を変えれば、国のGDPではなく1人当たりGDPの高い国に代えることができます。
AIはそのための革新的技術になると思います。碁や将棋を見てもわかるように強いか弱いかだけを比べれば,AIのほうが強くなってしまいました。
 それは当たり前のことで、一定のルールの下で、AI(≒考える機械)と人間が知恵比べしたら機械が強いに決まっていますよね。
そういったことはAIに任せればいいと思います。
ただ、呉善花さんのように理念を持った指導者が出現しないと、AIは単なる労働の代替手段になるだけです。
そこをクリアできるかどうか今が踏ん張りどころで、夕部には露と消えているかもしれない私のような高齢者の頑張りが必要ではないでしょうか?

高知のマホ(複眼の魔法使い)  ++.. 2018/03/28(水) 02:47 [15026] [引用]





 悪質な在日コリアを判別する方法  [返信] [引用]
最近経験したことである。在日コリアの中で、悪質な輩を見分ける私の作った判別法である。
➀人のポッケトに手を突っ込んで金儲けすることを恥と思わない。(=韓国大統領の親族にはこの例が極めて多い)
A組織至上主義を装うことが得意である。
Bリーダーシップを独裁と呼ぶ
C共産党員である。
D山、田、本、が苗字に付く。(=三大コリア姓)
悪質な輩はどの民族にもいる。➀ABは別にコリアに限らないだろう。Dになるとコリア判別基準である。
この5つの条件がそろうと正答率は80%以上だろうと思うけれど、さて、きしめんさんは『是非善悪』は別にしてどう評価します?
A〜Dはどうでもいいけれど、これに➀が加わると許せなくなるのは、資本主義に毒されているからだ!と、きっと反論する輩がいるだろうけれど、それ以前に➀は商業道徳に反する ので辞めろと思うけれど金の亡者には通用しないだろうね。
➀=(金・地位・名誉)の亡者=倫理観がない。=超リアリストなので目的達成のためなら何でもする。

 
魔法使い  ++.. 2018/02/24(土) 01:16 [14910]

 
E番目の判定基準は地域のためとか、みんなのためという。
しかし、本人の言動を見ていると自分のためつまり➀のために地域地域みんなみんなとお題目を唱えるのが習慣になってしまっているのである。

高知のマホ(複眼の魔法使い)  ++.. 2018/02/24(土) 01:57 [14911] [引用]

 
「地域地域みんなみんな」ではなく自分のため、せいぜい「血縁のため」ぐらいが関の山です。
之もコリアには限らないけれど彼らは血縁を大切にする。
これが行き過ぎるとひいきの引き倒しになる。
私は「地域地域みんなみんな」という人は眉に唾してかからねばならないと自戒しているけれど、それでもよくだまされる。
「地域のためにあなたの開発された○×を使わせていただきます!!」
ボランティアもどきで飯を食っている連中と少しも変わらないのだけれど、それでも引っかかる・・・。

高知のマホ(複眼の魔法使い)  ++.. 2018/02/24(土) 19:55 [14914] [引用]

 
D山、田、本、が苗字に付く。(=三大コリア姓)
山田、山本、本山、本田、田山。

他の説、左右対称名も好むー>>この説の方が根強い。
中山、山口、内山、山内、三田、岡田、田岡、小山、富山、高山、奥田、西山・・・きりがない

そこらじゅうに居る人の名前。

大日本帝国天皇なんかも左右対称だな。
三基工業、日本興業なんてものもあった。

このような説はあまり古くない時に、ある日突然現れた。
このケースは、明らかに朝日新聞の陰謀である。
その意図を考えると面白い。

きしめん  ++.. 2018/02/25(日) 15:58 [14915] [引用]

 
@
これは、「アジア的風景」と考えれば簡単な話。
つまり、忖度政治ですね。
縁故採用とか、縁故のもの、親しいものに便宜をはかる。
水戸黄門、将軍吉宗を見れば良く理解できる。
一例として
朝日新聞本社用地は、国からの払い下げ。
また、中日新聞の本社は、旧名古屋城内の一角にある。旧名古屋城内の一角には、裁判所、国交省、法務局、愛知県県警本部、等、なんで一私企業の中日新聞が公共施設のエリアにあるか。
国からの払い下げそうろうである。
つまり、国の土地だからただ同然で払い下げを受けた。
他の大手新聞社も同じであろう。
モリカケもこの辺から解きほぐせば一日で解決。

きしめん  ++.. 2018/02/25(日) 16:21 [14916] [引用]

 
➀=(金・地位・名誉)の亡者=倫理観がない。=超リアリストなので目的達成のためなら何でもする
日本も同じようなもの。
中国産うなぎの日本産偽装は土用牛の季節行事。
神戸牛が宮崎牛だった、エビ。アワビの産地偽装も年中行事。
船場吉兆の話もあった。
北海道農協は何度バレても懲りない。

工業については、神戸製鋼、旭化成、三菱マテリアル、日産、三菱、スバル等の偽装問題最近は宇部興産、その他忘れたが各種ごまかし問題。
期間も長期にわたる。

コーリャn、いかんわ。

ただし日本については、職人道と云うものがあるため、壊滅的な被害はない。

きしめん  ++.. 2018/02/25(日) 17:06 [14917] [引用]

 
悪質なコリアン判別でしたね。
@ なんか自分のことかと思いました。ただ度胸が無いのでコソコソしていますが。

この判別法は良いとこついています、80%くらい当たっている、と思います。
その他、世界で指摘されていることは
・条約、約束を守らない。
・契約の概念がない。
これらは、約束締結後、ゴールポストを動かすことで有名である。
今回の、慰安婦合意の件でも、中国ですらそれ見たことかと言っている。
合意は破棄するが、10億円は返さない。
問題は、日本でもこれを是とする方々がいることです。

きしめん  ++.. 2018/02/27(火) 09:21 [14918] [引用]

 
この話題は微妙な話で、蔑視と紙一重です。
➀人のポッケトに手を突っ込んで金儲けすることを恥と思わない。
A組織至上主義を装うことが得意である。
Bリーダーシップを独裁と呼ぶ
この辺りは大きな問題はないけれど、
(=韓国大統領の親族にはこの例が極めて多い)
に対しては何処の国でも五十歩百歩なのコリア特有の問題ではありません。
これにC共産党員である。
D山、田、本、が苗字に付く。(=三大コリア姓)
を重ね合わせると蔑視と差別が生まれます。
私は蔑視と差別の根源は近代主義国家にあると考えます。もう一つは民族主義です。

高知のマホ(複眼の魔法使い)  ++.. 2018/03/01(木) 06:13 [14919] [引用]

 
・・・上記で、なんで共産党員がコリアン判別法と結びつくのかわからない。????

ずっと前に書いたが。
土木の中小企業には在日韓国人が多く活躍している。
土木の現場(設計も含む)は職人稼業の積み重ねなのでまじめというか、堅い人物しか勤まらない。

私の関わった、2つの現場の韓国人の現場監督2名。
Dに当てはまらない。
私の会社にいたものも当てはまらない。
男1名、女韓国2名、北朝鮮1名
Dに当てはまらない。

きしめん  ++.. 2018/03/03(土) 08:54 [14925] [引用]

 
結局単なる偏見に過ぎないというのが結論ですね
高知のマホ  ++.. 2018/03/04(日) 01:32 [14926] [引用]

 
➀人のポッケトに手を突っ込んで金儲けすることを恥と思わない。(=韓国大統領の親族にはこの例が極めて多い)
ここをもう少し深化してみたいと思います。
何故コリアはこういう文化を持つに至ったかということです。
一般的に言われているのは中国国家も朝鮮半島国家も民主主義が育つ土壌がないということです。
両国とも血縁国家ですね。「大統領が一族から出たら一族みんなが潤って何が悪い!!」という考えから抜け出ていない人がいる・・・。というか、一見民主化したようにみえるけれど、中身には相変わらずの血縁国家で、権力を手に入れると本姓がむき出しになるのですね。
 韓国は民主主義を道具としか見ていないのではないかと疑いたくなります。嗤

高知のマホ(複眼の魔法使い)  ++.. 2018/03/07(水) 05:16 [14937] [引用]

 
上記の血族国家を背景に韓国大統領弾劾を叫ぶ国民を見ていると、弾劾という陰にかくれて『俺にもうまい汁吸わせろ!!」と言っているように邪推したくなるのは私だけかなあ?
高知のマホ(複眼の魔法使い)  ++.. 2018/03/07(水) 05:21 [14938] [引用]

 
血族以外は信頼できないという思想はわからんでもないけれど、なぜ中国や朝鮮半島が突出しているのか?それともこれはアジア全体の特徴なのか?
高知のマホ(複眼の魔法使い)  ++.. 2018/03/07(水) 06:16 [14942] [引用]

 
この板の目的は差別は何処から生まれるのかどのようにして生まれるのかを、自分の経験を通じて考えてみようということです。
言ってみれば「我が内なる差別主義を見つめる」ということで、これも複眼を養う1つの手段です。
そんなことは公にするなと言われればそれまでですが、差別主義者と誤解されても我が内なる差別主義をよく観察しておいたほうが良いというのが私の考えです。

高知のマホ(複眼の魔法使い)  ++.. 2018/03/22(木) 04:47 [14983] [引用]

 
韓国大統領弾劾を叫ぶ韓国の人達をみていると、支配階級と被支配階級の根深い歴史的対立を見せつけられているということでしょうか?

『外国人文献に見る具体的な描写
イザベラ・バード『朝鮮紀行』より
「朝鮮の災いのもとのひとつに、この両班つまり貴族という特権階級の存在がある。両班はみずからの生活のために働いてはならないものの、身内に生活を支えてもらうのは恥じとはならず、妻がこっそりよその縫い物や洗濯をして生活を支えている場合も少なくない。両班は自分では何も持たない。自分のキセルですらである。両班の学生は書斎から学校へ行くのに自分の本すら持たない。慣例上、この階級に属する者は旅行をするとき、大勢のお供をかき集められるだけかき集め引き連れていくことになっている。本人は従僕に引かせた馬に乗るのであるが、伝統上、両班に求められるのは究極の無能さ加減である。従者たちは近くの住民を脅して、飼っている鶏や卵を奪い、金を払わない。」
「当時はひとつの道に44人の地方行政官がおり、そのそれぞれに平均400人の部下がついていた。部下の仕事はもっぱら警察と税の取り立てで、その食事代だけをとってみても、ひとり月に2ドル、年に総額で39万2,400ドルかかる。総員1万7,600人のこの大集団は『生活給』をもらわず、究極的にくいものにされる以外なんの権利も特典もない農民から独自に『搾取』するのである。」
マリ・ニコル・アントン・ダブリュイ『朝鮮事情』より
「朝鮮の貴族階級は、世界でもっとも強力であり、もっとも傲慢である」
「朝鮮の両班は、いたるところで、まるで支配者か暴君のごとく振る舞っている。大両班は、金がなくなると、使者をおくって商人や農民を捕えさせる。その者が手際よく金をだせば釈放されるが、出さない場合は、両班の家に連行されて投獄され、食物もあたえられず、両班が要求する額を支払うまで鞭打たれる。両班のなかでもっとも正直な人たちも、多かれ少なかれ自発的な借用の形で自分の窃盗行為を偽装するが、それに欺かれる者は誰もいない。なぜなら、両班たちが借用したものを返済したためしが、いまだかつてないからである。彼らが農民から田畑や家を買う時は、ほとんどの場合、支払無しで済ませてしまう。しかも、この強盗行為を阻止できる守令は、一人もいない。」
「両班が首尾よくなんらかの官職に就くことができると、彼はすべての親戚縁者、もっとも遠縁の者にさえ扶養義務を負う。彼が守令になったというだけで、この国の普遍的な風俗習慣によって、彼は一族全体を扶養する義務を負う。もし、これに十分な誠意を示さなければ、貪欲な者たちは、自ら金銭を得るために様々な手段を使う。ほとんどの場合、守令の留守のあいだに、彼の部下である徴税官にいくばくかの金を要求する。もちろん、徴税官は、金庫には金が無いと主張する。」
「すると、彼を脅迫し、手足を縛り手首を天井に吊り下げて厳しい拷問にかけ、ついには要求の金額をもぎとる。のちに守令がこの事件を知っても、掠奪行為に目をつむるだけである。官職に就く前は、彼自身もおそらく同様のことをしたであろうし、また、その地位を失えば、自分もそのようにするはずだからである。」

高知のマホ(複眼の魔法使い)  ++.. 2018/03/22(木) 04:58 [14984] [引用]

 

再度抜粋です。
「両班が首尾よくなんらかの官職に就くことができると、彼はすべての親戚縁者、もっとも遠縁の者にさえ扶養義務を負う。彼が守令になったというだけで、この国の普遍的な風俗習慣によって、彼は一族全体を扶養する義務を負う。もし、これに十分な誠意を示さなければ、貪欲な者たちは、自ら金銭を得るために様々な手段を使う。ほとんどの場合、守令の留守のあいだに、彼の部下である徴税官にいくばくかの金を要求する。もちろん、徴税官は、金庫には金が無いと主張する。」
「すると、彼を脅迫し、手足を縛り手首を天井に吊り下げて厳しい拷問にかけ、ついには要求の金額をもぎとる。のちに守令がこの事件を知っても、掠奪行為に目をつむるだけである。官職に就く前は、彼自身もおそらく同様のことをしたであろうし、また、その地位を失えば、自分もそのようにするはずだからである。」

高知のマホ(複眼の魔法使い)  ++.. 2018/03/22(木) 05:01 [14985] [引用]

 
上記のマリ・ニコル・アントン・ダブリュイ『朝鮮事情』からわたしがこんな結論を出すのはアパルトヘイトになるのか?、それとも歴史的事実なのか?
、『両国とも血縁国家ですね。「大統領が一族から出たら一族みんなが潤って何が悪い!!」という考えから抜け出ていない人がいる・・・。』⇒ここまでは分析ということでいいかな?
『というか、一見民主化したようにみえるけれど、中身には相変わらずの血縁国家で、権力を手に入れると本姓がむき出しになるのですね。 韓国は民主主義を道具としか見ていないのではないかと疑いたくなります。嗤』
という部分はアパルトヘイトなのですね。

ここは「韓国の支配階級は、民主主義を道具としか見ていないのではないかと疑いたくなります。嗤」とすべきところですね。

高知のマホ(複眼の魔法使い)  ++.. 2018/03/22(木) 05:10 [14986] [引用]

 
14197きしめんさん記事からの抜粋です

➀=(金・地位・名誉)の亡者=倫理観がない。=超リアリストなので目的達成のためなら何でもする
日本も同じようなもの。
中国産うなぎの日本産偽装は土用牛の季節行事。
神戸牛が宮崎牛だった、エビ。アワビの産地偽装も年中行事。
船場吉兆の話もあった。
北海道農協は何度バレても懲りない。

工業については、神戸製鋼、旭化成、三菱マテリアル、日産、三菱、スバル等の偽装問題最近は宇部興産、その他忘れたが各種ごまかし問題。
期間も長期にわたる。

高知のマホ(複眼の魔法使い)  ++.. 2018/03/22(木) 05:14 [14987] [引用]

 
血縁を優遇するのは洋の東西を問わない!
そろそろ血縁社会から新たな家族社会へと脱出すべき時期と考えているけれどどうか。喝!
その点トランプなんぞ目も当てられん。多分ロシアはもっとひどいし、中国はもうでたらめだね。彼らと比べると、安倍なんか、かわいいもんだね。
他国は国家ぐるみでやってくる。言ってみれば「追いはぎ国家」である。日本が追いはぎ国家の仲間入りすることを是とすべきかというと、日本のトップ集団は追いはぎ国家には追いはぎ国家として対応するぐらいに複眼政治集団となるべく訓練してもらいたい。それが国益を守る、今のところ唯一の政治手段である。

高知のマホ(複眼の魔法使い)  ++.. 2018/03/22(木) 05:24 [14988] [引用]

 
> 上記のマリ・ニコル・アントン・ダブリュイ『朝鮮事情』からわたしがこんな結論を出すのはアパルトヘイトになるのか?、それとも歴史的事実なのか?
> 、『両国とも血縁国家ですね。「大統領が一族から出たら一族みんなが潤って何が悪い!!」という考えから抜け出ていない人がいる・・・。』⇒ここまでは分析ということでいいかな?
> 『というか、一見民主化したようにみえるけれど、中身には相変わらずの血縁国家で、権力を手に入れると本姓がむき出しになるのですね。 韓国は民主主義を道具としか見ていないのではないかと疑いたくなります。嗤』
> という部分はアパルトヘイトなのですね。

なんか難しいことを言いたそうですが、意味が通じない。
そもそも「アパルトヘイト」とは、アフリカーンス語で「隔離」を表す言葉。一般的には、南アフリカの隔離政策を指します。綴りを書けば、「Apartheid」

一方、「ヘイトスピーチ」とかのヘイトは、英語の憎悪等を表す「Hate」


なんかおかしいよ  ++.. 2018/03/22(木) 11:51 [14989] [引用]

 
韓国が気に入らなければ「ヘイト」
これは公式、これを崩すことはできない。

たとえば、「朝鮮半島」この朝鮮が差別だ、韓半島にすべきだ、とある新聞の投稿欄で載っていた。
「金嬉老」日本から差別の限りを受けた韓国の英雄、これをただの殺人者というと、差別主義者(ヘイトの言葉はなかった)
これぞ韓国の英雄として、一部の日本人は、殺人者を韓国へ送り出した。

「趙 治勲」と云う人がいる。
本因坊戦10連勝という偉業を成し遂げた。
朝日新聞と韓国人は、この人を韓国の英雄とすれば、普通の日本人は納得し、尊敬するであろう。

よりによって「金嬉老」とはなあ。朝日新聞と韓国人は、気は確かか。

きしめん  ++.. 2018/03/22(木) 22:02 [14990] [引用]

 
諸悪の根源は朝日新聞

平昌オリンピック
@テレ朝の報道は、高木選手がフライング、羽生選手の演技は2番煎じ、とか。
むかつく報道ばかり。

ACBCでは、韓国でも日本人選手の検討をたたえる声を紹介していた。
君が代を放送し放送局もあったとのこと。
韓国人は、優勝した国の国歌を流すのは当然だろう、という反応。
日本では、君が代を聞くと胃痙攣をおこして入院する人もいると云うのに。

@とAでどちらが韓国に親しみを抱くか。

毎度、韓国報道は、むかつく報道ばかり、が多い。
これでは、双方のヘイト合戦はなくならない。

きしめん  ++.. 2018/03/22(木) 23:08 [14991] [引用]

 
日韓の仲の悪さは異常なほど、世界1ではないか。
昔は喧嘩、今は憎悪の世界。
その原因は。

きしめん  ++.. 2018/03/23(金) 07:28 [14992] [引用]

 
クリックで拡大表示 ( .png / 119.9KB )

元々地域対立がある国柄なのですかね?
大統領当選者は慶尚道と全羅道の地域差別に由来しているように見えます。
全羅道出身者は差別にさらされることが多かったらしい。

高知のマホ(複眼の魔法使い)  ++.. 2018/03/24(土) 02:50 [14993] [引用]

 
クリックで拡大表示 ( .gif / 8.3KB )

こんな地図もあります
高知のマホ(複眼の魔法使い)  ++.. 2018/03/24(土) 02:52 [14994] [引用]

 
北は元々高句麗という国が支配することが多かったが、今は南北に分断されているので3国の対抗というか差別が表に出ていないだけですかね?
南では百済(=全羅道)新羅(=慶尚道)が地域的に対立しているのが目立っているように思えます。一見民主主義運動のように見えるけれど歴代大統領の引きずり下ろしあいをしているだけという見方もできるようです。

高知のマホ(複眼の魔法使い)  ++.. 2018/03/24(土) 03:02 [14995] [引用]

 
在日の芸能人の90%の祖先は両班。
後の10%は? それがどうした、そんなことはどうでもいい。
このように思う人はおそらく親日。
なぜ、世界で悪辣振りが知られている、両班の祖先を誇りに思うのか。

何故か?を考えることに興味がある。

私の解釈は、日本のその方面の方々が、両班を貴族とか持ち上げたため。

きしめん  ++.. 2018/03/24(土) 23:42 [14996] [引用]

 
韓国では、全羅道に娘をやるなら、チョッパリにやった方がまし。
これは今でも語られていることらしい。
なぜか。
白村江の戦いになぜ日本は大軍を送ったのか。
百済は日本の飛び地ではなかったのか、だから、上記のような話があるのではないか。
日本人がこれを言うとヘイト。

両班を貴族と持ち上げたのは、武士は野蛮――>日本人は野蛮、と貶めるため。

きしめん  ++.. 2018/03/24(土) 23:56 [14997] [引用]

 
歴史的に、韓国は気の毒な国。
常に、大陸の軍事大国と、隣には日本という軍事大国がいる。
元とか清国の侵略を常にうけ、富を根こそぎ持って行かれた。
それが常態の歴史。
韓国を語るには、これを忘れてはならない。
みずほ、田嶋陽子は、賢すぎて考える事ができないので、結果的に韓国をバカにしていることに気がつかない。

きしめん  ++.. 2018/03/25(日) 00:06 [14998] [引用]

 
 【ソウル=岡部雄二郎】韓国のソウル中央地裁は22日夜、検察が請求した李明博イミョンバク元大統領(76)に対する収賄容疑などでの逮捕状を発付した。
 検察は李容疑者を逮捕した。韓国の大統領経験者が逮捕されたのは、公判中の前大統領、朴槿恵パククネ被告(66)に続き、史上4人目。

さてこれをどう評価したらいいのだろうか?

@・韓国国民は素晴らしい!権力者を弾劾し悪を悪として正し国民の義務を果たす極めて有能な人たちである。

Aアホクサ!またやっとるわい。今の大統領は革新系で、朴や李は保守系だったかな?廬武鉉が自殺に追い込まれた報復ともいわれている。もとをたどると結局、百済(=全羅道)と新羅(=慶尚道)の対立で、結局はうまい汁を吸った前政権を許さない若しくは次は自分たちがうまい汁を吸う番だ!といっているだけではないのか??

この問題は韓国という国の内政問題なので日本が口出しすべきではないという言い分もある。しかし、そんな方法では日韓のいがみ合いは解決しない。内政不干渉と言えば聞こえはいいが、単に臭い物に蓋をするというだけのことである。日韓融和の第1歩として、韓国国民が何とかすべき問題だと思う。

高知のマホ(複眼の魔法使い)  ++.. 2018/03/25(日) 05:46 [14999] [引用]

 
国際社会の包囲網に風穴を開けたい北朝鮮、南北首脳会談を実現して得点につなげたい 文在寅大統領が率いる韓国、北朝鮮に圧力をかけ続けて核・ミサイルの放棄を迫りたい米国
この辺りの論評が適切だと思う。

で、金大中⇒廬武鉉⇒文在寅ラインでマネーを南から引き出すことができそうだと金正恩は考え行動しているということだろう。

高知のマホ(複眼の魔法使い)  ++.. 2018/03/25(日) 06:18 [15000] [引用]

 
金正恩はよっぽど金に困っているという見方もできそうだ。
それとも韓国はよほど、金大中⇒廬武鉉⇒文在寅ラインで金正恩になめられているのか。

高知のマホ(複眼の魔法使い)  ++.. 2018/03/25(日) 06:23 [15001] [引用]

 
14999の@
アサヒ系の日本人は、この現象を民主主義の成熟した社会、と称賛している。(特にパククネ大統領の弾劾時のろうそくデモにおいて)
それに引き換え、日本では、安倍は国難、アベガーアベガー云々。
民主主義は韓国以下。

日本のグダグタで、韓国を持ち出すな、という感覚の人もいることであろう。呉善花さんとか。

日本でも、元総理の鳩山さんが、各国をまわって日本を貶めているのを許しているぞ。
韓国はこれができるか。


きしめん  ++.. 2018/03/25(日) 23:38 [15004] [引用]



 


     + Powered By 21style +