ロッジ山旅 掲示板&山行記

山や山の本のことなど、別に何を書き込もうがかまいませんが、場にそぐわない内容(政治・宗教など)の投稿は管理者の一存で削除します。
画像を載せる場合はサイズを300KB以下に落としてください。掲載された写真をクリックすると大きく見ることができます。




ホーム 携帯用 過去ログ/検索
名前  
Mail   URL
題名色
文字色
タイトル   簡単タグ入力
添付  
フォームに保存  プレビュー       削除キー(半角英数字) 


 ネパール「ムスタン王国」へ    ..横浜ワイワイ     返信
      2024/05/19(日) 18:40  No.7053
 
 
.jpg / 128.3KB
今まで2泊3日のトレッキングでしか行けなかったが、道路ができ
ジープで歩かないでも行けるようになった。そのフレーズに自身
の心肺機能に不安があるものの、説明会に行き参加を決め、連れ合いの同行を説得した。

カルガンダキ(川)の河底から、ジョムソン街道のオフロードを8つの峠(含む4010m)越えをして、城塞都市「ローマンタン」まで辿り着いた。行けども行けども続く乾燥した山地は月の表面に居るような景色だった。
ジョムソン(2700m)での宿の寒さから、標高が上がるにつれて強い
西風と土埃、未整備で足場の悪いゴンパの階段、空気の薄さに私は体調を崩し、期待していたローマンタン・ゴンパの曼荼羅拝観も割愛して一人宿で休むを選択。

やっとこさ日本に帰国したら肺炎の診断。今は回復途上だが体力を消耗してしまったツケかどうもスッキリしない。
ネパール行きのいきさつで「富田さんを送る会」に出席できず心残りがある。
6月には「ロッジ山旅」の新装なったカフェ&ギャラリーを訪れてゆったりと楽しむつもりです。泊まりなので場をお借りして長沢さんに伺いながら、同行の面々と偲びたいと思っています。

写真は、帰途も九十九折の土埃の大地をジープを走らせた凄腕の現地ドライバーさん達。
2枚目は宿から歩いてジョムソン空港まで、商店街の途中からニルギリ峰(7061m)に朝日が輝いていた。


 Re:ネパール「ムスタン王国」へ    ..横浜ワイワイ    
        2024/05/19(日) 18:44  No.7054
 
 
.jpg / 70.4KB
ジョムソンkらみたニルギリ峰

 Re:ネパール「ムスタン王国」へ    ..山旅    
        2024/05/20(月) 08:30  No.7056
 
 
海外遠征とはすばらしい、私にはその発想すらありません。

山が神々しいですなあ。あちらの山は彫刻、我が国の山は絵画といった感じがします。

6月には土産話を楽しみにしております。好天だといいですね。



 訃報    ..山旅     返信
      2024/03/15(金) 09:04  No.6972
 
 
この掲示板ではおなじみの、おとみ山、富田雄一郎さんが、昨日逝去されました。ご遺族やご親戚とはまったくお付き合いがないので、今後の詳細については今のところ不明です。

突然のことでとまどうばかりですが、故人の遺徳をしのびつつ、謹んでご報告申し上げます。


 Re:訃報    ..名古屋のN    
        2024/03/15(金) 14:41  No.6973
 
 
昨日の「木喰上人」山行に参加、朝の集合場所の甲斐大泉駅前に着くと、「富田さんから参加やめておく」との連絡があったとのこと。掲示板にもあった腰の用心で、3週間後の「NEO-OSSO」(根尾越卒)計画参加をにらんでのことと‥理解‥。

今朝、ロッジの朝食にと食堂に入って、「昨夜訃報の一報が」と知らされ‥。「そんなバカな」と絶句。茫然‥。まだ事態を受け止めることができません。合掌‥。



 Re:訃報    ..やまんば    
        2024/03/15(金) 15:20  No.6974
 
 
余りに突然のことで動揺しています。実は,この1〜2週間の間に,普段はお電話することがない富田さんと電話でお話して、神戸のN女史をお訪ねして六甲山系を歩くご相談をしていました。日程も決めたところでした。では.3/21の木曜山行でお目にかかりましょうと、話が弾んで電話を終えたのでした。
こんなことが起こるなんて、、、


 Re:訃報    ..湘南のA    
        2024/03/16(土) 07:00  No.6975
 
 
富田さんへ

数年ぶりの再会を果たしたのは、つい3週間前でした。なつかしい話にお互い、声も身振りも大きくなりがちでしたね。
ロッジの新しいギャラリーとカフェを、楽しみにされていました。
掲示板の品格あふれる文章、はじめて知る言葉も多く、すぐググッたものです。
ときにくすっとして何回も読み返し、素晴らしい写真に、山梨の絶景が広がりました。
いつも楽しみにアクセスする掲示板、それが今日は・・・・・・

雪の上でごちそうになったホットワインのおいしかったこと・・・忘れられません。まだお礼をお伝えすることはできません。急すぎます・・・


 Re:訃報    ..残された高齢独居の黄昏老人    
        2024/03/17(日) 07:36  No.6976
 
 
この掲示板見て「驚愕・愕然!」で言葉もない。おとみ山氏とは同じ高齢独居の東京移住人として隔週「相互安否確認」方々電話交信してました。

14日の木曜山行前日の13日午前中の会話では「昨日の雪かきで腰を痛めた。木曜山行は参加の予定だが・・」「家の前の雪かきはやらないと車出せませんよね。スロープなので体力いるし腰も痛める。言ってくれれば手伝いに行ったのに・・温泉で腰痛対策したほうがいい」「うん。そうしよう」なんて言ってました。翌日の木曜山行は当日断念したのでしょう。

あの御年にしてパワフルな余生の過ごし方に同じ高齢独居者として人生の「師」として教えて頂くことが多かった。開高健論、後白河法皇、一休禅師などの生きざまなどインテリズムに溢れた話を格調高く教えてくれました。我々若輩に対しても決して高ぶることなどなく礼儀・礼節に富んだ立ち振る舞いは忘れることなど出来ません。当分受け入れることは不可能であります。

氏の口癖の一休禅師の「人生は有露地より無露地へかえる一休み 風吹けば吹け 雨降らば降れ」合掌!!


 Re:訃報    ..梟マム    
        2024/03/17(日) 12:12  No.6981
 
 
あまりの衝撃に言葉もありません。
木曜日から旅に出ていましてその途中、Kさんから電話で、Sさんからメールでお知らせいただきました。
旅を中断して八ヶ岳に行こうかと一瞬思いましたが、すべもなく今この掲示板で皆さまと同じ思いを共有して心を落ち着かせています。
唯一の救いは八ヶ岳の懐で苦しまずに逝かれたことでしょうか。
ご冥福をお祈りいたします。合掌


 Re:訃報    ..山旅    
        2024/03/17(日) 13:14  No.6982
 
 
.jpg / 170.6KB
多くの方々からお声をいただいて、富田さんの交遊の広さがしのばれます。

明日、甥御さんが住職をされている、東京麻布の大法寺にてご葬儀だそうです。身内のみで執り行うとのことなので、我々は遠くからご冥福をお祈りすることにしましょう。


 Re:訃報    ..江戸川区のS    
        2024/03/17(日) 15:25  No.6983
 
 
思わずえっと声をあげてしまいました。
昨年秋の木曜登山でご一緒させていただきました。
初対面の初心者のわたしにもとても気さくにお話してくださって、ほんとうに心温まる楽しいひとときを過ごしました。
大切な思い出の1ページです。
お会いできて、ありがとうございました。
またお会いするのを楽しみにしていました。
ご冥福をお祈り申し上げます。



 Re:訃報    ..鉄人M    
        2024/03/17(日) 21:24  No.6984
 
 
富田さん。

数日が経った今も、まだ信じることが出来ず呆然としております。

木曜山行でご一緒した機会は決して多くはなかったのですが、私にとっては、同じ学窓の大先輩として、かけがえのない大きな存在でした。

どうか、心安らかにご帰天くださいますよう…

ご葬儀は明日、麻布のお寺で…とのこと。
私ども夫婦、同じ東都に住まう片隅からお見送りをさせていただきたいと存じます。

改めまして、合掌。


 Re:訃報    ..横浜ワイワイ    
        2024/03/18(月) 01:02  No.6985
 
 
所用で出かけていて、帰宅して自分のパソコンでルーティンの山旅掲示板を開き目が点になりました。即、妻に大声で知らせると「ギャー」「ウソー」といって即座に自分用のパソコンで確認していました
 
 我々にとって、山旅では何回となくお世話になり、その人となりについて知れば知るほど超人のような方で、彼岸には最も遠い人だと常々思っておりました。言葉がありません。

 米寿近くに息子がプレゼントした帽子を木曜山行の際に被った写真を拝見し、義理堅く、心温かな人柄に幸せを頂きました。、我々凡人にとっては得難い先輩でした。
 私にとっては燈台のような方で、道しるべを失いました。


 Re:訃報    ..名古屋のN    
        2024/03/18(月) 07:50  No.6986
 
 
.jpg / 170.9KB
まだまだ気持ちが落ち着きません。

まるでそのために準備してあったかのような「おとみ山を偲ぶ旅」。昨年5月の恵那の山旅といい、巡り合わせの不思議‥。

1月25日の「木曜山行」、富田さんと最後にご一緒した、天女山〜天の河原南陵を歩き下った折の写真を‥。

合掌


 Re:訃報    ..山旅    
        2024/03/18(月) 09:30  No.6987
 
 
.jpg / 279.7KB
長年にわたって、この掲示板をにぎわせてくれたおとみ山の最後の投稿がこの下にあって、それがつい1週間前のことなのだから胸を突かれます。なんとも急で、あっけないことでした。

そこには「途中離脱も」なんて書いてあって、山の途中で離脱されても困るなあと思っていたのでしたが、結局、山には行かないことになってそれはなくなったものの、まさかこの世から離脱しちゃったとはなあ。

先週の木喰の里への山歩きは去年の冬にも出かけていて、むろんおとみ山も一緒でした。私の考えた、誰も歩く人なんかいないコースです。歩いている途中、だれが置いたのか、木喰上人の彫った木像を模した陶器のお面が地面にありました。

「富田さん、これをかぶってくださいよ」と頼んで撮った写真が添付のものです。このお面は私が持ち帰り、ロッジ山旅の壁に今でも飾ってあります。

思えば木喰さん並みの体力だったなあ。


 Re:訃報    ..森の豚    
        2024/03/18(月) 09:37  No.6988
 
 
富田さんの突然の訃報を聞き、愕然としています。
昨年の6月から木曜山行に参加させていただく様になり、最初の富田さんとの出会いは9月の小日向山(高松山)でした。
その日は富田さんの誕生日で、山頂でお祝いをしたのを思い出します。
人に対する思いやりや、色々な事に興味をお持ちのその気持ちに、初めてお会いした富田さんに心酔いたしました。

天国で皆さんに愛されて過ごされる事でしょう。
改めてご冥福をお祈りいたします。


 Re:訃報    ..塩山のF    
        2024/03/18(月) 14:29  No.6989
 
 
何をどの様に書いていいのか分かりません。
大変ご無沙汰している山旅さんの掲示板を見て言葉もありません
山も音楽も大好きだったおとみ山さん とっても博識で 色々教えていただきました。
もう一度お会いしたかったです。
ご冥福をお祈りいたします。


 Re:訃報    ..生まれも育ちも八ヶ岳麓    
        2024/03/18(月) 21:29  No.6991
 
 
富田さん、ありがとう

ここ数年、木曜山行にご無沙汰してます。
山歩きが未熟な私に優しく声をかけてくださり、とてもお世話になりました。
動けなくなったら、私が働いている施設に『入れるかなあ…』なんていうものですから、もちろん優先入所…なんて思っていたのに。
恩を返すことなく旅立ってしまった富田さん。色々とありがとうございました。合掌


 Re:訃報    ..名古屋のN    
        2024/03/18(月) 22:25  No.6992
 
 
.jpg / 122.0KB
富田さんとの木曜山行の思い出‥。

昨年の10月13日、これも八ヶ岳。御射鹿池〜八方台。


 Re:訃報    ..nakata    
        2024/03/24(日) 11:58  No.6996
 
 
FM八ヶ岳でご一緒させていただきました。
4月からはスケジュールが入っていなくて、とても寂しい思いをお伝えしました。
今日が最後の収録って時にお話しをしましたが、
普段と変わらずパワフルな方、と聞き入っていました。
ご冥福をお祈りします。


 Re:訃報    ..QQ横浜    
        2024/05/19(日) 18:11  No.7052
 
 
5月になって富田さんがお亡くなりなったのを知るとは...
痛恨の極みです。
木曜登山で元気に山を歩いておられるとばかり思っていたのに...

ご冥福をお祈りします。



 Re:訃報    ..山旅    
        2024/05/19(日) 22:05  No.7055
 
 
便りがないのがなんとやらといいますからね。富田さんと、ヨーロッパまでコンサートを聴きに出かけたのではなかったでしょうか。いい想い出ですね。


 山旅ギャラリー&カフェ 臨時休業のお知らせ    ..山旅     返信
      2024/05/18(土) 17:03  No.7051
 
 
.jpg / 54.6KB
明日19日は所用により休業します。


 おとみ山を偲ぶ会ー神戸版    ..やまんば     返信
      2024/05/18(土) 05:39  No.7045
 
 
.jpg / 48.8KB
昨日、おとみ山を慕う有志が、神戸のN女史のお宅に集まって,富田さんを偲びました。FM八ヶ岳5/6放送アーカイブから富田さんの声が流れ、長沢さんのお話をじっくり聴きながら,思い出に浸るひと時を過ごしました。
その後は,近所の焼き鳥屋に繰り出して賑やかに会食!
Nさんの不調は、富田さんの急逝の衝撃によるものです。彼岸の彼方から呼び寄せないで下さいね。Nさんには来月、無事に越卒となっていただきたいものです。


 Re:おとみ山を偲ぶ会ー神戸版    ..山旅    
        2024/05/18(土) 08:15  No.7046
 
 
皆さまお楽しみで何よりです。神戸の焼き鳥屋とはうらやましい限り、おとみ山も、こんなに何度も偲んでもらって果報者ですね。

せっかく思いついた「NEO-OSSO」、秋にでも行けたらいいなあと思案しております。


 Re:おとみ山を偲ぶ会ー神戸版    ..N女史    
        2024/05/18(土) 12:35  No.7047
 
 
昨日、ラジオでおとみ山さんの声を懐かしく聴きました。早く呼んでほしい!

 Re:おとみ山を偲ぶ会ー神戸版    ..N女史    
        2024/05/18(土) 13:16  No.7049
 
 
と、言いながら、きょうは、T山さんやまんばさんと六甲山系を歩いています。

 Re:おとみ山を偲ぶ会ー神戸版    ..山旅    
        2024/05/18(土) 16:17  No.7050
 
 
おとみ山に呼んでほしいとはとんでもない。おとみ山は、まだまだ遊ぶつもりだったのに、心ならずも向こう岸に行ってしまったのですから、その分まで遊んでもらわねばなりませんぞ。待たせときゃいいんです。


 八千穂高原で新緑&山菜を楽しむ    ..山旅     返信
      2024/05/16(木) 21:15  No.7044
 
 
.jpg / 48.8KB
この時季、山菜目当ての八千穂高原通いを数えてみたら6年目となる。そんなものかなあと思うのは、山菜以外でもせっせと通っているからであろう。四季それぞれの八千穂高原の魅力が格別だからである。

ご常連Tさんに聞いたといって電話をかけてきたのは横浜のIさん。今日の木曜山行に参加してみたいという。今週は八千穂高原に行くことに決まっており、つまりは登山というよりは高原散策みたいなものだ、それに、道のないところも歩きます、そんなことでもよろしいかというと、まったくお任せだと言う。それで前泊で初見参のIさん、そして森ノブタさん、そして私の3人での出発となった。

朝方の霧雨も、松原湖を横目に見るころにはあがって、八ヶ岳の峰々も行く手に現れた。毎年見ている私が、相も変わらず、ああいいなあと思う八千穂高原の新緑を初めて見るIさんはどうやら感激の極みらしい。

勝手知ったるコースも、年々笹の侵食がすすんで、初めての人なら道がわからなくなりそうな部分もあった。

山を歩くなんて10年ぶりだというIさんは、それにしてはしっかりとした歩きっぷりである。途中で年齢を聴いてびっくり、もっとお若いと思っていたのである。

それで、下るつもりでいた急斜面のルートを変更し、少々遠回りでも傾斜の緩い山腹を下ることにした。とはいっても道などない。こんなところを歩くのは初めてであろう。

今年は季節が早いので、例年より10日早い八千穂行としたのが正解で、いつもどおりではもう遅かったと思う。

大収穫を肴に、皆さん今宵は一杯やっているかな。お疲れ様でした。





 


RSS     ++ 21style BBS ++