ロッジ山旅 掲示板&山行記

山や山の本のことなど、別に何を書き込もうがかまいませんが、場にそぐわない内容(政治・宗教など)の投稿は管理者の一存で削除します。
画像を載せる場合はサイズを300KB以下に落としてください。掲載された写真をクリックすると大きく見ることができます。




ホーム 携帯用 過去ログ/検索
名前  
Mail   URL
題名色
文字色
タイトル   簡単タグ入力
添付  
フォームに保存  プレビュー       削除キー(半角英数字) 


 山と溪谷2021年10月号    ..山旅     返信
      2021/09/14(火) 16:01  No.6076
 
 
.jpg / 57.2KB
「季節の山歩き」で横尾山を担当しました。

http://www.yamakei.co.jp/products/2821901563.html



 渡辺隆次 胞子紋の世界展    ..山旅     返信
      2021/09/12(日) 16:26  No.6075
 
 
.jpg / 159.0KB
本日より小淵沢フィリア美術館にて渡辺隆次さんの展覧会が始まりましたのでお知らせします。
https://www.philia-museum.jp/kikaku/2021/watanabe_ryuji_2021.html



 和田峠越え    ..山旅     返信
      2021/09/11(土) 09:26  No.6073
 
 
.jpg / 229.1KB
雨天で順延したおかげで好天に恵まれて正解で、都合がつく人が増えて盛会になったひと月ぶりの木曜山行だった。

木曜日が曇りの予報に、それでも楽しめるだろうと計画した中山道歩きだったが、展望主体の山歩きではなくとも天気がいいのに越したことはない。久しぶりに気温が高くなって、登りでは少々汗はかいたものの、終始木漏れ日の中では肌がじりじりすることもなく、なんとも爽やかな緑陰の峠道歩きになった。

最初は峠道の北側をつまみ食いするつもりでいた計画も、名古屋のNさんが車を出してくれるというのでは、このチャンスを逃すまじと、西餅屋から東餅屋へ、和田峠越えの正念場とも言える部分を完全に平らげることにしたのである。

今回、初めて峠越えをしてみて、全線にわたる道の良さには感嘆した。道はほぼ丈が短く柔らかい草で覆われ(峠の北側は添付写真のような道が終始続く)、特に下りでの足への負担がまったくといっていいほどなかったのは、病気で足に不具合のある私にとってはありがたかった。

東餅屋の峠道入口にある案内板によると、幕末、皇女和宮が徳川家持へ降嫁する際には、4日間にわたって延べ8万人がこの峠道を越えたとある。それだけの大行列は稀だったとしても、五街道のひとつだもの、相当数の人間が毎日この道を歩いていたのだろう。それが昨日はすれ違った人はただのひとりもいなかった。その落差を想うにつけ、こういった大街道の中でも、往時とさほど変わらないであろう山道を歩く価値はある。

今回、木曜山行には初参加だったHさんは、ロッジ山旅草創期から何度となくお泊りいただいたお客さんだが、8年ばかりご無沙汰だった。聞けばやっと自由の身になり平日に行動できるようになって木曜山行のことを思い出してくれた由。

Hさんと名古屋のNさんは前夜泊で、話すうちには、国語教師のNさんがアジア系の人たちに日本語を教えるときに使う教科書の出版社がHさんの勤め先だったことがわかり、これは奇遇と盛り上がったのだったが、その上、名古屋に共通の知り合いまでいることがひょんなことからわかったのである。まったく世間は狭いものである。そんな出逢いがあったことでも記憶に残る山歩きとなった。

参加の皆様、お疲れ様でした。


 Re:和田峠越え    ..名古屋のN    
        2021/09/11(土) 10:56  No.6074
 
 
.jpg / 173.4KB
旧中山道、「一日、山の中の道」という言葉遊びがあると知りましたが、歴史と文化の道を歩くのも、木曜山行の持ち味ですね。

一日順延で天候にも恵まれ、久しぶりの山歩きが楽しめました。Hさんとの巡り合わせの妙には、唸ってしまいました。お仕事の縁で、今は名古屋市内で、南インドの家庭料理の店をやっているTさんをご存知とは‥。こういう出会いも、木曜山行ならでは、です。



 今週の木曜山行    ..山旅     返信
      2021/09/06(月) 11:43  No.6068
 
 
久しぶりの木曜健康山行は、さほどの好天でもなさそうだし、展望などは二の次にして、中山道の和田峠北側をのんびりと登ってみようと思います。

 Re:今週の木曜山行    ..おとみ山    
        2021/09/07(火) 19:29  No.6069
 
 
7/29以来ですね。蛮勇を奮ってエントリーします。
お手柔らかにお願いします。和田峠から北へ? 三峰とは別ルート?
ふざけた陽気ですが、雨が落ちてこないことを願っています。


 Re:今週の木曜山行    ..山旅    
        2021/09/08(水) 11:03  No.6070
 
 
明日はどうやら午前中までは雨が残りそうで、ちょいと気勢がそがれます。そこで金曜日に順延することにしました。

 Re:今週の木曜山行    ..名古屋のN    
        2021/09/08(水) 15:43  No.6071
 
 
こんにちは。
金曜日なら、天気も良さそうなので久しぶりに参加します!
前日ロッジ泊で、山歩き後にゆっくり帰る予定にします。
車、出しますよ。


 Re:今週の木曜山行    ..山旅    
        2021/09/08(水) 16:31  No.6072
 
 
和田峠なら名古屋へ帰る途中と言えなくもないから、車を使わえてもらえばありがたい、考えていたのと違う、もっといいコース取りができます。

明日は気をつけてお出かけください。



 ご挨拶    ..赤沼正史 [URL]     返信
      2021/09/01(水) 13:51  No.6063
 
 
はじめまして。
昔の山岳会史などの調査で検索していて、こちらにたどりつきました。
5年ほど前に高根町長澤に別荘を買ってから、そちらの周辺のクライミングや里山歩きを楽しんでいます。
津金や御所平など、私にとっては貴重な情報が満載であちらこちら拝読いたしました。
ますますのご活躍に期待しております。
ご挨拶まで失礼します。


 Re:ご挨拶    ..山旅    
        2021/09/02(木) 08:16  No.6064
 
 
はじめまして。長沢とはご近所にお住まいなのですね。精力的にご活動されている由、今後ともよろしくお願いします。

「山岳巡礼倶楽部」は有名ですから名前は存じておりましたが、それにしてもえらく名前の印象が強いなあと理由を考えてみたら、私がもっとも大菩薩に足しげく通っていた80-90年代にかけて、頼りにしていた昭文社の大菩薩連嶺の地図が山岳巡礼倶楽部編だったのを思い出しました。その節にはお世話になりました。

私は、体調を崩している今ではかつてのように藪山に分け入るわけにはいきませんが、それでも体力に応じた静かな山をたまには歩いています。山の話くらいはできますのでお出かけください。


 Re:ご挨拶    ..赤沼正史 [URL]    
        2021/09/03(金) 10:31  No.6065
 
 
ご返信いただきありがとうございます。
体調を崩されているとのこと、心配です。
どうぞお大事になさってください。

山巡は古い会ですが、初期の会員は老齢化して減るばかり。
大菩薩の編纂メンバーもほとんどがあちら側です。

私の代を最後に会員募集もしなくなり、それでも会の名前だけは残そうと無理矢理ブログの名前に使っているような次第です。
今では山巡じじい会を名乗る数名で年齢に応じた山歩きをしたり、時には若い友人につきあってもらって冷や水クライミングをやってます。

それにしても素敵な山旅をされてますね。
山旅のスタイルと文章が秀逸です。
串田孫一さんの断想を読んでいるような錯覚に陥ることが何度かありました。
情報量、文章量が多いのでまだまだ楽しませていただけそうです。



 Re:ご挨拶    ..山旅    
        2021/09/03(金) 18:55  No.6066
 
 
おほめくださりありがとうございます。しかし書いたものから想像していた人物像とまったく違うのでよくがっかりされます。要するに、ほら吹きの酒飲みオヤジだったというわけです。

 Re:ご挨拶    ..赤沼正史 [URL]    
        2021/09/04(土) 10:27  No.6067
 
 
ほら吹きの酒飲みおやじ・・・いい響きですね♪
私もそこを目指して精進します。





 


RSS     ++ 21style BBS ++