ロッジ山旅 掲示板&山行記

山や山の本のこと、などなど、別になんでもかまいません。私(山旅)もなるたけ山日記風なものを書いておこうかなと思ってます。
画像を載せる場合はサイズを300KB以下に落としてください。掲載された写真をクリックすると大きく見ることができます。




ホーム 携帯用 過去ログ/検索
名前  
Mail   URL
題名色
文字色
タイトル  
添付  
フォームに保存  プレビュー       削除キー(半角英数字) 


 名古屋マダム2    ..あいあい     返信
      2018/09/18(火) 14:11  No.5061
 
 
山旅氏ハーレム状態の山旅号で初めての八ヶ岳近郊歩きでした。晴れ女ぞろいのはずが、ほとんど曇りだっだのは、また来いよ!というメッセージでしょうか。お腹をすかせて一時間ちょっとで三味線滝が見えた時清々しい気持ちでした。帰って翌日視力がよく、いつもよりはっきり見えたのはマイナスイオンのおかげ?ヨガをやっていても、時々は体も心も自然の中で開放することがいいのでしょうね。

 Re:名古屋マダム2    ..山旅    
        2018/09/18(火) 17:32  No.5062
 
 
クリックで拡大表示 ( .jpg / 207.7KB )
ありがとうございました。

そうです、あの天気は「また来いよ」のメッセージだと思います。視力が良くなったのは森林浴&マイナスイオンの効果があったのではないでしょうか。

今年の5月には、東京のヨガ教室の皆さんに野外でヨガをするのにいい場所はないかと頼まれ、写真の場所へと案内しました。新緑の下でのヨガも楽しいのでは。

またのお出かけをお待ちしております。



 水野小夜子さん追悼登山    ..山旅     返信
      2018/09/17(月) 10:02  No.5060
 
 
クリックで拡大表示 ( .jpg / 90.8KB )
水野小夜子さんと初めてお会いしたのは2002年の9月だったから、もう16年前である。そのときは横尾山への案内役を頼まれたのだった。以来、記憶に間違いがなければ2013年のカシガリ山まで、40回ほどの山行をご一緒した。最後にお会いしたのは一昨年で、さすがにそのときは山は見るだけになっていた。それもそのはず、大正14年生まれだというから90歳を過ぎていたわけで、そもそも最初にお会いしたときですら、すでに80歳に近かったことになる。

水野さんが亡くなったのはこの2月で、それを人づてに聞いたのが5月、息子さん夫婦も一度だけロッジ山旅に泊ってもらったことがあったので、遅ればせながらお悔み状をと思いながら機を逸した感じがして出さずじまいになっていたから、先日、息子さんから電話があったときには非礼を思ってしどろもどろになった。

山行の回数など数えたこともない私が水野さんとの山行を過去にさかのぼって調べることになったのは、その電話が、追悼登山をしたいから案内をしてくれないかという問い合わせだったからだった。その日までに過去の山から写真を一枚づつ集めてアルバムにして渡そうと考え、思い出し思い出ししながら選び出した写真が40枚近くになったのである。むろん遺漏はあると思う。

向こうから電話があったので実はほっとした。追悼登山をということなら便乗して供養ができるのだから是非もない。それが昨日のことで、ふだんほとんど山歩きをしないご夫婦だから、入笠山が適当かと考えた。お母上とは入笠山や大阿原湿原はもちろんのこと、高座岩、釜無山へも行っている。

この3連休初日は一日中雨だった。中日の日曜日は雨はなさそうだが深く霧の垂れ込めた朝で、これから展望が身上の入笠山日和になるとも思えなかった。しかし小淵沢を過ぎて信州に入ったとたんに青空が一気に拡がった。これは水野さんのおかげだなあと思ったのは、そう思ったほうが楽しいからである。

混み合う入笠山に登るだけなら芸がないので、木曜山行でも何度も歩いた入笠山周回コースを選んだ。マナスル山荘を過ぎると大阿原湿原まで滅多に人に出逢うこともないが、さすがは連休中だけあって、数人とすれ違った。

最後に登った入笠山では昼時をとっくに過ぎていたこともあって、たったふたりがいるだけだった。八ヶ岳のてっぺんまでは見えなかったが、富士も諏訪湖も少しづつ見え、予報からすると上出来の展望だった。息子さん夫婦が、いい追悼山行ができたと言ってくださったのは何よりだった。

写真は、2007年7月、「ああ気持ちいい」と入笠山山頂で寝転ぶ水野さんである。



 山の本 No.105(2018年秋号)    ..山旅     返信
      2018/09/15(土) 07:31  No.5059
 
 
クリックで拡大表示 ( .jpg / 183.5KB )
私の連載は、秋号ではここ数年、「山書探訪」という連載名からはいさかか離れて創作しております。さて今回の出来はどうでしょうか。こればかりは自分ではわかりませんが、「あることないこと」という題名だけはなかなかいい出来だと思っています。

http://www.hakusanshobo.co.jp/book/89475217/index.html



 名古屋マダム    ..パンお姉さん     返信
      2018/09/14(金) 16:18  No.5057
 
 
仲良しのヨガ仲間たちと大自然を山旅さんに案内してもらい、素晴らしい景色を見ることが出来ました。特にトリカブトの綺麗さには驚き、今も思い出に残っています。
また山荘でのお料理も珍しく美味しく頂きました。
そちらは早く寒くなると思いますが、お体にお気を付けください。
山旅さんご夫妻ありがとうございました。


 Re:名古屋マダム    ..山旅    
        2018/09/14(金) 18:29  No.5058
 
 
ありがとうございました。

今回はトリカブトばかりが目立ちましたね。5月半ばから6月にかけての高原はことのほか新緑と花がきれいですよ。展望のいい日にまた歩きたいですね。野外ヨガ教室も楽しいのでは。

またお会いできる日を楽しみにしております。



 山と溪谷 2018年10月号    ..山旅     返信
      2018/09/14(金) 15:09  No.5056
 
 
クリックで拡大表示 ( .jpg / 71.0KB )
「季節の山歩き」のコーナーで「カヤノキビラノ頭」を担当しました。
http://www.yamakei.co.jp/products/2818901002.html





 


RSS     ++ 21style BBS ++