ロッジ山旅 掲示板&山行記

山や山の本のことなど、別に何を書き込もうがかまいませんが、場にそぐわない内容(政治・宗教など)の投稿は管理者の一存で削除します。
画像を載せる場合はサイズを300KB以下に落としてください。掲載された写真をクリックすると大きく見ることができます。




ホーム 携帯用 過去ログ/検索
名前  
Mail   URL
題名色
文字色
タイトル  
添付  
フォームに保存  プレビュー       削除キー(半角英数字) 


 「ロッジ山旅」号乗り換え支援・緊急カンパのお願い    ..名古屋のN     返信
      2020/06/05(金) 18:50  No.5626
 
 
.jpg / 118.5KB
「木曜山行」はじめ、「ロッジ山旅」というユニークなこの宿を通じてご縁のあった方々に、標記のお願いをこの掲示板の場でいたしますことをお許し下さい。

世界を襲ったコロナ禍の深刻な影響は、ここ八ヶ岳南麓で20年にわたって営業を続けてきた「ロッジ山旅」にも想像以上の打撃を与え続けています。ゴールデンウィーク中にも、「木曜山行」参加のために宿泊もしましたが、県内の宿泊者に限っての営業にもかかわらず、期間中の宿泊者がほとんどいないという状況を伺い知りました。

「木曜山行」の常連の間で、ニッサンキャラバンの四輪駆動車という年季の入った「ロッジ山旅」号の買い換えが、その経済的苦境からもままならないことが話題にのぼっていました。故障したエアコンの修理も機種の古さゆえに不可能と聞き、来年2月の車検も控えて「木曜山行」存続の危機(!)だと、その有志の間で標記のカンパをしようという機運が盛り上がりました。

ロッジにご縁のある方々の置かれた状況もさまざまであるとは思いますので、できる範囲でのそれぞれのご厚志を結集して、この趣旨に賛同の方々から緊急のカンパをここに集めたいと思います。

カンパに協力できるという方は、「ロッジ山旅」までメールや電話でお知らせ下さい。送金先の口座番号を連絡します。この掲示板に、ご意見やお声もお寄せ下さい。

   2020年6月5日       山旅師匠の古い友人  名古屋のN


 Re:「ロッジ山旅」号乗り換え支援・緊急カンパのお願い    ..おとみ山    
        2020/06/05(金) 20:53  No.5627
 
 
中島さんからのタイムリーなご提案に、100%の賛意を表します。

個人的には2004年頃から、縁あって長沢さん企画の山行に参加するようになり、やがてその魅力にはまって、可能な限り毎週参加を決め込んで、今日に至っている訳ですが、お陰様で自分にとっての唯一の健康法である「木曜山行」は、自分の生活の中で大きな比重を占めています。

格別の恩恵を被って来た山旅号の窮状を見聞するにつれ、自然発生的に出て来た、この支援カンパの提案が何とか実を結んで、健康登山が末永く続くことを切に祈り、コロナ如きに負けてたまるかの気概を形に表す機会が、早期に実現することを願うものです。


 Re:「ロッジ山旅」号乗り換え支援・緊急カンパのお願い    ..やまんば    
        2020/06/06(土) 03:58  No.5629
 
 
趣旨に賛同します。来週は、木曜山行に参加する予定なので、詳細はその折に伺います。Nさん、ありがとうございました。


 Re:「ロッジ山旅」号乗り換え支援・緊急カンパのお願い    ..山旅    
        2020/06/06(土) 08:03  No.5630
 
 
まことにありがたいお申し出に、驚くやら恐縮するやらといった気持ちでおります。

先般、Nさんたちを乗せて目的地への山道を登っているとき、ちょっと傾斜が急になると自転車にも抜かれそうな速度になったり、途中で車を休めたいと言って休憩したりしたことが、山旅号について尋ねられるきっかけになりました。

去年の夏前、エアコンが故障して修理工場へ持って行ったが、車が古くて部品がないので修理不能と言われたこと。数年前に大きな修理をしてもらったが、結局はきちんと直っておらず、他の修理屋に訊いたら、もうだましだまし乗るほかないと言われ、長い坂道を登るときには途中で車を休ませなければならなくなったこと。平成7年式という古い車だから、製造後13年以上の車は毎年税金が重くなるというひどい税制のせいで、年ごとに自動車税が重荷になってきていること。などなどを話しました。

去年は、夏が終わればエアコンはさほど必要ないので、車検もまだ長く残っていることだし、動いていさえすればそのまま乗って、来年の夏までにまた考えればいいやと思っていたわけでしたが、コロナウイルス騒ぎで経済的に買い換えるどころではなくなったのでした。

命にかかわることで騒然としてる世の中なのに、まるで命にはかかわらないことでご助力いただくのを心苦しく思います。当然個々の事情もありましょう。直接のカンパということではなくとも、宿泊していいただいたり、山行に参加していただくことがもちろん助けてもらうことになります。どのようなご厚意にも伏して感謝申し上げる次第です。


 Re:「ロッジ山旅」号乗り換え支援・緊急カンパのお願い    ..井上 仁    
        2020/06/06(土) 09:25  No.5631
 
 
山旅号のカンパ賛同いたします。 
山旅さんの近くに11年ほど前から居を移しカミさんと犬とのんびり暮らしていますが、こんな我々のところにもありがたいことにお国から10万円もお小遣いが届きます。
このカンパに使えとのお達しでしょう。
ぜひ、新しい山旅号良い車を見つけて下さい。


 Re:「ロッジ山旅」号乗り換え支援・緊急カンパのお願い    ..鉄人M    
        2020/06/06(土) 09:28  No.5632
 
 
.jpg / 48.8KB
クラウドファンディングですね。

女房ともども、Nさんのご提案に双手を挙げて賛同したいと存じます。
ほんの"貧者の一灯"に過ぎないとは思いますが、協力させてください。

山旅さん、またマニュアルシフト車に巡り逢えたら素敵なことね…ですね。


 Re:「ロッジ山旅」号乗り換え支援・緊急カンパのお願い    ..山の絵描き    
        2020/06/06(土) 11:30  No.5633
 
 
名古屋のNさん、いいアイデアですね! 賛同です。
近々、ロッジに行きますので直接、お伺いしまーす。


 Re:「ロッジ山旅」号乗り換え支援・緊急カンパのお願い    ..なんちゃって市川山岳会    
        2020/06/06(土) 22:14  No.5634
 
 
緊急事態宣言は解除されても、経済が元通りに動き出すのは一呼吸もふた呼吸も遅れてですから、自営業の皆さんの体力も限界に近い状態にあると思います。
伺うたびに便利に乗らせていただいていた山旅号の現状については正確には知らなかったのですが、そもそもあたしの乗っている平成15年式レガシーツーリングワゴンを買い換えの際に下取りに出さず、長沢さんに差し上げると言って、2月に試乗までしてもらっていたのでした。
ショートストロークエンジンの宿命で、ターボ車でなくともスバルは大食いの上にハイオク仕様ではありますが、バルブのオーバーホールやクラッチディスクの交換も済ませてありますから車のコンディションは良好で、5人乗りではありますが、小型セダンのトランク並みの450リットルのルーフボックスもありますから、フル乗車でも十分以上の荷物も積み込めます。
ところが我が家にも少なからずコロナの影響があり、買い換えが進んでいないという状況です。
悪法のおかげで税金は高くはなるのですが、買い換えが進めば進呈という路線も変わりませんが、あたしも一口乗らせていただきたいと思います。


 Re:「ロッジ山旅」号乗り換え支援・緊急カンパのお願い    ..横浜YYです    
        2020/06/07(日) 10:09  No.5635
 
 
主旨に賛同! 一枚加わらせてください。
去る五月下旬には山旅号にお世話になるつもりでした。
県外外出が解けるのを待っています。
山旅号の窮状を教えてくださりありがとう。



 倉沢山    ..山旅     返信
      2020/06/05(金) 09:58  No.5625
 
 
.jpg / 193.9KB
毎度書いているように、4月から6月にかけての木曜山行は新緑を追いかけている。つまりは季節が進むにしたがって標高と緯度を上げていくわけで、6月ともなれば山梨では標高は1500mくらいより高いところに行きたい。そうすれば芽吹きのおそいミズナラなどがもっとも初々しい緑で迎えてくれる。

去年、奇しくもまったく同じ日に倉沢山を歩いた。https://yamatabi.info/2019f.html#2019f4
その数年前の秋に訪れた時、その樹林の良さに、これは新緑の頃に行かねばなるまいぞと思ったのをやっと実現させたのだったが、予想以上の美しい森を満喫した。自分が秋よりは春のほうが好きなこともあって、これはまたぜひとも新緑を見にまた行きたいなと思ったのをはやくも今年実現させることにしたのだった。去年も同行したおとみ山のリクエストノートにも挙げられていたので、他の人たちが初めてなら何ら問題はないどころか、その美しさには皆さん目を見張るだろう。

いいところは何度行ってもいい。ことに倉沢山の南から西に広がる斜面の美しさといったら、私の知るかぎり、伊那の入野谷山の西側斜面と双璧で、入野谷山と違うのは水の豊富さである。今回はまだつぼみが多かったが、山頂直下にいくつもの湿地があって、クリンソウの群落がみられるのがそれを物語っている。わずかに下るだけで水流の現れる小さな沢が数えきれないくらいある。

そんな森の中の一角に陣取ってのんびりと昼休みをした。ワインの1本も持ってくればよかったなとは途中で思いついたことで、ぜひ次の機会には持参してふるまいたいと思う。



 今週の予定    ..山旅     返信
      2020/06/02(火) 07:52  No.5623
 
 
.jpg / 127.9KB
今週の木曜日は、去年のちょうど今頃にも行って感激した、倉沢山のミズナラの巨木群をまた見に行きたいと思います。人の訪れのほとんどない、世にも美しい新緑の山を楽しみませんか。ごく軽いハイキングです。

中央線山梨市駅で合流可能です。


 Re:今週の予定    ..おとみ山    
        2020/06/02(火) 10:08  No.5624
 
 
「世にも美しい新緑」の8文字には弱い自分がいます。 ジャスト
1年ぶりの再訪嬉しいですね。地元名士の大嶽さんにも声掛けして見ますが、よろしくお願い致します。



 横山厚夫さんの「あの頃の人と山」    ..山旅     返信
      2020/05/23(土) 08:55  No.5617
 
 
横山厚夫さんから、「あの頃の人と山」に一年半ぶりに原稿をいただきました。50回まで続けてくださるそうで、どうぞご期待ください。まずは以下の3編を。


43.八風山から物見山、熊倉峰
https://yamatabi.info/yokoyamas43.html

44.向山
https://yamatabi.info/yokoyamas44.html

45.ゼブラ山、八島湿原
https://yamatabi.info/yokoyamas45.html


 Re:横山厚夫さんの「あの頃の人と山」    ..山旅    
        2020/05/26(火) 16:25  No.5618
 
 
.jpg / 138.7KB
あらたに2編を追加しました。懐かしやこの方も登場します。おっと失礼、まだバリバリの現役でありました。

吾妻小舎、鎌沼

http://yamatabi.info/yokoyamas46.html

綱子、舟久保

http://yamatabi.info/yokoyamas47.html

なお、横山さんのページは行間が少々狭くて読みにくいところがあったのを、ヒマにまかせてすべて見直し、修正しました。関東近辺のちょっと昔の山を語って、ネット上ではまず右に出るもののないサイトになっているかと思います。なかなか自由に山へ行けない今、ぜひともお楽しみください。

http://yamatabi.info/yokoyamaindex.html


 Re:横山厚夫さんの「あの頃の人と山」    ..山旅    
        2020/05/31(日) 21:21  No.5622
 
 
「鼻曲山」「石砂山西峰、川上ドッケ」「霧ヶ峰」の3編を追加し、これにて50編全部が揃いました。上のリンクからご覧ください。

たくさんの原稿をくださった横山さんには御礼申し上げます。



 コゴミ摘みと新緑の山歩き    ..山旅     返信
      2020/05/29(金) 15:22  No.5619
 
 
.jpg / 114.1KB
八ヶ岳の東側では、標高1700mくらいまでがすっかり芽吹いて、それより上のダケカンバなどの最後の新緑を待つばかりである。

去年もこの時季に、コゴミの収穫を目的に歩いて何とも気持ちよかったので今年も出かけたくなった。ただ、まったく同じルートでも面白くないので、ちょっとコゴミの畑まで登る方法を変えてみた。たどった尾根には、車道が通じるまでは、おそらく麓の集落からの径があったのだろうと思われるのは、字が判別できなくなった道標が残っているからである。

もっとも、道標はあるものの、ケモノ道以上の踏跡はもうない。途中にある伐採地では採りごろのワラビを摘みならがら登って、コゴミの畑を訪ねた。そこでちょうど昼となったので、収穫したり昼休みをしたりでたっぷりと時間をとった。

おのおの袋と胃袋を一杯にしたらあとはぶらぶらと新緑散歩である。ヒカリゴケの見られる風穴をのぞいたり、最後のおまけに笹薮も少々漕いで苦労もし、夕方のビールの味を良くした。むろん、それには収穫したコゴミやワラビがアテとして一役買ったのは言うまでもない。


 Re:コゴミ摘みと新緑の山歩き    ..H    
        2020/05/31(日) 09:00  No.5620
 
 
自由にさ迷い歩き採取する、羨ましい山歩きです。

片や私、山とは無縁になってしまった暮らしの中、本の中に山の憩いとロマンを求めています。今読書中は、堤隆著「遠き狩人たちの八ヶ岳」ほおずき出版です。

野辺山高原の草原で暮らし、八ヶ岳に黒曜石を採りに登っていた旧石器の人も、きっと新緑の頃はコゴミ・蕨採取もしたでしょうね。雪の飯盛山に登った三沢付近も旧石器人が暮した跡が眠っている。そして、当時も榛の木やハシバミがあったことが感動的です。
・・・ハシバミの実を採取して味わいたいです。
是非、季節を変えて何度もあの付近の登山計画をお願いします。



 Re:コゴミ摘みと新緑の山歩き    ..山旅    
        2020/05/31(日) 16:29  No.5621
 
 
もう、県内の山を歩くのに問題はないのでは。この美しい季節に歩かなくてはもったいないですよ。その気になったらお問い合わせください。




 


RSS     ++ 21style BBS ++