ロッジ山旅 掲示板&山行記

山や山の本のことなど、別に何を書き込もうがかまいませんが、場にそぐわない内容(政治・宗教など)の投稿は管理者の一存で削除します。
画像を載せる場合はサイズを300KB以下に落としてください。掲載された写真をクリックすると大きく見ることができます。




ホーム 携帯用 過去ログ/検索
名前  
Mail   URL
題名色
文字色
タイトル  
添付  
フォームに保存  プレビュー       削除キー(半角英数字) 


 すがぬまみつこさんの絵本『まきばへ』発売    ..山旅     返信
      2020/03/31(火) 16:06  No.5553
 
 
.jpg / 262.1KB
山仲間のすがぬまみつこさんの新しい絵本が完成しました。

すがぬまさんのことは、ロッジ山旅のサイトでもご紹介しております。https://yamatabi.info/suganuma.html

天女山入口からほど近いところにお持ちの山荘から、長年せっせとスケッチブックを背負っては牧場へ出かけた集大成がこの絵本と拝察します。

すがぬまさんの絵は人や動物が入るとがぜん生き生きとしますね。そんな絵が満載です。ぜひこの掲示板をご覧の皆さんにも読んでいただきたいものです。

購入ご希望の方は、下記のすがぬまさんのメールアドレスあてに、ご希望の冊数、住所、お名前、電話番号をお書きになって、お申し込みください。

mikko.8gatake@gmail.com(菅沼満子)

★ 絵本『まきばへ』 定価1600円+税160円 2冊までの送料370円(レターパックライト)

★ポストカード『まきばへ』 5枚入り Aセット、Bセット 、各700円

請求書を同封のうえ発送します。

なお、ロッジ山旅にも置いてもらう予定ですので、ご近所でお急ぎでない方は山旅のアドレスに申し込んでもらってもかまいません。


 Re:すがぬまみつこさんの絵本『まきばへ』発売    ..山旅    
        2020/03/31(火) 16:10  No.5554
 
 
.jpg / 102.2KB
さらには、絵本の発売にともなって、5月末より原画展が開催されます。こちらへも足をお運びください。

 Re:すがぬまみつこさんの絵本『まきばへ』発売    ..おとみ山    
        2020/04/03(金) 11:23  No.5557
 
 
菅沼さん、絵本『まきばへ』の完成と発売、おめでとうございます。

いつでも取りに行けるので、売店ロッジ山旅に一冊、予約させていただきます。絵葉書はその際、現物を見てからということで。

長沢さんも紹介されているように、菅沼さんが山の家に来られた時には、せっせと「まきば公園」に通って描きためた作品が満載。

絵本は「時代を超えて読み継がれる奇跡のメディア」とも言われます。コロナ騒動で、外出も極端にガマンを強いられている今こそ、
お馴染みの山々や豊かな自然風景を眺め、登場する動物たちの息遣いを感じながら、夢や想像力を更に膨らませ、心豊かに過ごすことが大切ではないでしょうか。

お孫さんや子供さんたちに読み聞かせのチャンスがある方は勿論のこと、そうでない〇〇高齢者の方々にも、育脳・甦脳効果間違いなしのこの絵本はお勧めですヨ。

以上、勝手宣伝マンの独り言で失礼しました。



 富士見高原日記 番外編    ..山旅     返信
      2020/04/01(水) 08:04  No.5555
 
 
.jpg / 219.2KB
昨日が退院後2回目の通院だった。前回と同じく、レントゲンで患部の様子を診た結果でその後のリハビリスケジュールが決まる。幸い順調で、骨折した足へ体重の3分の2をかけていいことになった。体重計を踏んで感覚をつかんだのち歩く練習をした。来週には全体重をかけてよくなると思う。

松葉杖からはまだ解放されないが、この段階からは左足を使うマニュアル車も運転できる。家に帰ってから、久しぶりに山旅号のクラッチを踏んでみると、ちょっとぎこちない感じがするが、すぐに感覚は戻るだろう。

それはさておき、診察のとき、ちょっと面白いことがあった。

レントゲン写真を見て、主治医が「おやっ」と言った。やばい、まずいことでもあったのかと一瞬思ったが、顔が笑っている。「当たりですよ」と主治医は続けたが、何のことやらわからない。

つまりはこういうことだったのである。私の骨折の手術では、折れた部分に金属のプレートをあてがってボルトで固定したのだが、このプレートには固有の刻印があるという。というのも、手術をした病院にはもちろんカルテに詳細が記録してあるけれども、必ずしも患者がこれからもずっと同じ病院にかかるわけではない。したがって、どこの病院にかかっても、過去にどんな治療をされたかがすぐにわかるようにしておく必要がある。そこで、手術をした時や金属の種類などがレントゲンを撮ったときにわかるように特殊な方法でプレートに刻印されているというのだ。

なるほど、手術後に医師から渡されたレントゲン写真のコピーを見ると、プレートの端に何やら文字が見える。数字は手術をした年と月ということだろうが、あとのアルファベットが何を意味するのかはわからない。

私のかかった整形外科では、余興といっては変だけれども、楽しいとはいえない入院や通院生活に潤いを与える意味で、月に一度この刻印で抽選会をして、当たった人には景品?を進呈しているというのである。ちょうど30日がその抽選の日で、私のプレートの刻印がたまたま当選したというわけ。

さて、当選者には個々に役立ちそうな物が進呈されるということで、私には現在装着しているのと同じサポーターが景品だった。これは保険外で買えば10000円もする代物である。手術後、風呂以外は四六時中ずっと装着していたから、そろそろベルクロが弱ったり、ゴムが延びてきていたりしたのでちょうどよかった。

というわけで、不幸中にもちょっとした幸いがありましたというお話でした。


 Re:富士見高原日記 番外編    ..山旅    
        2020/04/02(木) 09:46  No.5556
 
 
.jpg / 104.7KB
こんなときこそ笑いを。しかし万が一病院に問い合わせをする人が現れても困るので・・・・


 富士見高原日記17    ..山旅     返信
      2020/03/18(水) 18:49  No.5532
 
 
.jpg / 53.3KB
手術という言葉から想像されるのは、身体にメスを入れるということだろう。私の受けた手術もむろんそれで、皮膚を切開し、折れた骨をプレートで固定したのである。

切ったあとは傷口は縫うことになる。術後は、毎日ガーゼを替えて傷口の様子を見、消毒でもするのかと思っていたら、まったく何もしない。

今日、抜糸をしたが、それまで2週間、一度たりとも傷口に貼った絆創膏のような物を替えたことはなかった。リハビリの先生に訊いてみたら、自らの治癒力を高めるために、消毒などは極力しないのだとか。

そういえば、昔のように膝をすりむいたら、やれ赤チンやら、やれ消毒ということもなくなったように思う。傷口が消毒することもないなら、滅菌滅菌で世の中を清潔にしすぎるのもよろしくないのではと思う。

前々から私は、小学生以下は手洗いを禁止すべきであると冗談めかして吹いているが、あながち間違いではないと思っている。

抜糸はちょいと痛かったです。痛いと思っていなかったのでよけいに痛かった。

今日、お隣さんが他の部屋に引っ越したので、また大部屋独り占めとなった。

それはさておき、親父が臥せっている間に、コロナ騒ぎではなはだ変則的な卒業式ではありましたが、娘は無事に大学を卒業しました。この掲示板をご覧の皆様には、幼いころからお世話になったり、大学へ入ってからはダンス公演を観に行っていただいたりした方々が多くおられることと思います。この場を借りて御礼申し上げます。


 Re:富士見高原日記17    ..鉄人M    
        2020/03/18(水) 22:19  No.5533
 
 
ご卒業、おめでとうございます。
本当に嬉しい限りです。

渓様の輝かしき未来に幸多かれと、心から祈念してやみません。

https://www.youtube.com/watch?v=OOVOllNHSis&version=3&hl=ja%5FJP&rel=0


 Re:富士見高原日記17    ..山旅    
        2020/03/19(木) 10:33  No.5534
 
 
長年ありがとうございました。大学を卒業すれば就職して、ようやく親の手からも離れてほっと一息というところなのでしょうが・・・。まあ、自分の人生です。納得できるように生きてほしいものです。

フォーフレッシュメンとは久しぶりに聴きました。かつての卒業式には「仰げば尊し」と「蛍の光」はつきものでしたが、もう娘の小学校時代にはどちらも歌われなかったとか。

「仰げば尊し」は、一番の歌詞がちょっと尊大な感じがするけれども、あとは悪くないと思うし、曲もいい。「蛍の光」は詞、曲ともによろしい。そもそも、文語が難しかろうと小学生に歌わせないのは間違っている。

蛍の光といえば思い出されるのは「Waterloo Bridge」ですよね。インターネットやスマホ時代ではかような悲恋物は成立しようがありませんな。

https://www.youtube.com/watch?v=kUskPWHwqAA


 Re:富士見高原日記17    ..QQ@横浜    
        2020/03/27(金) 16:01  No.5551
 
 
諸般の事情によりご無沙汰しております。

どこの女優さんの写真を載せたのかと思ったらKちゃんだったのには驚きました。
卒業おめでとうございます。
小学生だったKちゃんが大学を卒業する時の流れ、木曜登山参加者が年を取るはずですね。
これからダンスの世界で大きく羽ばたくことを期待しています。

おとみ山の日記で山旅さんが骨折したことを知り掲示板を開けたら「富士見高原日記」と
タイトルからすでに文芸作品、山旅さんの絶妙な文章を久しぶりに堪能しました。


 Re:富士見高原日記17    ..山旅    
        2020/03/27(金) 18:02  No.5552
 
 
こちらこそご無沙汰しております。

QQさんには、娘が小学生のころ、よく遊んでいただきました。ついこの間のような気もするのですが、10年なんぞあっという間ですね。

こちらの骨折は何かのバチが当たったでしょう。深く反省し、このウイルス騒ぎが終わるまでおとなしくしているつもりであります。というよりは、おとなしくしているほかありません。

世間が落ち着いてきたらまたお出かけください。



 富士見高原日記 最終回    ..山旅     返信
      2020/03/19(木) 17:22  No.5535
 
 
.jpg / 94.0KB
入院したとき、手術から退院にいたる大まかな計画の説明があった。術後約2週間で抜糸、それから折った足に体重を徐々にかけての歩行訓練をする。関節の動きが悪かったりすると、リハビリに時間がかかるので、退院までに3〜4週間くらいはかかるかもしれないとのことだった。

幸いにも私の場合は関節の動きがスムーズで痛みもなく、抜糸するずっと前から荷重をかけての訓練が始まっており、それも順調だった。そこで抜糸をしたらすぐにでも退院できるとの話は主治医からあったのだが、さすがに抜糸の翌日というわけにもいかず、抜糸から2日目の明日、晴れて退院とあいなった。

まだ松葉杖なしで歩けるわけではないから、あらゆる設備の整った病院にいるほうが楽に決まっているが、それに慣れすぎるのもよろしくない。なにせ、1日中ベッドに寝そべっていたら、3食が勝手にやってくるのである。お茶もいれてくれるし、ごみも捨ててくれるし、掃除もしてくれる。呼び出したことはないが、ボタンを押せば看護師がすぐにやってくる。家にいても何もすることのない老人は、家にいて気兼ねしているよりは病院にいたほうがずっといいという人だっているだろう。しかし、おそらくそんな生活は痴呆の元である。だから、よほどのことがない限りは退院させるのもわかるように思う。

どこにも行かず、独りでいて誰とも話さずにいることはまったく苦にならないので、そういった意味では入院生活には向いているのではないかと思っていた。初めて入院してみたら思ったとおり、別に退屈で困るといったことはなかった。ぼおっとしていていつのまにか時間が過ぎていくことをもったいないと思わないからであろう。

とはいえ、まだ若くともこんな恵まれた生活はなるたけ早く切り上げるに越したことはない。今いる4人部屋をたったひとりで使っていることでもわかるとおり、病院としてはあせって退院しなくてもいいですよというスタンスだが、最短で退院させてもらって、リハビリには通うことにした。

退院記念に、私にとっては夏のような気温の室内なので、夏らしくアロハを着て写真を撮った。

暇つぶしの戯れ文にお付き合いくださった方々には厚く御礼申し上げます。


 Re:富士見高原日記 最終回    ..名古屋のN    
        2020/03/20(金) 09:03  No.5536
 
 
退院おめでとうございます。

「富士見高原日記」、楽しく読みました。来週の24・25日とロッジ山旅に宿泊したいと思います。3月29日が勤務校の後期入試、最後の勤務日になります。

退院、退職記念で飲みましょう(?)。


 Re:富士見高原日記 最終回    ..おとみ山    
        2020/03/20(金) 11:34  No.5537
 
 
高原日記、最終回とは淋しいことですが、先ずは思いのほか早い退院、おめでとうございます。

手術後の精進の甲斐があった訳ですね。通院がどの位の頻度になるのか分かりませんが、車の運転も含め、細心の注意を払いながら、日常生活を取り戻し、一日も早い松葉杖との決別を願っています。

中島さんもいよいよご卒業だそうで、おめでとうございます。
退院・退職記念の二人飲み会? 通院の妨げにならないよう、何より断酒中の長沢さんを慮って、痛飲だけは避け、ちびちび舐めるように嗜みつつ、お互いを祝って下さい。


 Re:富士見高原日記 最終回    ..山旅    
        2020/03/20(金) 12:56  No.5538
 
 
午前中に自宅へ帰りました。隔離されていた間に、庭の水仙も咲いておりました。

なにせ1988年以来、32年ぶりの断酒であります。どうかお手柔らかに。


 Re:富士見高原日記 最終回    ..名古屋のN    
        2020/03/23(月) 07:29  No.5541
 
 
お早うございます。

上に書いたように24日と25日にロッジ山旅に泊まります。
25日の水曜日、どこかの山を歩こうと思います。どなたか
ご一緒できる方、「木曜山行」自習編で歩きませんか。
天気も良いようです。


 Re:富士見高原日記 最終回    ..おとみ山    
        2020/03/23(月) 09:53  No.5542
 
 
中島さん、おはようございます。
掲示板を連絡場所にして申し訳ありませんが、遠来のお客様を無視するのは失礼なので? 25日同行させていただきます。

ただし〜末期高齢者向きの、緩〜い山ならという条件付きですが。
中島さんのリクエストがあればそれで。留守番役の師匠の知恵も借りて、相談しましょう。 ヒマ人はこの指止まれ・・・・・(先着〇名)


 Re:富士見高原日記 最終回    ..名古屋のN    
        2020/03/23(月) 16:49  No.5543
 
 
長い教員生活も、あと三日の勤務のみ。今日は職場の机周辺を片付けました。机上の本棚は同僚に譲り、書類関係は、ほぼ廃棄。

あとは27日と29日に勤務、29日は勤務校の後期入試。最後の職場が、通信制高校で何かと自由で職場に恵まれました。

25日は、緩い山大歓迎です。眺望の山が希望です。2月に師匠と登った中山(砦)が記憶に残っています。おとみ山が未踏でしたら、絶好の展望台です。実際、巨大な櫓から展望が楽しめます。他にも師匠のオススメがあれば‥。


 Re:富士見高原日記 最終回    ..山旅    
        2020/03/23(月) 17:42  No.5544
 
 
教員生活もいよいよ終わりですか。長らくお疲れ様でした。

中山は木曜山行でもさんざん登りました。おそらく富田さんも4.5回は登っているでしょう。ま、記憶にないということはあり得ますが。

現在は例の展望台の塗り直し及び、登山道の再整備がされている最中と聞きましたよ。別に、登ってはいけないということはないでしょうが。

ま、いろいろと候補はありますから、明日相談しましょう。道中、お気をつけてお越しください。


 Re:富士見高原日記 最終回    ..足手まといのやまねこ    
        2020/03/24(火) 07:04  No.5545
 
 
退院おめでとうございます。
                              鉄人・不死鳥とばかり思っていた山旅師が入院とは意外でしたが小生の足首捻挫とは比較にならぬほどの程度だったのですね。今後も通院で暫く戦線復帰は無理かもしれません。でも入院中は百薬の長を使用できなかったのが通院生活では文字通り痛飲できるわけです。回復が加速されること必定であります。

さて本日名古屋からの来客が貴ロッジ宿泊で明日緩い山行を望んでいるとのことですね。差し支えなくば是非小生も参加したく考えております。本日山行計画協議とのことですが「比志の塒尾根」などいかがでしょうか?和田集落から海岸寺・比志舗装林道合流ゲートはまだ冬期閉鎖中ですがゲート近傍に駐車可能です。この林道近傍は現在大規模整備中で小生も今年に入り10回ほど行っていますが毎回様変わりです。ゲート近くから比志の塒尾根へ登る尾根が緩く安全です。ほかに3ルート程比志の塒尾根に登る尾根ありますが途中に難所・岩場ありあまり気楽に歩けません。山旅師もよくご存じだと思います。今回は山旅号活用できませんのであまり遠距離ですとバイクの小生同行は困難です。なお中山は昨日含めここ三日連続で昨年末まで96回登高しています。本日も「コロナ避難」兼ね行く予定でおります。山頂展望台は塗装全面塗り直し完了で立派な避雷針設置と最上階展望デッキの回廊板が新しく張り替えられました。眺望は申し分ありません。


 Re:富士見高原日記 最終回    ..山旅    
        2020/03/24(火) 13:29  No.5546
 
 
新装なった中山にも歩けるようになったら行かなければなりませんね。これからどんどんと売り出そうということなのでしょうから、静かに歩けるのも今のうちかも。

明日の山は私は参加しませんから、直接おとみ山にでも聞いてみたらどうですか、展望重視だというので、比志の塒ということはないとは思います。


 Re:富士見高原日記 最終回    ..名古屋のN    
        2020/03/26(木) 21:10  No.5549
 
 
.jpg / 48.8KB
25日は、結局「おとみ山」に「足手まといのやまねこ」さんの3人で、日向山へと遠征しました。

周辺の山では、「おとみ山」が一番のお気に入りという言葉に納得の、いい山の一日になりました。絶好の好天、頂上でのお昼休みにも、ほぼ我々で貸し切りの静かさといい、記憶に残る山行でした。

帰路は、温泉の代わりに、長坂の甲州街道旧道沿いにあったジャズ喫茶「オータム」で自家焙煎のコーヒーで一服の一時。山旅師匠にも是非紹介したいマニアックな店でした。

夜は、おとみ山の招待で、萌木の村の「ロック」にて、退院と退職のお祝いの宴。美味しいビールと食事に大満足でした。ありがとうございました。


 Re:富士見高原日記 最終回    ..山旅    
        2020/03/27(金) 10:30  No.5550
 
 
.jpg / 125.0KB
ご宿泊ありがとうございました。うらやましくなるような上天気でしたね。絶好の日向山日和でした。

ロックのビールが患部に沁み込んで、快復を助けてくれているように感じます。さてさて、この騒ぎ、もっともいいのは、思いっきり清涼な大気を吸えるところに出かけることでしょう。すなわち山歩きが最適かと。晴れて自由の身になったのですから、遠からずのお出かけをお待ちしております。



 退院ホッとしました    ..安藤 雅美     返信
      2020/03/24(火) 15:04  No.5547
 
 
昨年の10月の茅が岳登山ではお世話になりました。山梨の山の魅力がまた1つ、体感できました。雪山登山ののち骨折されたとのことで心配していましたが、前向きな考えで乗り越えられ、ホッとしました。今年の夏〜秋に八ヶ岳登山でお邪魔しようかと考えていますので、その節はよろしくお願いします。

 Re:退院ホッとしました    ..山旅    
        2020/03/24(火) 16:06  No.5548
 
 
その節はありがとうございました。

今日は退院以来初めての通院で、おかげ様で順調に回復しているようでした。まだ2週間くらいは松葉杖は必要ですが、いずれふつうに歩けるようになるでしょう。

夏にはこのウイルス騒ぎも終息して、心置きなく山歩きもできるように祈っております。





 


RSS     ++ 21style BBS ++