TOP ホーム ページ一覧 |


No.4674 への▼返信フォームです。


 アルプ美術館も遠かった!!    ..足手まといのやまねこ     >>引用
      2017/10/07(土) 21:35  No.4674
 
 
遂に中村画伯の絵に到達しました。思えば長い道のりであった。

昨夜サッカーの対NE戦をTV観戦していたら突然PCと同じ様な画面フリーズとなってしまった。無念のふて寝を余儀なくされた。夜中にベッドが揺れた。点けっぱなしで寝ていたラジオから「緊急地震速報です。自分の身は自分で守って下さい!」の連呼です。「選挙じゃあるましいしうるさいわい」でラジオスイッチ切り寝ました。雨音もしていた。「明日も雨らしい。毎週の中山はだめだな・・」で寝て目が覚めたら6:30だった。雨は止んでいる。
TVの予報では「午後は晴れる」という。どうやら予報はずれたようだ。家事すませて中山へ行き先週土曜中山帰り遂に発見すること出来なかったアルプ美術館の中村好至恵画伯の個展を見てこよう。・・で出かけたのです。

中山の台が原からの曲足林道を塞いでいた巨大倒木は切断除去されていた。よかった。これは先週小生が北杜市観光課に依頼していたものです。田舎の行政にしては動き早い。いつもこうあって欲しいものだ。
昨日の雨で登山道は濡れていたが木洩れ日もありスカスカの樹林尾根は快適でした。山頂展望塔に正午着です。いつもの無人の定席で弁当食べました。360度の眺望は八ヶ岳、甲斐駒など山頂部分はまだ雲かかっていたがどんどん晴れてきました。うん、いいな。帰りは「むかわ湯」に寄ってアルプ美術館に行こう。今日こそ美術館を探し当てるのだ・・。決意も固く勇躍下山しました。

時間はありましたが「美術館優先だ。また先週の岩岳のようになったらまずい。温泉は後でいいだろう」20号線出て七里岩ラインに向かった。確かネットの地図ではこの辺りのはず・・。で七里岩ラインを走りながら美術館の表示板を探します。ありません。おかしいな?で日野春駅を越えて行き更に探します。駄目だ、戻ろうで走りました。長坂駅近傍に出てしまった。この後、日野春と長坂駅の間を何回も行ったり来たりして表示板探しました。
今日も行きつけなかった。全く何と言うことだ、先週の岩岳に続き目的地に行きつけない。7月の木曜山行の櫛形山帰路、山旅師が目指すパンを探しコンビニのローソンを梯子した時「母を求めて何千里・・」と呟いていたが「アルプ探して何千里」の心境となった。もうだめだ帰ろうと信号交差点に来ました。

ここから農道をバイパスすると我が家方面に近い、で曲がり進みました。坂を降ると何回か福祉の見学で来たことのある障害者施設があります。障害者の若者の嬌声がしています。「うん、頑張っているな・・」と思い通り過ぎました。更に行くと左手に建物がありました。「はてここに家なんかあったかな?」でふとみるとひっそりと「アルプ美術館」の木製看板が目に入りました。「ああ、ここだ!ナイトクラブほどは要らないしネオンも要らないがもっと派手な看板出してくれないと通り過ぎてしまう」・・奥まった入り口から美術館に入ると展示主の好至恵画伯自らが迎えてくれました。

2Fの展示室に上ると見たことある女性が笑って小生を見ています。「菅沼です」・・先日の木曜山行ガボッチョでご一緒した菅沼さんだった。彼女もガボッチョ山頂で昼食時に絵を描いていた。

もう一人館長らしき年配男性がいろいろ話しかけてきた。どうも我が家近く在住らしい。「お宅の隣の甲陵高校前の池の周囲をいつも犬の散歩で歩いている」小生も時々早朝散歩で歩く。すれ違っていたかもしれない。悪いことはできない。早朝誰も見てないだろうなんて思いゆめゆめ小用などに及んではならぬのだ。

好至恵画伯の絵ハガキ5枚購入した。一通り絵は見た。鹿児島桜島の絵もあった。「屋久島宮之浦岳に行った時描いた」という。「宮之浦岳」・・大学2年の夏休み同級生3人と企業実習(丸善石油松山)終了後、鹿児島から屋久島に渡り豪雨に合いほうほうの体で撤退した記憶がある。
東北の飯豊連峰の絵も素晴らしい。小生の45年前の釜石勤務時に友人達と何回か行った早池峰にも行ったという。富士山の絵が少なかったが1時間近く画伯の絵を堪能して帰宅した。明日の天気も良さそうだ。先週登山口わからず無念の撤退を余儀なくされた「岩岳」に行ってみよう。


 Re:アルプ美術館も遠かった!!    ..おとみ山     >>
        2017/10/08(日) 10:19  No.4677
 
 
アルプ美術館は山並みに難しかったとか・・・・? 館長は勿論ネオン嫌い、宣伝もしないで、来たい人だけが来てくれればいい〜来て貰いたい人だけに案内する〜それで良しとの経営方針ですから、各人の嗅覚触覚に委ねるということですね。
でも、2画伯に同時に面会出来てラッキーでしたね。
鈴木館長は美術館に住みついています。日に2回のワンコの散歩は、長坂町内のかなり広域ですから、徘徊中に時々遭遇しますョ。


名前
e-mail   URL
題名色
文字色
タイトル  
添付  
フォームに保存  プレビュー      削除キー