TOP ホーム ページ一覧 |


No.4971 への▼返信フォームです。


 小淵沢駅の展望台    ..山旅     >>引用
      2018/06/24(日) 08:10  No.4971
 
 
去年新装なった小淵沢駅は屋上が展望台になっている。列車待ちの人が山岳景観を楽しめるようになったのはいいが、展望が何たるかをわかっていない人の設計によるらしく、なんとも隔靴掻痒な構造なのはもったいない。

山名表示盤も設置されているが、前にはなかったように思うので最近設置されたのかもしれない。これがまたお金がかかっているだろうにもったいない出来で、あきらかな間違いが二ヶ所ある。

そのひとつが見えもしない仙丈ヶ岳が記載されていることである。百歩譲って、その方角に仙丈ヶ岳があるのですよという意味だったとしても、それなら記載しなければならない山は無数になってしまう。しかもそんな説明は一切ないのだから、善男善女は一所懸命仙丈ヶ岳のありかを探しているだろう。もう一ヶ所も添付写真内にあるが、行く機会があったら検証してください。

そして絵がひどい。この絵ですらすらと同定できれば大したものである。ここからもっとも目立つ甲斐駒ヶ岳の絵のだらしなさを見よ。それに比して、ほんのわずかしか見えない北岳の立派さはどうしたことか。鋸岳には刃がまったくない。そして、たとえば櫛形山が記載されているが、この展望図ではまず同定できない。要するにここからでは遥かに遠い山だからで、その手前にずっと大きい千頭星山と甘利山があるから、ほとんどの人はこれを櫛形山だと思うだろう。

ま、生活になんら実害はないが、せっかく造るのなら誰かに監修してもらえばいいものを。今どき、パソコンがあれば山の同定などいとも簡単なことなのに。


 Re:小淵沢駅の展望台    ..鉄人M     >>
        2018/06/24(日) 22:54  No.4972
 
 
同駅の展望台は、出来た当時から数回、私も利用いたしました。

今般、21日(木)の小日向山の帰途も列車待ちの最中、女房ともども夕暮れの八ッを眺めつつ(南アは雲海内に没しておりました)ビールを呑んでいましたところ…

階下から、清里帰りふうのギャル(こんな時代錯誤の表現、ごめんなさい!)二人が飄然と出現して、南東に見える山容を「えッ、あれは何…」と宣いました。
私曰く、「あれは富士山ですよ」

山旅さん、ことほど左様に"なんともはや"なのであります。


 Re:小淵沢駅の展望台    ..山旅     >>
        2018/06/25(月) 03:57  No.4973
 
 
アハハ!ナウなヤングはバカ受けしました。

 Re:小淵沢駅の展望台    ..足手まといのやまねこ     >>
        2018/06/26(火) 08:58  No.4974
 
 
小淵沢駅の屋上展望台は行ってますが山名表示板詳しく見てません。今度行ってみます。中山の展望塔の写真の間違いは気が付かないかも知れないがこの表示板には櫛形山が表示されているんですか。

「あれは富士山ですよ」でも通じる人は「あれはチョモランマかな。いや箱根山だった」でも通じるのではなかろうか。


名前
e-mail   URL
題名色
文字色
タイトル  
添付  
フォームに保存  プレビュー      削除キー