TOP ホーム ページ一覧 |


No.4984 への▼返信フォームです。


 三味線滝から観音平へ    ..山旅     >>引用
      2018/07/12(木) 06:52  No.4984
 
 
クリックで拡大表示 ( .jpg / 178.1KB )
古くからのご常連、Sさん主宰の山歩塾の皆さんと歩いたのは三味線滝から観音平へのコースだった。酷暑の東京からなのだから涼しいところへ行かねばならぬ。夏のことだからさほど展望が楽しめるわけでもないので、緑あふれる道が良かろう。水辺があればより涼しい。

三味線滝へ続く道は地図どおりに歩くと半ば以上は車道を歩かされるが、西に並行して作業道が残っているからそれを歩くに限る。歩く人が少ないので地面が緑なのがいいところ。途中の白樺林も美しい。

途中から沢沿いの径に入ると涼気が増し、三味線滝では天然ミストでさらに涼しくなった。ここのところ雨が多かったので、三味線という名前ではちょっと気の毒な、なかなか豪快な水量の三味線滝だった。


 高座岩から大阿原湿原へ    ..山旅     >>
        2018/07/12(木) 18:49  No.4985
 
 
クリックで拡大表示 ( .jpg / 172.7KB )
予報は悪く変わった。多少は晴れ間もありそうだが山ではどうだかわからない。先々週の木曜山行で高座岩に行ったときにもらったゴンドラ割引券があるのを理由に、入笠山周回を提案したのは、とにかく暑いところはご免被るという私の希望からだった。ゴンドラ利用なら降りたところが1800mだから、なにはともあれ暑い思いをせずにすむ。涼気を金で買うわけだ。

結局、遠望こそなかったものの、まったく降られずにすんだ。先回は2006m峰に寄ったので入らなかったテイ沢沿いの径を登った。5.6回丸太橋で岸を変えるが、数年前には新しかった橋はすでに古びていた。手すりがあって安心だったのが朽ちていた。葉の茂る時季にはいつでも丸太橋は湿っているので注意がいる。橋の保守は大変だと思う。

大阿原湿原から、先回は必死になって歩いた車道を今度はのんびり歩いた。


名前
e-mail   URL
題名色
文字色
タイトル  
添付  
フォームに保存  プレビュー      削除キー