TOP ホーム ページ一覧 |


No.5860 への▼返信フォームです。


 ヤマケイ文庫『小屋番三六五日』    ..山旅     >>引用
      2021/01/19(火) 17:37  No.5860
 
 
.jpg / 42.1KB
かつて『山と溪谷』に「小屋番のリレーエッセイ」という欄があった。どういうわけか私にも声がかかって、2003年1月号に載った。舞台裏を書くと、本来担当するはずだったどこかの山小屋の小屋番が締切り間際になって「やっぱり書けない」と言ってきたというので、困った編集部が、小屋番を拡大解釈して、私に打診してきたというわけだった。

その後、このリレー連載はまとめられて単行本になったがとっくに絶版となっていた。それがこのたびヤマケイ文庫として再び本屋に並ぶことになった。

目次を眺めると、あとはすべてれっきとした山小屋の人たちが書いているのだから、やはり私だけは浮いているように思う。実は私だって山の中で生活できないかと考えたことがあるが、今になってみれば、絶対に無理だったと思う。

https://www.yamakei.co.jp/products/2820048920.html


 Re:ヤマケイ文庫『小屋番三六五日』    ..山の絵描き     >>
        2021/01/21(木) 15:36  No.5861
 
 
廃盤の単行本を持っていますが、再編集された文庫なのですね。
この文庫版のジャケットのイラストはどなたの絵でしょうか? 
成瀬洋平さん?


 Re:ヤマケイ文庫『小屋番三六五日』    ..山旅     >>
        2021/01/21(木) 16:41  No.5862
 
 
カバーイラスト Miltata と書かれています。そういうペンネームのイラストレーターらしいですね。

 Re:ヤマケイ文庫『小屋番三六五日』    ..おとみ山     >>
        2021/01/22(金) 11:38  No.5864
 
 
「小屋番三六五日」、山旅さんの紹介記事を見て反応、AMAZONNに発注、今日あたり届くはずです。
ロッジ山旅を筆頭に、お世話になった山小屋・小屋主も結構登場するようで、楽しみです。

Miltataさん、ネットで検索すると、小林達也氏1986生まれの若手アーティスト(イラストレーター・デザイナー・時に音楽家)。名古屋学芸大メディア造形学部だそうで、ひょっとして「山の絵描き」さんの後輩?


 Re:ヤマケイ文庫『小屋番三六五日』    ..おとみ山     >>
        2021/01/22(金) 12:26  No.5865
 
 
山の絵描きさん、大へん失礼いたしました。MS画伯と錯覚して、トンチンカンな書き込みをしてしまいました。伏してお詫びします。

 Re:ヤマケイ文庫『小屋番三六五日』    ..鉄人M     >>
        2021/02/07(日) 10:37  No.5878
 
 
.jpg / 66.0KB
いささか前の話題を蒸し返すようで申訳ありませんが、読後感を述べさせてください。

山旅さん曰くの"浮いている感"は確かにありますが、それは良い意味でのことで、群を抜いて突出しているのです。

他の小屋番各氏では口語体表現の作が圧倒的に多い(中には、聞き取りにより編集者がまとめたのでは? と感じさせる作も…)のに対して、山旅さんは、自らの半生を「簡にして要を得たエッセイ」にまとめられています。
さすが文筆家ならではで、見事な文学短編に昇華していると言っても過言ではないと思います。

みなさま、是非とも全編をお読みになり、そのうえで山旅さん作をさらにじっくり読み直されることをお勧めします。


 Re:ヤマケイ文庫『小屋番三六五日』    ..山旅     >>
        2021/02/08(月) 10:22  No.5879
 
 
過分なお言葉を頂戴し、まことに恐縮であります。いやはやお恥ずかしい。

わざわざ本をお求めいただかなくとも、山旅サイトにずい分前から載せてあります。これは少々中身を書き換えたものではありますが。
https://yamatabi.info/history.htm

載せてくださった写真は、なにやら故人を偲んでという感じだったので、失礼をかえりみず、まず本人から焼香させていただきました。



名前
e-mail   URL
題名色
文字色
タイトル  
添付  
フォームに保存  プレビュー      削除キー