TOP ホーム ページ一覧 |


No.6516 への▼返信フォームです。


 後ガキ山    ..山旅     >>引用
      2023/01/06(金) 11:06  No.6516
 
 
.jpg / 48.8KB
12月なかばに昇仙峡から御岳峠まで歩いたとき、すぐ脇を通りながら立ち寄らなかった山があった。それで、最終の木曜山行で登ってみようと麓まで行ったが雨で結局登らずじまいだった。

そこで、そのとき考えていたルートを新年最初の山歩きにすることにした。毎年、新年最初には神社のある山を選んでいるので、すぐ近くに金桜神社があるのも好都合である。

10年前、やはりこの山で新年会をしたことがあった(こちら)。広葉樹の林の雰囲気が良かったからだったが、山のてっぺんまで登ったことはなかった。その林がすべて伐採されてしまったので、こんどは展望を楽しもうというわけである。

新年山行は、誰も来そうもない山の一角で車座になって、昼間から飲み食いするのが恒例だったが、飲んで歩く歳でもなくなって、宴の部は山から帰ってからのお楽しみにした。

年末から続く好天が相変わらずで、展望目当てだから願ってもない。5日ならもう人出もないかと思っていた金桜神社は、駐車場所を探すほどのにぎわいで、さすがは山梨県の初詣ランキングに入る神社ではある。そそくさと参拝を済ませ、山に入った。

この方法がいいんじゃないかと思ったルートは案の定大変よろしく、まったく問題なく頂上に達した。四囲の眺めは想像していたとおりで、しかし樹木の成長は早いから、この大展望もあと数年かと思われる。

さて、この、等高線から読むと標高1000mをわずかに切る無名の山に名前を付けなければならぬ。この山から北東に延びた稜線は金桜神社の直前で崖になって落ちている。原全教はこの断崖の山を「ガキ山」としており、甲斐国誌によるというのでそちらを見ると「我貴山」となっている。おそらくこれも当て字で、「垣→ガキ」か「崖→ガケ→ガキ」といったところではないだろうか。

それらの資料から「後ガキ山」と命名することにした。この近辺では、「猪狩山」に続き、2山目の命名である。ま、一般化することはあるまい。

夜の部を含めて、参加の皆様、お疲れ様でした。


 Re:後ガキ山    ..名古屋のN     >>
        2023/01/06(金) 16:28  No.6517
 
 
.jpg / 143.8KB
12月15日の昇仙峡・弥三郎岳山行にも繋がった、金桜神社初詣と「後ガキ山」展望山行でした。史上初めてという、おとみ山不在の新年山行でしたが、夜の新年会には登場。相変わらずの健啖家ぶりで安心しました。

ロッジの朝食には、お雑煮もいただき、地元の民で賑わう金桜神社初詣に加えての新年気分でした。原全教の『奥秩父 続編』と『甲斐国誌』の記述箇所「ガキ山」と「我貴山」も、ロッジの蔵書で見せてもらえました。

金峰山と富士山の「遥拝所」に関連するだろう、山上の遺構も興味深いものでした。


 Re:後ガキ山    ..山旅     >>
        2023/01/07(土) 14:36  No.6518
 
 
.jpg / 232.6KB
毎度遠路をありがとうございます。

今は訪れる人もまれなガキ山に残る遺構、この石組の上には何が建っていたのでしょうね。正面に金峰山、真下に金桜神社を望む地なのですから、けっこう重要な場所ではなかったかと想像します。


名前
e-mail   URL
題名色
文字色
タイトル   簡単タグ入力
添付  
フォームに保存  プレビュー      削除キー