| TOP | ホーム | ページ一覧 |

No.1867 への▼返信フォームです。


読書日記ー15 >>
クマジィ 2017/04/13(木) 04:07
.gif / 2.3KB 昨日の目黒川沿いや代々木公園のサクラは二分から三分散り(こんな言葉あり?)の感じだった。それでも”花見”気分は既に東北に移動を始めたようだ。

●浜 矩子/佐高 信共著:「どアホノミクスの正体」 講談社+α新書

【安倍首相、黒田日銀、御用学者たちによる「チーム・アホノミクス」は、この国をどうしようと目論んでいるのか。大メディアの記者たちは、その目論みに気づいていて報じないのか、それとも気づいていないのか。そして、トランプ大統領誕生は、日本と世界にとって何を意味しているのか。
初顔合わせとなる稀代の辛口論客ふたりが、徹底討論!過激な論客ふたりが初めて手を組んだ!マイナス金利、トリクルダウン、ヘリコプターマネー、「人間」を無視した経済は、必ず破綻する。―本の紹介より―】

イギリスを発祥とする「シャドー・キャビネット(影の内閣)」という言葉があります。
政府が出した政策を吟味して批判する。状況によっては、提案の問題性をあぶりだすために対案を出してもいいけれども、その本意は批判であり、徹底吟味です。そのために一対一の対応として影の大臣を置く。微に入り細を穿って政府のやることを調べ上げ、揚げ足をとり、悪口を言い、問題点を掘り起こす。それをやる担当者が必要です。それが「影の内閣」です。・・・と浜さんは野党民進党をも批判する(エールを送る)。なるほど・・・とても分かり易くためになった。再読したい。



Name
Mail   URL
Font
Title  
File  
Cookie  preview    Key