| TOP | ホーム | ページ一覧 |

No.2240 への▼返信フォームです。


コース試走初日・・・ >>
クマジィ 2018/05/14(月) 04:55
.gif / 2.3KB 六十里越街道トレイルランニング大会(通称:ろくトレ)の二度目のコース試走を行った。
しかし、思いのほ雪が残っていて、予定していた調査の三分の二ほどしか調査は出来なかった。

初日は第三ステージとなる「元湯殿山ホテル跡」から「田麦俣集落」(約7.5km)と、第四ステージの「田麦俣集落」からゴール地点の「八幡神社」まで(約13km)の調査を行う。酒田在住の女子トップアスリートの小林さんを助っ人に招き、地元西川町のトライアスリート後藤さん、そして試走を始めた当初からかかわって貰っているまいネットの伊藤君のアスリート3名に、サポートする地元観光協会の後藤さんと私の5名体制で行った。しかし肝心の細越峠(標高900m)小掘抜・大掘抜(コホノギ・オホノギ)垰にはたっぷりの雪が残り、調査を断念する。

田麦俣集落で一度合流、彼らの後を追いながら大日方、注連寺で待ち合わせて最後の八幡神社で待ち合わせたときは既に午後5時半を回っていた。地図上のコースと実際走るコースには見せ場となる名所を素通りしてしまうケースもあり、新しいレース用コースマップを作成しなければならないことがわかった。
特に国道112号線を横断する2ヶ所は観光用マップでは「国道横断」になっているのだが、時速60km/hでビュンビュン走る車を避けて横断することは不可能で、回避するコースを見つけるのに大変だった。
サポート隊もアスリートに合わせて走りまわされ、お陰で5kmから7kmほどランニングすることが出来た。



Name
Mail   URL
Font
Title  
File  
Cookie  preview    Key