| TOP | ホーム | ページ一覧 |

No.2264 への▼返信フォームです。


晴耕雨読・・・ >>
クマジィ 2018/06/07(木) 04:18
.gif / 2.3KB 関東地方も梅雨に入った。昨年よりも一日早い。
これから約1ヶ月半、ジメジメした日が続くが、これもまたなくてはならないことで、人間の都合だけではどうしようもない。

ただ最近、天候も「腹八分目」ということを忘れたしまったようで、極端に少ないか、多すぎるかのどちらかに偏ってしまい川の氾濫や土砂崩れ、地割れと土地の改変が後を絶たない。これも元をただせば人間が傲慢なやり方をしてきたからにほかならず、神様からのお仕置きなのかも知れない。
この辺りで、人間はもう少し謙虚なふるまいをしないとえらいことになってしまうだろう。

最近あまり使われなくなった「晴耕雨読」という言葉がある。
三国志で諸葛孔明が劉備玄徳に迎えられるまで、この晴耕雨読を営んでいたようで、これから大きなことをやり遂げるためには知識も体力も相当必要になることは想像出来た。そこで孔明は晴れた日には体を動かして健康な状態を維持すると共に食の確保を考え農耕を行うことで一石二鳥を狙い、雨の日に外で無理をすると体調を崩してやりたいことが出来る時期を逸してしまうことを恐れて悪天候の日は、庵のなかで読書をして、”知識の拡充”に励んでいたのではと言われる。

働き方改革ではなく、働かせ方改革が進み、昔あった「24時間働けますか」みたいな世の中に戻ってしまいそうだ。ONとOFFの切り替えを上手くやらないと人間そのものを失ってしまう。
今日も雨、朝食を摂ったら「晴耕雨読」と行きますか!!



Name
Mail   URL
Font
Title  
File  
Cookie  preview    Key