| TOP | ホーム | ページ一覧 |

No.2405 への▼返信フォームです。


代々木公園に集う人々(1)・・・ >>
クマジィ 2018/11/04(日) 03:43
.gif / 2.3KB 代々木公園を利用するようになったのは20代後半からだった。
蔵王でスキーの師匠だったヤスさん(住まいは日本橋)とオフトレにランニングを始めたのが最初で、あれから半世紀も代々木公園を見つめて来た。

スキー仲間のI君、N君、錆びた銀歯のM君、そして某元大手スポーツショップのアオちゃんと私と師匠の6名で始めた夏場のトレーニングだが、その頃代々木公園を走るランナーやウオーキングをする人は殆どいなかった。その後3度のジョギングブームがやってきてからは、早朝から公園を利用する人が徐々に増えていった。当時はJR東中野駅前商店街を抜け徒歩15分ほど行った上高田というところに住んでいた。毎週日曜日10時から代々木公園に集合して10kmほどのランニングをこなし、スクワットやダッシュなどを織り交ぜ、来たるスキーシーズンに備えていた。
東中野から代官山に居を移してからも代々木公園でのトレーニングは続いたが、仲間の仕事の関係からなかなか都合がつかなくなりトレーニングは5年ほどで自然消滅した。

30代後半からスキーのオフトレとしてトライアスロンを取り入れ、スイム・バイク・ランと3種目のトレーニングを個人で行うようになり、一人ラントレは代官山〜代々木公園〜表参道〜青山〜広尾〜恵比寿とちょうど10kmのコースを月間平均200〜250kmを走るようになった。



Name
Mail   URL
Font
Title  
File  
Cookie  preview    Key