| TOP | ホーム | ページ一覧 |

No.14580 への▼返信フォームです。


 仁淀川町長選挙 
仁淀川町の町長選挙ということなのでローカルもローカル消滅自治体候補選挙である。
やっと対抗馬が出るようだ。出れば私は対応馬を押す。理由はただ1つで現町長は「消滅自治体に手を貸すだけの消滅推進町長だからだ。町がどうにもならなくなったら今度は隣接・近接町との合併を画策するのが関の山である。
まあそれはさておき新町長が誕生するかどうか、誕生しなければ消滅自治体まっしぐらだけれど、新町長はこれにブレーキをかける可能性はある。
本人は町民目線で行政を実行すると言っているからだ。まずは立候補宣言を待とう。

 
魔法使い  ++.. 2017/07/05(水) 03:07 [14580]

 
クリックで拡大表示 ( .jpg / 21.8KB )

立候補宣言が5日の高知新聞に発表された。

任期満了(8月27日)に伴い、8月6日投開票される高知県吾川郡仁淀川町長選に、新人の林業、左京憲昌氏(68)=二ノ滝=が7月4日、無所属で立候補する意向を明らかにした。仁淀川町長選への出馬表明は、現職の大石弘秋氏(68)に続いて2人目。

 左京氏は取材に対して「現職への白紙委任では不十分。民意を測るために選挙は必要」と話し、「建設が進む役場新庁舎には、多くの町産材が使われることはなく、仁淀川町経済の活性化にはつながらなかった。仁淀川町を第一に考える町政に変えたい」と出馬理由を説明した。

 基本政策として、子育て支援や高齢者福祉の充実で、若者やお年寄りが安心して暮らせる町づくり▽高校などへの通学交通費の支援強化▽仁淀川町の公共施設は、木造建築を原則として、町産材の需要を高める―などを掲げている。

 左京氏は仁淀川町出身。東京都立北園高校定時制卒。高知市のIT企業役員などを経て、2007年から林業を営む。3人で争った2013年の前回仁淀川町長選にも無所属で立候補した。

魔法使い  ++.. 2017/07/14(金) 01:46 [14595]

 
左京氏の後援会は「町民ファーストの会」である。別案もあったがこちらのほうが現職町長との違いが、わかり易いと後援会設立準備会で意見を言った。
 8月1日から1週間、8月6日には投票である。

魔法使い  ++.. 2017/07/14(金) 01:54 [14596]

 
クリックで拡大表示 ( .jpg / 84.6KB )

現町長は土建派である。地元大手?3社が後援会を起ち上げている。林業活性化と称してスーパー林道も建設している。
しかし、スーパー林道は幅員が大きく、地形が厳しい仁淀川町には不向きである。地元の人はスーパー林道はよく崩れるという。
もっと合理的な林道があるのだ。簡単に言うと1.5車線的林道を作ればいいし、場合によったら一方通行の環状型林道でもいいのである。

簡単に言うと現町長には柔軟な発想に基づく知恵がないのである。
 消滅する可能性のある自治体の長が単なる旧来型の行政をやっていては、町長一派だけが栄えて町が滅びることになりかねない。
 現町長は4年後には越知町との合併を画策する可能性だってある。彼は仁淀3町村の合併時、真っ先に地元少学校の統廃合に手を挙げたという実績がある。
 小学校がなくなれば地域は元気がなくなる。子供が地域の外に出ていくということは地域が消滅するということなのだ。
 極論だけれど現町長は消滅自治体隠れ推進派なのである。

魔法使い  ++.. 2017/07/14(金) 02:34 [14597]

 
土建業者だけが悪いのではない。彼らを21世紀にふさわしい会社に脱皮させる責任が町にはある。現町長は自分の身の振り方を含めて目先の生き残りだけが視野にあるのだろう。
 しかし、左京候補はその点柔軟である。土木は町の重要産業の一つである。この産業を「町民ファースト」に変える知恵がある。林業もおなじである。左京氏は町に金が残り住民がそれなりの収入を得られる方向を選ぼうと主張している。

魔法使い  ++.. 2017/07/14(金) 02:56 [14598]

 
インターネットはすごいねえ・・・。
仁淀川町長選挙、町民ファースト で検索するとちゃんとこの掲示板が表示されるんだ…。

魔法使い  ++.. 2017/07/18(火) 12:45 [14601]

 
明日は選挙管理委員会の説明会があるとのことで不肖魔法使いも副会長の一人として同行することになっている。
選挙の七つ道具とやらを会長と一緒に行って受け取り、選挙に関する注意事項を拝聴するのだと思う。
 こんな経験は生まれて初めてですが、私が立候補する訳でもないので、ドキドキはしない。むしろ落ち度がないように役目を果たしたいと思うだけだ。

魔法使い  ++.. 2017/07/18(火) 12:49 [14602]

 
高知新聞情報
任期満了に伴う高知県吾川郡仁淀川町長選は8月1日の告示(8月6日投開票)まで1週間に迫った。これまでに立候補の意向を表明しているのは、いずれも無所属で、3期目を目指す現職の大石弘秋氏(68)=別枝=と、新人の左京憲昌氏(68)=二ノ滝=の2人(現新順)。他に出馬の動きはなく、現職と新人の一騎打ちが濃厚だ。.

魔法使い  ++.. 2017/07/26(水) 03:08 [14605]

 
しかし、立候補届け出が遅かったせいもあり、選挙戦が盛り上がりに欠けているという指摘があった。得票率が低くなった場合、逆に高くなった場合どちらが有利かといったことより、得票率が高くなって民意がしっかり反映できることが重要である。
選挙に行こう!

魔法使い  ++.. 2017/07/27(木) 04:51 [14613]

 
選挙活動も5日は最終日だ。
5日は朝6時に家を出て期日前投票を済ませ、7時半には選挙事務所に行く。夜8時まで仁淀川町のすべての地区を選挙カーで回る予定だ。
一番心配なのは台風である。台風5号は迷走しており、6日朝には九州に上陸する可能性があるようで心配だ。
 選挙戦はすでに一度全地域を回っているが、手ごたえは上々で、特に女性の反応がいい。女性達の得票が左京陣営に傾けば傾くほど左京さんは有利になると思っている。
 噂では相手陣営は左京さんのリーダーシップ能力に対し、独走タイプであるという電話ネガティブキャンペーンを始めているらしい。左京さんの未来志向の公約に対しそんなネガティブキャンペーンしかできなくなるほど焦っている証拠だろう。
公正公平といいながら、必要以上に大きな庁舎を建設、それも木材産地にも関わらず木材使用率0の鉄筋コンクリート3階建ては評判が悪い。
しかも、庁舎建設に合わせてすべての備品を廃棄し入れ替えるので、議会の反対を食らって契約禁止に追い込まれている。
 人口はこの10年間で2800名、率にして28%も減少している。自腹を切ってまで大きな庁舎を建てる必要はないのである。
女性たちはこうした放漫運営に怒り心頭のようで、彼女たちの怒りが爆発すれば、相手陣営は吹っ飛ぶだろう。
 

魔法使い  ++.. 2017/08/05(土) 04:33 [14619]

 
仁淀川町には若者が必要である。若い後継ぎに帰ってきてもらう或いは来てもらう政策を中心に、県下一の高校大学進学補助を実行し、高知市内には彼らのための寮を地元産の木材で建てるという公約を掲げている。
私は当選後にはこのプランを更に充実させるための秘策を温めているが、こうした具体的な公約をするのが左京さんのいいところである。相手陣営が焦るはずである。

魔法使い  ++.. 2017/08/05(土) 04:44 [14620]

 
住民の人達には是非、投票に行ってほしい。左京さんの公約が受け入れられるのか、元町長の政策継続を望むのか、ぜひ町政に民意を反映してほしいからだ。
 このまま進めば仁淀川町は人口減少と無為無策行政で壊滅する。
 左京さんはそう訴えている。壊滅集落への道を選ぶのか、再生への取り組みを選ぶのか、その選択選挙だと私は思っている。

魔法使い  ++.. 2017/08/05(土) 04:59 [14621]

 
選挙結果が出た。今回の選挙は@痛みを伴うけれど、手術を選んで再生する道を選ぶか、A手術をせずに穏やかな死を選ぶかどちらなのだろうと思っていたけれど、住民の人達は後者を選んだと思われる。
住民の人達がそこまで意識していたかどうかはわからないが、このままいけばそうなるだろう。選挙カーに同行してよく分かったけれど、仁淀川町は山間地に点在して居住する高齢者が多い。あそこに3つ、こっちに5つ、そちらに2つといった具合である。これらの人達が一人で、あるいは世帯で生活を維持することが困難になれば、簡単に消滅集落に至るだろう。そんな小さな集落がびっくりするほど多いのである。そんな人たちが手を振りハンケチを振って応援してくれた姿が目に焼き付いている。。
 「仁淀川方式のコンパクトな街づくりへの合意と実効」は待ったなしの状況なのだと、選挙活動を通じて実感した。新たな再生の仕組みというか、「新たなる公」が必要であると思う。

魔法使い  ++.. 2017/08/07(月) 04:27 [14622]

 
跡取りがいる集落は存続集落と位置付けて支え、跡取りがいない地域は新たな入植者を見つけ育てる。それが困難な集落は生産緑地の地域として活用するといった複合的なプランが必要と思われる。
さて、こうした活動を「新たなる公」としてどのように実現していくのかが課題だけれど、方策はあるのである。

魔法使い  ++.. 2017/08/07(月) 04:41 [14623]

 
方策はあるけれど町政として実行することはできなくなってしまった。
実現策のうち民間ができることをやることは残されている。
 夜なべ談義の機会があればそんな話し合いもいいと思う。

魔法使い  ++.. 2017/08/08(火) 12:12 [14624]

 
今、技術士試験の復元論文添削をしているけれど、試験問題が仁淀川町にも大いに関係する内容なので、問題文をアップしてみる。
問題文
人口減少と高齢化の進む地方都市において、コンパクトなまちづくりを進めるため、立地適正化計画を策定することになった。当該地方都市は、鉄道・バス等の公共交通は整備されているものの、車への依存度が高く、また、近年合併したことから、類似・重複した公共施設を多く保有している。
 あなたが担当責任者として計画策定を行うに当たり、以下の問いに答えよ。
(1) 当該地方都市の現状から想定される課題を述べた上で、計画における目指すべき将来都市像を述べよ。
(2) (1)で述べた課題を解決し将来都市像を実現する上で、計画において設定することが適用と考える定量的な目標(具体的な数値は不要)を2つ挙げ、これらを実現するために必要と考えられる方策を述べよ。
(3) (2)で述べた方策を実施する上で、想定される負の側面と対応方策を述べよ。

魔法使い  ++.. 2017/08/09(水) 04:28 [14625]

 
私は仁淀川町の現状を思い浮かべながら、こんなことを考えてみました。

重複した都市施設をどのように連携し維持・更新していくかが課題です。都市拠点(他都市との連携なら広域拠点)と旧集落拠点という視点が重要です。
 旧集落拠点の再構築(=コンパクト化)であれば、コンパクト化した役場支所機能に隣接した村の駅(ミニ道の駅)、地元住民の共同出資型ガソリンスタンド、田舎のコンビニ併設といった工夫で、集落の都市機能を再構成することができます。集落型公共交通ネットワークの拠点として、デマンドバスターミナルや共同乗り合いタクシー乗り場も併設するといった工夫も必要でしょう。

「旧集落拠点(存続集落型拠点)や市町の中心拠点では、日常生活を自己完結できる地方都市タイプのコンパクトな都市構造とする。非日常の都市機能は近隣の他都市をバスで結び鉄道を活かす広域連携ネットワーク型の『複合型コンパクトシティ』を目指す」というのが、中山間集落を抱える地方都市に共通する現実的な集約型都市構造の進め方だろう。

魔法使い  ++.. 2017/08/09(水) 04:32 [14626]

 
自己完結型の拠点整備は仁淀川町にとっては必要不可欠の集約型まちづくりなのだけれど、建設中の新庁舎2か所は、そんな発想は微塵もないようだ。
本庁舎は行政専用の鉄筋コンクリート造り三階建てで、必要以上の延べ床面積とのことである。複合化もコンパクト化もないと言ってよさそうである。
 行政トップもさることながら専門家と自称する人たちは何をしているのかと首をかしげる計画である。

魔法使い  ++.. 2017/08/09(水) 04:47 [14627]

 
仁淀川町の公共建築物の更新を見ていると、集約型都市構造とは全く無縁の旧来型の施設更新を推進していると言えるだろう。
 平成の市町村大合併で得た、特例債を使って、許可基準を超える床面積分は町の自己負担で建てるという、あきれるような高度成長期型の発想で新庁舎を建設中である。
 しかし、なんといっても4600数十名中3000人近くが選んだ道である。その結果、仁淀川町は行政主導で町の壊滅に向けて、土建業者や現町長後援の地域住民と一体で邁進していくのだろう‥‥。このまま推移すると、町の人口は、10年後には2000人内外減少し3600人程度になり、その10年後には1600人程度になり、30年後には、行政関係者と土建業者が踏ん張り、後は誰もいなくなったということになりかねないなあ…。

魔法使い  ++.. 2017/08/09(水) 05:09 [14628]

 
今地方の小さな市町は移住促進一色である。しかし、ちょっと考えてみると、自分の息子や娘が帰ってこないような市町にだれが移住・永住するのだろう。
 行政の補助があるうちは住み続けるかもしれない。それがなくなったら、生活費が足りなくなるならまだしも、収入の道が絶たれ、夜逃げ同然ということになりかねない。町内で自活できる生業の育成が急務である。

魔法使い  ++.. 2017/08/09(水) 05:38 [14629]

 
仁淀川町に限らず山間部に人工林を多く持つ市町の場合、林業の再生は重要である。それも自活していけるぐらいになろうとすれば自伐林業で、私流にいうなら21世紀型の一人親方が多く生まれなければ、生業にはならないと思われる。
 聞くところによれば左京さんは自伐林業の一人親方とのことなので、今一度お会いしてそのお話を伺うことにしたい。

魔法使い  ++.. 2017/08/12(土) 01:16 [14630]

 
補助金はある。
http://jibatsukyo.com/subsidy/
初心者向け
森林・山村多面的機能発揮対策交付金(林野庁)
経費・人件費 16万円/ヘクタール、作業道 1,000円/メートル、上限500万円
※参考:自伐型林業推進協会記事
地域おこし協力隊(総務省)
全国自治体で籍を置きながら自伐型林業を実践・学習。
高知県、島根県、鳥取県、滋賀県等内の自治体が随時募集。
※参考:地域おこし協力隊HP内の検索ワードに「自伐」を入力して検索
小規模林業支援制度(高知県のみ)
機械レンタル支援、防具支援、間伐・作業道開設支援等
※参考:高知県小規模林業推進協議会HP
中・上級者向け
森林経営計画(林野庁)
30ヘクタール以上(ほか規定あり)の面積確保が必要
※参考記事:森林経営計画(林野庁HP)

魔法使い  ++.. 2017/08/12(土) 01:38 [14631]

 
クリックで拡大表示 ( .jpg / 89.4KB )

写真は土佐の森 軽架線による間伐方式の概要図である。
http://mori100s.exblog.jp/iv/detail/?s=21315832&i=201008%2F09%2F28%2Fa0051128_4384469.jpg
http://www.nhk.or.jp/chiiki-blog/700/244909.html
橋本さんは100haの山林を所有され、息子さんと奥さんと3人で施業されており、高密度路網を敷設し、1〜2割間伐を10年単位に繰り返す、長伐期択伐施業を展開されていた。息子さん世帯と2世帯が、専業自伐林家として自立し、悠々と余裕のある生活をされていたのである。息子さん二人を大学まで出し、その上に昭和の終わりに山を相続することになり、数千万に及ぶ相続税(分割で)を払い続けているのである。それも皆伐は一切せずに、間伐の繰り返しによりである。そしてその息子さんが林業を喜んで、かつ誇りを持って継いでいるのである。さらに驚いたのは、山の状態である。林業に関わり始めて良好な森林はよく見学していたのだが、それらの森林とはレベルの違う素晴らしい針広混交林が広がっていたのである。生業・自営業として成立し、森林環境保全を両立させているのである。

魔法使い  ++.. 2017/08/12(土) 01:46 [14632]

 
クリックで拡大表示 ( .jpg / 19.6KB )

土佐の森方式軽架線キットもすでに開発積みである。
http://washinosat.exblog.jp/d2009-02-24

魔法使い  ++.. 2017/08/12(土) 02:05 [14633]

 
クリックで拡大表示 ( .jpg / 25.4KB )

仁淀川町の山茶小屋を通じて若い知り合いが数人いる。いずれも林業で働く町外からの移住者である。来月の月初めには持ち寄りの懇親会があるので、はなしを聞いてみます。
魔法使い  ++.. 2017/08/12(土) 02:16 [14636]

 
彼らは30代の若者で今は会社に雇われているのですが、将来独立するのだろうか・・・。といったことをまだ聞いていないのです。
山を持っていなくても切り捨て間伐材を集荷して収入を得ている人もあるようなので、独立は可能かもしれない。9月の持ち寄り会が楽しみだ。

魔法使い  ++.. 2017/08/12(土) 02:47 [14637]



名前
Mail   URL
文字色
添付   >>お絵描き
フォームに保存  プレビュー      削除キー