| TOP | HOME | ページ一覧 |


No.445 への▼返信フォームです。


▼ ふれる彫刻   引用
  あらや   ..2015/12/23(水) 12:31  No.445
  クリックで拡大表示 ( .jpg / 72.3KB )

近代美術館の「さとぽろとその時代」展にいってきました。田上義也の(私は)見たこと資料がいっぱいで予想外のおもしろさ。行ってみるもんですね。坂本直行が二中(札幌西高)の卒業生とか、こんなところで「学天則」とか、小ネタも多かった。

言ってみる…といえば、館内中央にあるブールデルの「力」。帯広の近美のブールデル「勝利」なら外庭なので写真OKなんだけど、やっぱりここは駄目なんだろうなあ…といつも思っていたんです。でも、この日はテンション高かったから総合案内の人に聞くだけ聞いてみたんですね。そうしたら、館内のホール部分は撮影OKだそうで、この時は、ほんと嬉しかったなあ。レストランしかないと思っていた二階に、なんと中原悌二郎の「若きカフカス人」を発見した時はほんと驚喜しましたよ。札幌の近美、えらい。

「アートで発見HOKKAIDO」もおもしろかった。木田金次郎と神田日勝の大きな二枚が壁にどーんと並んでいたのは迫力でした。本田明二の「けものを背負う男」に近づいて行ったら、おおっ!これ木彫じゃないか!(ほんとびっくり…) 木田金次郎が「大雪山」や「釧路」を描いていたり(岩内から一歩も出ない人かと思ってました)、なんか、いっぱい新発見北海道したなあ。

で、とどめはこれでしょうね。レファレンスルームでこのチラシを発見。
「ふれる彫刻」展 http://www.hongoshin-smos.jp/
街の中にある彫刻と美術館の彫刻の間に、なにか融和的な気運が生まれはじめていることを歓迎します。(「力」にはさわっていませんからね)



No.445 への引用返信フォームです。

Name 
Mail   URL 
Font
Title  
File  
Cookie  Preview      DelKey