| TOP | HOME | ページ一覧 |


No.317 への▼返信フォームです。


▼ 厄年   引用
  あらや   ..2012/02/20(月) 10:51  No.317
  チョークって、いうんでしょうか。あまりの寒さにガソリンの中の水分が凍ってしまいプラグを痛め、それでも無理してエンジンをかけようとしたらバッテリーもあがってしまって… 今思うと、あれが厄年開幕の合図だったのかしら。

屋根の雪庇(せっぴ)を落としていたら、氷塊が玄関に転がってガラスをガシャーン。(3年ぶり…) トイレの水道管が凍って水漏れ。車のフロントグラスを固定している樹脂が凍って膨張し、ガラスにヒビが入ったり、装飾のゴム部品が凍ってめくれあがったり。(こちらは初体験…)

インフルエンザこそ、昔の香港カゼの免疫があるのかかかっていないけれど、1月にもらった普通の風邪がけっこう凄玉で治るのに半月近くかかりました。

私事ばかりで申し訳ない。でも、どこかに書いておきたくて。
これから大急ぎで復旧作業に入ります。いろいろあるけど、本だけは休まず読んでいるので、なにかまた思ってもいないような事故(例えばパソコンが故障するとか)がない限りは復旧しますから。


 
▼ 身体篇   引用
  あらや   ..2012/04/09(月) 11:20  No.319
  1月の風邪に続いて、2月の腰。前年度は「住民生活に光をふりそそぐ」交付金が全部図書購入費についたので(嬉しかったけれど)例年の何倍もの本の入ったダンボール箱を小中学校などに運んでは上げ下ろし。タイルの床に立って一日書架整理とか、蔵書点検作業とか… ついに、去年の夏やった腰痛が復活してしまいました。

で、3月。1メートルくらいの雪壁から飛び降りたら、左膝にズキーン。なんでそんなことしたの?と言われたが、小樽市は貧乏なので除雪作業も行き渡らないから街中に雪壁がいっぱいできていたんです。時間がなくて急いでいたから、無理矢理そんな雪壁を乗り越えようとしてズキーンなのでした。ああ、貧乏は厭だ。

尻餅ついてメガネをつぶしてしまったり、腰や膝をかばって動くから他の筋肉痛を呼び込んだりとか。痛みがひきかけた足が雪にズボッと嵌って「イテテテッ!」となったりとか。なんか、どうしようもない2月、3月ではありました。その度に「はい3万です」「5万です」と、稼いだ金がボンボン吹っ飛んでゆく。

まあ、新年度4月に入って、「少し落ち着け!」と我が心に言い聞かせています。慌ててはいけない、と。今の仕事があるから、激しい出費にもまだ対応できる。(十年前の無職時代にこれだったら、かなり深刻な事態だったろうな…) 震災で家も家族も失った人にくらべれば、こんな私事などどうでもいいことにすぎない。苦しみでもなんでもない。まだ、こうやってペラペラ書いていられるのだから。

尻別川の釣りガール、かっこいいですね。



Name 
Mail   URL 
Font
Title  
File  
Cookie  Preview      DelKey