| TOP | HOME | ページ一覧 |


No.403 への▼返信フォームです。


▼ 少女架刑   引用
  あらや   ..2017/08/02(水) 09:25  No.403
  クリックで拡大表示 ( .jpg / 75.5KB )

 この短篇小説集におさめた十四篇は、二十四歳から三十九歳までに発表した短篇で、つまり、初期作品である。
 久しぶりにこれらの短篇を読み直し、ある感慨にとらわれた。
 年齢を重ねた現在、小説を書く上で私は、若い時には持ち得なかったなにかを確実に得た、という思いがある。そのことに満足感もいだいているが、若い折に書いたこれらの短篇小説を読み直してみて、たしかに年齢故に得るものはあったものの、同時に失ったものもあるのを感じた。
 たとえば、二十四歳で書いた「死体」などを読んでみると、稚さはあっても対象にしがみつく若さ故の熱気が感じられる。現在の私には、このような執拗さはない。
 他の短篇でも、それに共通したものがあって、私は、自分の内部に失ったものがあるのを知ったのである。
(「吉村昭自選作品集」第一巻/後記)

いやー、たいした衝撃でした。『羆嵐』も読んだ。『赤い人』も読んだ。大抵の吉村昭作品は読んでいて、それなりに理解しているつもりだったけれど、『少女架刑』は読んでなかったなあ。読んでなかった自分を馬鹿だと思いました。こんな無知でよく今まで世の中渡ってきたもんだとため息ついちゃった。

 推敲したいのは山々である。しかし、それは若さだけが備えていたものを削り取ることになりかねない。そのため、あくまでも原型はそのままとし、字句の訂正にとどめた。
 これでいいのだ、と思っている。
(同「後記」)

捏造したいのは山々である… 昔からちゃんと『少女架刑』も読んでいますよ、勿論知った上で吉村昭を語ってきたんですよ、とかね。まあ、いいか。もうそれほどガキじゃないし、ここには正直に書くことにしよう。


 
▼ 透明標本   引用
  あらや   ..2017/08/03(木) 08:32  No.404
  クリックで拡大表示 ( .jpg / 73.5KB )

『少女架刑』の前に『透明標本』読まなくてよかった!(微妙なんだけど、味わいってものがあるから…) 読むのはこの順番ですね。なにか、これからも永くこれらの作品群には拘わって行くような気がするので、「初出と初収」をメモしておこう。

死体 「赤絵」第8号昭和27年4月 『青い骨』昭和33年2月小壺天書房(自費出版)
青い骨 「文学者」昭和30年8月号 『青い骨』昭和33年2月小壺天書房(自費出版)
さよと僕たち 「Z」第5号昭和32年3月 『青い骨』昭和33年2月小壺天書房(自費出版)
鉄橋 「文学者」昭和33年7月号 『少女架刑』昭和38年7月南北社
服喪の夏 「亜」第3輯昭和33年9月 『水の葬列』昭和42年3月筑摩書房
少女架刑 「文学者」昭和34年10月号 『少女架刑』昭和38年7月南北社
星と葬礼 「文學界」昭和35年3月号 『少女架刑』昭和38年7月南北社
墓地の賑い 「文学者」昭和36年4月号 『少女架刑』昭和38年7月南北社
透明標本 「文学者」昭和36年9月号 『海の奇蹟』昭和43年7月文藝春秋
電気機関車 「宝島」昭和38年夏季号 『密会』昭和46年4月講談社
背中の鉄道 「現代の眼」昭和39年1月号 『彩られた日々』昭和44年10月筑摩書房
煉瓦塀 「文學界」昭和39年7月号 『星への旅』昭和41年8月筑摩書房
キトク 「風景」昭和41年7月号 『彩られた日々』昭和44年10月筑摩書房
星への旅 「展望」昭和41年8月号 『星への旅』昭和41年8月筑摩書房

『背中の鉄道』もよかったなあ。ニンゴーゴー。

 
▼ 稚内   引用
  あらや   ..2017/08/04(金) 09:56  No.405
  クリックで拡大表示 ( .jpg / 78.2KB )

稚内、行ってきました。『少女架刑』スレッドに貼っているのが、天北緑地公園の高橋洋「このはずく」、『透明標本』スレッドが本間武男「大地」です。で、このスレッドが本郷新「九人の乙女の像」のレリーフです。「氷雪の門」も夜のライトアップも含めて撮ってありますので、いつかチャンスがありましたら、この掲示板で。

道内野外彫刻は、この稚内でほとんどカバーしたと思います。八月いっぱいで車を処分するので、過去に事情があって撮り残した幾つかを今月中に…とか考えています。



Name 
Mail   URL 
Font
Title  
File  
Cookie  Preview      DelKey