| TOP | HOME | ページ一覧 |


No.407 への▼返信フォームです。


▼ ミユキ   引用
  あらや   ..2017/08/30(水) 07:05  No.407
  クリックで拡大表示 ( .jpg / 71.4KB )

「人間像ライブラリー」の紹介を出していただいた関係で贈られてきた『人間像』第187号。作家の洒脱な文章の中に、私の素人っぽい文章が混じっている違和感に慣れる(まあこれしか書けないから…)のに一昼夜くらいの時間がかかりましたが、それも一段落した昨日、何気なく読み始めた北村くにこ『自閉の揺りかご』が、良かった。

十年前、峯崎ひさみさんの『穴はずれ』を偶然手にとった時みたいな「えっ…」というときめきがありましたよ。パソコン作業の手を止めて『夕日の中のオリーブ』、これも良かった。で、先ほど布団の中で『ミユキ』読了。凄いなあ。凄いよ。

(ちょっと用事が入ったので、また書きます。)


 
▼ 北村くにこ   引用
  あらや   ..2017/08/30(水) 09:55  No.408
  「良かった」だの、「凄い」だの、図書館人には禁句の言葉(これ言ったら、もう本の紹介にならないからね…プロじゃないです)をバンバン連発してしまって、お恥ずかしい。でも、それくらいには針が振れました。私はこの種の波長に弱いみたいです。

三月頃、「人間像」のデジタル化を始めるという話を聞いた倶知安在住の方から最近の「人間像」十数冊の寄贈がありました。今、作業をしている私の机の傍らにありますが、先ほど目次を確認してみたら、北村くにこさんの作品は、

第179号……「海岸町シュガーストーリー」
第181号……「無口な犬、シロよ」
第182号……「鬼を飼う」
第183号……「完璧な恋人」
第185号……「木下荘・女三景」

でした。(第180、184、186号は手元にないので確認できず) あと5作品、楽しめる。読み終わったら、家からいちばん近い「人間像」所蔵館は札幌市中央になるのかな。バスに乗って、市電に乗って行きましょう。



Name 
Mail   URL 
Font
Title  
File  
Cookie  Preview      DelKey