| TOP | HOME | ページ一覧 |


No.438 への▼返信フォームです。


▼ 毛綱毅曠   引用
  あらや   ..2015/10/13(火) 18:01  No.438
  釧路に行ってきました。
目的は、帯広に続いて、釧路近辺の本郷新作品を写真に収めたい…ってのと、あと、新館計画が発表され、その存続が心配されている現在の釧路市立図書館を今の内にちゃんと見ておきたいという二点でした。一泊二日の旅なので、それ以上(啄木関連を含めて)多くを望まないつもりだったのだけど、ちょっと、この釧路市立美術館の「釧路アートマップ」を見ていて欲が出た。
http://www.pekita.net/artmap.html
「毛綱毅曠」って、なんか凄くない… 特に、この「反住器」。


 
▼ (もづな・きこう)   引用
  あらや   ..2015/10/13(火) 18:06  No.439
  もう十五年くらい前になるのかな… 釧路に行った時には、街の建築物など何の気にもならなかったんだけど(「フィッシャーマンズワーフ」は目の前にあったのに…)、今回はちがった。「まなぼっと幣舞(生涯学習センター)」の最上階から見渡していると、なにか調子が変な建物がばんばん出てくる。(この釧路三慈会病院?みたいなのがごろごろ…) 車で普通の住宅街を走っていると、なにか、家づくりの文法が石狩や後志のものとちがっているように感じる。民家なんだけど、どこか毛綱っぽいというか。函館や旭川でも、つい先だっての帯広でも、住宅街走っていてこんな風に感じることってまずなかったのですが、釧路だけはそれがあるというか。(十五年前、いったい何見てたんだろ…)

毛綱建築、エターナル・プレイス北海道HPがわかりやすく紹介してくれます。
http://www7.plala.or.jp/pira/kushiro/kushiro1/mozuna/mozuna.html



Name 
Mail   URL 
Font
Title  
File  
Cookie  Preview      DelKey