| TOP | HOME | ページ一覧 |


No.481 への▼返信フォームです。


▼ 路苑   引用
  あらや   ..2017/05/18(木) 08:43  No.481
  針山家から「人間像」最初期(昭和24〜27年)の二十数冊をお預かりしてきました。早速デジタル処理を開始したところです。第18号までがガリ版刷り時代、第19号(昭和26年12月)からが活字と理解していたのですが、現物を見ると、そう簡単なことではないことがよくわかりました。活字になってからもガリ版に戻ったり、同じガリ版でも、自分たちで切ったものや、印刷屋さんの孔版印刷(←プロがガリ版切りをやってくれる、美しい、読みやすい)があったりといろいろです。もう今の人には何言ってるのか全然わからないと思いますが…

今は「人間像」のきっかけとなった前身の雑誌「路苑」の復刻中。作業用のコピーをとって、画像データを全ページつくって、そのデータをOCRソフトにかけてテキストデータにして行く…というところまでは湧学館と同じです。そこから、湧学館ならば製本作業に入って行くのですが、小樽スワン社に製本道具はないですからね。(みんな湧学館に置いてきた) 今の小樽では、つくった全てのデータを「人間像ライブラリー」のファイルにまとめ上げて行くわけです。針山氏が亡くなった頃の第170号くらいまでをやれば、少しは「図書館」らしい格好になるかなとか思ってます。

パソコン作業に疲れると、庭に出て土いじりをしたり、家の中を掃除したり物を整理したりしています。五月に入って、ようやく冬が終わったような気がする。残したいものを残し、もう必要が終わったものはリサイクルへ。


 
▼ 新谷先生   引用
  あらや   ..2017/05/18(木) 08:51  No.482
   まだ肌寒い四月の風が容赦なく吹き過ぎる高い崖の上である。先程からゲートル、戦闘帽の姿も凛々しく、然しぼんやりと説明を聴いている中学生の一団があつた。説明しているのは大方会社の役員か何かであろう。年の頃四十五六、雪焼して色は浅黒いが、言葉の調子は飽迄も鮮明で、それに服装の一つ/\が体にしつくりしていて凡そ堅い人柄を想わせる。その直ぐ横には隊長新谷先生が、此れは幾らか緊張の面持で一々頷き、説明を聴いていた。説明者の話に依ると此処は此の鉱山の中でも最も採鉱量が多く、従つて活気ある場所だそうだ。名附けて第三鉱床とか言う。
(春井雄三「三年間(其の一年)」)

「路苑」をいちばん先に取り上げたのには、この小説『三年間』の一部分が載せられているということも大きな理由でした。初めて『三年間』を読んだ。そうか、『三年間』にはこういうことが書かれていたのか! ちょっとした衝撃でした。

針山氏には『反抗期』という作品があります。戦争中、京極の脇方(わきかた)鉄鉱石鉱山へ勤労動員された倶知安中学生たちを描いた小説なのですが、「新谷先生」はここに登場します。名前が「新谷」なもんでいつも気になっていた作品だったのですが、まさか、処女作品『三年間』の昔からの登場人物だと思ってもみませんでした。

「路苑」には「針山和美」名義で『冷い一夜』という小品も載っています。こちらも興味深い。19歳の時に、当時の文芸投稿雑誌「文学集団」の入選一席をとった作品ですが、このモチーフは延々と時代を生き延びて、昭和33年「人間像」第46号発表の名作『百姓二代』のクライマックスに結実するわけです。もの凄く、息が長い人だ。

針山氏の人間像ライブラリーが少しずつ解明されて行くことに喜びを感じます。

 
▼ 三年間   引用
  あらや   ..2017/05/18(木) 16:25  No.483
   崖に細い路が附いていた。私達は一列になつて其処を降りた。陽当りの良い所はねろ/\した粘土が剝出しになつて居り、狭い下水には粘土の溶込んだ水が溢れる様に流れていた。
 鉄のさびた色――粘土の色がそれである。鉱車も、鉱車を運ぶ豆電車も、そして其処に働く全ての人間達がその色一色に染つていた。只二本並んだレール丈がナイフの様に不気味に光つている。
 軌道に沿つてしばらく行くと其処が採鉱の現場であつた。真黒な鉄鉱石の岩が絶壁をなし、泥色の生命が鶴はしを揮つていた。勢いの良いのもあれば、ぴく/\死に掛つた生命もある。否、それでも生命と言えるだろうか。
(春井雄三「三年間(其の一年)」)

いや、これは凄い… 直感的に沼田流人『血の呻き』を思い起こしました。

『反抗期』では新谷先生や友人との遣り取り場面がほとんどを占めていて、格別、状況描写や風景描写に気を留めたことはなかったんだけど、こうやって動員先の風景が描かれると俄然『血の呻き』以来の山麓文学の血筋をひしひしと感じます。

どうしようかな。「人間像」の仕事が終わったら、『血の呻き』現代語訳とか『三年間』の活字化とかを考えていたのだけど、前倒しした方がいいんだろうか。少し動転してます。



Name 
Mail   URL 
Font
Title  
File  
Cookie  Preview      DelKey