| TOP | HOME | ページ一覧 |


No.492 への▼返信フォームです。


▼ 「道」第6号   引用
  あらや   ..2017/06/13(火) 15:35  No.492
  クリックで拡大表示 ( .jpg / 74.2KB )

第6号デジタル化、6月13日今朝、完了。かかった時間は「33時間(延べ6日間)」。ほぼ第5号と同じですね。一週間で一冊くらいの、このペースで行くのかな。

https://www.sapporo-info.com/event/detail?id=78444
(HPがFacebookに移ってしまいました。大通情報ステーションで。写真ないけど…)
今週はこの「ハルカヤマ藝術要塞」があるので少しペースが遅れるかもしれません。ファイナルなんですってね。穂別、遠いなあ…


 
▼ 昭和25年   引用
  あらや   ..2017/06/13(火) 15:38  No.493
  あゝ/\/\
一時も早く御許を得て御前に参上致し度いろ/\申上候ふて御許しを得たき事も山々有之候、何とぞ/\一日も早く御返事の程念じ上候、
(石川啄木「天下一品怪美人の艶書」)

これは明治40年「小樽日報」記者・石川啄木が書いた三面記事「天下一品怪美人の艶書」(←人間像ライブラリーで読めますよ)です。明治40年の日本人ならこういう書き方なんだろうけれど、昭和25年の日本人もけっこう文章に使うんですね。

 平吉は、そつと周囲を見廻はしてみた。そして、少し離れた男の、おづ/\した視線に合つて慌てゝ目をそらした。 ―しつ うるさいのが来たぜ― この言葉に、ガヤ/\と、しやべつて居た日雇い達は、監督の眼を逃れて八方え散つた。
(渡部秀正「財布」)

「おづおづ」「慌てて」とは直さず、書かれている通りに「おづ/\」「慌てゝ」としています。そうしないと「昭和25年の日本人」の味わひが出ないと思ふから。

 
▼ 踊り字   引用
  あらや   ..2017/06/13(火) 15:43  No.494
  日本語文字パレットから「ゝ」や「ゞ」を取り出してきて、「慌てゝ」とか「みすゞ」とかやっているんですけど、ちょっとそのパレットの隣を見ると「ヽ」とか「ヾ」といった似たような記号がある。なんだろ、これ? ガリ版のロウ原紙を切っている人によっては「ヽ」「ヾ」の方を用いている人もけっこう多い。

で、不安になって調べてみました。(ウィキペディアって有難いですね…)

で、いろんなことを知りましたよ。この歳になって。

まず、この「ゝ」「ゞ」「ヽ」「ヾ」って、「踊り字」と呼ぶんですね。で、使い分けはこうです。
 こころ → こゝろ
 つづく → つゞく
 バナナ → バナヽ
 ハバネラ → ハヾネラ
つまり、平仮名で音が重なる時は「ゝ」、濁音で「ゞ」です。で、片仮名の時が「ヽ」「ヾ」だったんです。知らなかったなあ… これからはちゃんと使い分けよう。

ちなみに、「/\」は「くの字点」と言うんだそうです。人間像ライブラリーで使う予定の縦書きソフトは、この「/\」がすらーっと美しく表示されるんですよ。



Name 
Mail   URL 
Font
Title  
File  
Cookie  Preview      DelKey