| TOP | HOME | ページ一覧 |


No.561 への▼返信フォームです。


▼ 「人間像」第26号   引用
  あらや   ..2018/01/14(日) 17:19  No.561
  「人間像」第26号デジタル化には「44時間/延べ日数8日間」がかかりました。

ガリ版(孔版)印刷から活版印刷に代わった第23号以降、軒並み40時間以上の時間がかかっているのはどうしてだろうとその度毎に考えてきたのだけど、第26号終了時点の結論では「活版」ということになるのだと思います。つまり、活版の小さな活字びっしりのページになって、文字量が相当に増えているんですね。
しかし、これが効を奏したのでしょう。ガリ版時代だったら遠慮していただろう長篇作にも挑めるようになってレベルの高い作品が増えたように感じます。あるいは、駄作が活字になるとその駄目さ加減が誰の目にもあからさまになりますから、そうした作品・作家が自然に淘汰されて、「人間像」の質のアップにつながって行ったのかもしれません。

 対外的にも少しずつ認められ、新聞の同人誌評などに誌名が載るようになるとともに固定的に長続きする人達が参加して来るようになった。
 翌二十八年には福島昭午・秋庭武之・内田保夫・今出力弥・佐々木徳次などが参加、この年の第二十四号から旭川刑務所での印刷が始まった。印刷費がぐんと軽減され、二倍負担の三人も同額になった。発行回数と頁が増え、同人達の意欲をさらに高めることになった。
(針山和美「『人間像』の五十年」)


 
▼ 福島昭午氏   引用
  あらや   ..2018/01/14(日) 17:24  No.562
   針山君とは中学で同じクラス。
 意欲だけは人一倍持つているくせに、性来のP惰と無能から原稿用紙に向つても、中途で飽いたり、行きずまつたりして未だまとまつたもの一つ書いてない始末。極めて情けないが、今度針山君から尻をたたかれ、たたかれ「人間像」の同人の片隅に席を置かして頂くことになつたものである。無能とは云え参加した以上は大いに書かせて頂くし、又大いに諸兄姉の御教示を頂きたいものと思う。
 同人に参加した理由として、この雑誌が、一定の主義主張の下に拘束されないということに共鳴したのがそもそもでもある。――勿もそんな事を主張すること自体一つの主義と見倣せないわけでもなかろう。
 アプレといえば一種の軽蔑の意味を持つて解釈され勝ちだが、もうそろそろアプレの生み出した新らしいものを見せてもよい頃だと思う。あまり勝手な事を書いているうちに貴重なスペースを食いつぶしてはいけない。かんたんに自己紹介を。
 一、昭和二十三年倶中卒
 一、同年四月から現在まで田舎教師
 一、去年の八月御園のとなり鈴川に転任
(人間像第26号/福島昭午「自己紹介」)

第26号にて福島昭午氏の参加。「人間像ライブラリー」著者別索引のラインナップには、針山氏の「『人間像』の五十年」と『人間像・針山和美追悼号』に挙げられた名前を主な参考にさせていただいてますが、この福島氏の登場によって、残すは、平木國夫氏、白鳥昇氏、丸本明子氏といった方々になってきました。ほぼ「人間像」スタイルの完成か。ただ、旭川刑務所はもう少し頑張ってくださいね。一発目から「福島昭平」氏になっていたよ。誤字、凄いや。



Name 
Mail   URL 
Font
Title  
File  
Cookie  Preview      DelKey