| TOP | HOME | ページ一覧 |


No.662 への▼返信フォームです。


▼ 百姓二代   引用
  あらや   ..2019/04/02(火) 09:13  No.662
  .jpg / 51.8KB

現在、『人間像』第49号の41ページを進行中。針山和美『百姓二代』を終え、佐々木徳次『影絵の男』に入ったところです。第49号のライブラリー公開は「平成」31年4月10日頃を予定しています。

添付画像は、1988年11月、人間像同人会発行の単行本『百姓二代』。ここには『百姓二代』『傾斜』『山中にて』『嫁こいらんかね』の四篇が収められています。四篇の内、最も古い作品が、1958年4月発行の『人間像』第49号に発表された『百姓二代』となります。

針山氏は単行本化に際して細かく言葉をいじくりまわすということをほとんどしない作家です。健康上の理由もあったのだろうと思いますが、あれこれ過去の原稿に手を入れることをしない、そんな時間があるのなら今の原稿を書かなくては…という作家に思えます。
もし推敲するのなら、「京極文芸」第10号(1979.4発行)の『敵機墜落事件』のように、ラスト部分を倍くらいの原稿用紙で書き足して180度ちがった結末の『山中にて』という作品にするような例もありますが、そういうケースは針山氏の場合稀でしょう。
『百姓二代』についても、雑誌発表形とほぼ変わらないだろうという頭でデジタル作業をしていたのです。事実その通り、30年の時間を経ていても一字一句換えてはいませんでした。ただ、最後の最後になって、一個所だけ重大な推敲を発見したのです。この一行があるのとないのでは作品の味わいががらっと変わるほどの修正でした。

作家って恐ろしいもんだなぁ…とつくづく感心しましたね。


 
▼ 「人間像」第49号   引用
  あらや   ..2019/04/10(水) 16:22  No.663
  .jpg / 48.9KB

本日、「人間像」第49号作業が完了しました。デジタル化にかかった時間は、「67時間/延べ日数13日間」でした。現在のライブラリー収録タイトル数は「983作品」になっています。

北国もようやく春です。13日前、多機能プリンターを買いに行った道にはまだ雪が残っていたものですけど、今日血圧の薬を貰いに病院へ行った道に雪なんか欠片もなかったですね。これから第50号作業に入ります。完了する四月下旬には桜なんか咲いているかもしれません。



Name 
Mail   URL 
Font
Title  
File  
Cookie  Preview      DelKey