| TOP | HOME | ページ一覧 |


No.814 への▼返信フォームです。


▼ 「人間像」第86号 前半   引用
  あらや   ..2021/03/05(金) 12:34  No.814
  .jpg / 37.9KB

「また、来たてばァ」
 顔みしりの漁夫が、津軽の飴鉢とか数珠つなぎの乾栗の束をもって挨拶にくる。その手みやげからは内地の春がぷんぷん匂う。
 やがて漁場ごとに網おろしの祝宴が張られ、建網の親船が沖合に点々と浮ぶ。急に鴎の数がふえた、と思う間もなく「走り」が網にのる。時化あとには、どっと厚群来だ。紺碧の海面はみるみる鰊の精液で白濁する。その瞬間から荒磯は昼夜の別なく殺気だち、市街地は火の消えたように静まりかえる。
(古宇伸太郎「漂流」)

本日、「人間像」第86号巻頭の古宇伸太郎『漂流(第一回)』をライブラリーにアップしました。前スレッドで「山麓文学の誕生」を云いましたが、ここに来て、古宇氏の書きっぷりに、なにか私は「岩宇文学の誕生」といったものをも思わせます。金沢欣哉氏以来絶えて久しかった〈岩宇〉(←「がんう」と読みます)の潮風が押し寄せて来ます。大変気持ちが良い。


 
▼ 解放以前   引用
  あらや   ..2021/03/15(月) 10:02  No.815
  .jpg / 67.3KB

本日、瀬田栄之助『解放以前』をライブラリーにアップしました。いやー、感動した。(変な表現だが)背筋が凍る思いがする。

ワープロ作業だけでも四、五日かかっているのだが、更にルビ・傍点のテキスト処理に半日くらいの時間がかかりました。また、このカットは、いつものタイトル脇に添えられるおざなりカットとは違い、『解放以前』という作品の中にきちんと配置されているものなので、おそらくは作者の指定による『解放以前』の一部分と考えライブラリーにもアップしています。

第88号が「瀬田栄之助追悼号」なのですが、その号と同時に、『いのちある日に』(講談社,1970.11)の中から『死の環』『犠牲者たち』のアップも考えています。できる限り、瀬田作品の網羅をライブラリー上で実現したい。

では、津田さち子『大和ばかの記』へ。あと、一週間くらいか…

 
▼ 「人間像」第86号 後半   引用
  あらや   ..2021/03/20(土) 06:44  No.816
  .jpg / 42.8KB

「人間像」第86号を本日アップしました。作業にかかった時間は「119時間/延べ日数19日間」でした。収録タイトル数は「1550作品」に。
古宇伸太郎、瀬田栄之助、100枚越え作品の揃い踏み150ページですから、なかなか時間かかりました。

冬が終わったみたいですね。道路の雪はなくなって歩くのが楽になりました。先日、通院のついでに街へ出て、図書館で「人間像」関係の資料を仕入れてきました。この三月下旬でそれらを整理して、第87号作業は四月からになるでしょうか。外国人観光客がいないので、三十年前の懐かしい小樽の街が出現しています。



Name 
Mail   URL 
Font
Title  
File  
Cookie  Preview      DelKey