| TOP | HOME | 携帯用 |



司書室BBS

 
Name
Mail
URL
Backcolor
Fontcolor
Title  
File  
Cookie Preview      DelKey 

▼ 青の軌跡   [RES]
  あらや   ..2019/03/24(日) 07:07  No.660
  クリックで拡大表示 ( .jpg / 72.7KB )

現在、『人間像』第48号の108ページを進行中。平木國夫『青の軌跡』(原稿用紙270枚!)、丸本明子『復讐』を終え、上沢祥昭『会話』に入ったところ。

『青の軌跡』、よかった!
「昭和32年から昭和33年へ。生活が安定して来、同人たちの創作意欲も一段と高まって…」などと、月並みな、いかにも解ったようなことを書いた自分が恥ずかしい。こういう無知を二度としない決意で「人間像ライブラリー」人生に踏み切ったはずなのに、つい油断するとこんな馬脚をさらしてしまうことになる。
人々の心が、人々の生活が、戦争の記憶から立ち直ってくる内面のドラマを平木氏が書きとめてくれたことに感謝したい。この作品に出会わなかったら、私は今でも「人々の生活が安定して来」などと平気でほざく馬鹿のままだった。

その昔(まだ東日本大震災を経験していない頃)、札幌で開かれた啄木学会で、東京の大学院生の姉ちゃんが「この後、啄木は釧路へ移ります」とつらっと語ったことを思い出す。明治41年1月、小樽から釧路への旅の内面(『忘れがたき人人』)がどういうものであったかに想像力が及ばない言論。研究。
『青の軌跡』を知らなくとも学者や学芸員くらいにはなれるのかもしれないが、そんな研究や人生に私はもう感動することはないだろう。東日本大震災以後を生きてしまった私にはいらないものだ。


 
▼ 「人間像」第48号  
  あらや   ..2019/03/28(木) 08:33  No.661
  「人間像」第48号作業、昨日完了しました。デジタル化にかかった時間は、「77時間/延べ日数12日間」でした。現在のライブラリー収録タイトル数は「975作品」。

勘違いをしていて、四月から元号が替わるのだと思っていました。四月が発表で、五月からが新元号なんですね。なぁーんだ、それなら「平成」の内に予定通り第50号まで行けますね。
それにしても、何でこんなに新元号で騒ぐんだろう。「平成」の時、誰が名付けたとか、その意味(出典)は?とかで騒いだ奴なんか誰もいなかったように記憶しているけれど。

ライブラリー作業に欠かせない多機能プリンターが壊れてしまった。原因は「使いすぎ」みたいです。今の機械は弱いなぁ。東京からは桜の便りも来ているけれど、まだ雪が残っている小樽市桜の道を量販店に買い出しに。


▼ 「人間像」第47号   [RES]
  あらや   ..2019/03/13(水) 09:33  No.658
  クリックで拡大表示 ( .jpg / 72.8KB )

「平成」の内に第50号まで行きたかったのだが… なんか第48号止まりみたい。

今、第47号の104ページ、朽木寒三『暗い旅路』をやっているところ。(朽木氏が軍隊を描いたの、これが初めてじゃないか) これが終われば第47号はフィニッシュなのですが、続く第48号も150ページの大冊なので時間がかかりそうなのです。昭和32年から昭和33年へ。生活が安定して来、同人たちの創作意欲も一段と高まってきています。力作が多く、作業は楽しいです。

昨日、北海道立文学館へ行き、今年度作業終了分の「第31号〜第46号」+「三年間」を寄贈して来ました。針山家コレクションには「第47号」が欠けています。現在スワン社作業に使っているのは道立文学館で作ってもらったコピー原稿で、表紙部分が白黒画像だったので、カラー画像が欲しくて今回は直接道立文学館にお邪魔しました。中島公園、雪解けでぐしゃぐしゃでしたね。春はもう少しか…

貼り付けた第47号表紙画像は白黒版のものです。この後カラー版を載せますが、かなり印象がちがうもんです。


 
▼ 「人間像」第47号  
  あらや   ..2019/03/15(金) 11:55  No.659
  クリックで拡大表示 ( .jpg / 57.2KB )

本日、「人間像」第47号作業、完了。デジタル化にかかった時間は、「56時間/延べ日数12日間」でした。現在のライブラリー収録タイトル数、「967作品」になりました。

朽木寒三『暗い旅路』に感動した! もう、この地平線の向こうに『馬賊戦記』が見えて来ている! 感無量。

P田栄之助『東京あか・げっ・と』の「あかげっと」とは、もちろんマーク・トウェインの『赤毛布外遊記』を踏まえてのことです。

いろいろ楽しい第47号だった。


▼ 「人間像」第46号   [RES]
  あらや   ..2019/03/02(土) 18:40  No.657
  クリックで拡大表示 ( .jpg / 72.4KB )

本日、「人間像」第46号作業が完了。デジタル化にかかった時間、「27時間/延べ日数5日間」でした。現在のライブラリー収録タイトル数は「957作品」です。

前号と同じく53ページの冊子なので作業は早かった。インターネット工事(千円程安くするための…)の邪魔が入らなければ二月中に完了していたかもしれませんね。ま、そんなことはどうでもいいや。昭和32年6月はもっと大事なことがあるのです。

◇ 針山君に結婚の記念品
先にカンパをつのった記念品代は、上沢と朽木の許に二七〇〇円あつまりましたので、七月二十六日、パイロット万年筆(「贈記念 人間像同人会」とチョーコク)を送りました。(「同人通信」第52号/昭和32年8月1日発行)

針山氏、昭和32年6月16日に挙式です。この「同人通信」第52号には福島昭午氏の『針山和美結婚テンマツ記』が載っているのですが、ここで「同人通信」のお店を開くと「人間像」作業進行に重大な支障が生じますので、涙を呑んで復刻は控えますね。(←それくらい「同通」は面白い) いつか公開の日が来ることを私は信じています。

今は、第47号だ。



▼ 「人間像」第45号   [RES]
  あらや   ..2019/02/24(日) 17:24  No.656
  クリックで拡大表示 ( .jpg / 32.1KB )

本日、「人間像」第45号作業完了。デジタル化にかかった時間は「25時間/延べ日数4日間」でした。現在のライブラリー収録タイトル数は「945作品」です。
「25時間」は凄い数字に見えるけれど、これは50ページの号だったせい。腕が上がったとか、スタッフが増えたとか、性能の良い機械を導入したとか、そういうことではありません。

 いつもの号に較べるといささか淋しい紙面ではあるけれど、佐々木の「イノックの家」も福島の「地獄谷」も今までの彼らにはなかった異色ある題材に取り組んだ作品であり、各方面の忌憚なき批判をあおぎたいと思う。
 久しぶりに今回は同人の消息を少し書こうと思う。今まで旭川に在り本誌の校正係をつとめていた、渡部が急に仙台へ転勤した。あちらに行ったら、東北支部を作ると張り切っていたがどうなることやら。平木は宿願の中篇「青の軌跡」二七〇枚を完成させた。何れ発表されるが彼としては精魂を打ちこんだ力作であり期待されている。短篇に技巧を見せている朽木は珍しく長い物に手をつけている。題して「雨」というが完成はまだ少し先の事になるらしい。針山が五年も前から構想を練り宣伝していた大作? にようやく手をつけはじめた。発表は今年のものにはならないらしいが、題して「百姓三代」という。しばらく同人の席を脱けていた白鳥が同人に復帰した。活躍が期待されている。また大阪港中学校の女教師だった岡本は、こんど岡山放送局のライターとなる。その他の同人も各々のペースで作品に取り組んでいるが、詳しい事は次号より誌上で………
(人間像 第45号/編集後記)

その『青の軌跡』(第48号)、早く読みたいのでデジタル化を急ぎます。渡部氏、ついに北海道を離れてしまったんですね!



▼ 「人間像」第44号   [RES]
  あらや   ..2019/02/20(水) 13:13  No.655
  クリックで拡大表示 ( .jpg / 34.2KB )

本日、「人間像」第44号作業完了。デジタル化にかかった時間、「33時間/延べ日数6日間」でした。現在のライブラリー収録タイトル数は「941作品」です。

前回(第43号)の「57時間/延べ日数9日間」を大幅に上廻る「33時間」。ページ数はそんなに変わらぬ70〜80ページなんですけれどね。印刷状態が若干良くなってきた(日本の経済が回復し始めた?)ので、OCRソフト読み取りも楽になってきたのかもしれません。二月中にもう一冊と考えています。



▼ 「人間像」第43号   [RES]
  あらや   ..2019/02/10(日) 17:37  No.653
  クリックで拡大表示 ( .jpg / 71.0KB )

今週が、この冬の寒さの底のようです。

 九時近く、僕は四人より一足先に家を出て、緑町の親戚へ向うため、妙見川辺りを登っていった。人もまばらな闇市場を通り抜けようとした時、バラックの軒の下に固っていた四、五人の内の一人が、つか/\と近ずいてきて、光の箱を差し出してみせて、煙草をいらないかと、明らかに朝鮮人らしい訛で云った。軽く断りながら、何となく薄気味悪い思いで通りすぎたが、暫く行って、フッと彼等の中の一人で、チラと視線の合った男が針本ではなかったと気付くと、僕は思わず振向いた。彼等の影は、雪明かりにももう見えなかった。針本だったろうか。いや針本ではあるまい。彼がここに居るはずはないのだ。しかし、居ないともいい切れないはずでもあった。
(金澤欣哉「後流」)

 ――いかりや荘と言うO市ではBクラスの旅館、十日程して私はそのいかりや荘の客になった。風呂を浴びて以前と同じ室に戻ると待っていたように夕食の膳が、これも以前のときと同じ、小柄な、いっていて二十二くらいな年頃の、ぽってりとした体つきの、頬からおとがいにかけて、それこそ、生ぐさいような女を感じさせる女中によって運ばれる。サービス精神を発揮したことは言うまでもない。――女は私にしきりに年をあてゝ見ろと言ってきかないので私は、相手がよろこびそうな二十位だろうと言うと、そんなにわたしって子供っぽく見えるかしら、これで二十三よと言う。又女はひとり言のように、わたし肌がくろくて(顔とは言わなかった)恥かしくってと言う。私の見た眸では、くろいどころか、男の目には、罪なくらい、しっとりと濡れたような肌理のこまい、それこそ刃物をあてゝも、乳のような血が出るかと疑う程の白い肌を持った女であった。
(志村龍夫「明日の喪失」)

内地はもうすぐ春みたいだけれど、もう少し冬の小樽で頑張って「人間像」作業に勤しむつもりです。作品に〈小樽〉が出てくると、少しペースがハイになる。「四三走り」か。


 
▼ 57時間  
  あらや   ..2019/02/13(水) 14:42  No.654
  本日、「人間像」第43号作業完了。デジタル化にかかった時間、なんと「57時間/延べ日数9日間」でした。現在のライブラリー収録タイトル数は「935作品」。

自分で言うのも変だけど「57時間」は凄いね。何なんだろう…と考えてみて、いちばん思い当たるのは「作品の質の向上」ですかね。読んでいて楽しい。先の展開が楽しみなので、作業が苦にならない。昭和31年。人々の心も漸く戦後の混乱期を脱したように感じます。


▼ 「人間像」第42号   [RES]
  あらや   ..2019/02/03(日) 17:53  No.652
  クリックで拡大表示 ( .jpg / 43.1KB )

本日、「人間像」第42号をライブラリーにアップしました。デジタル化にかかった時間、なんと「37時間/延べ日数6日間」でした。なんでこんなに短時間なのかというと、第42号が「詩特集号」だったからです。現在、ライブラリーの収録タイトル数は「928作品」。千タイトルとか、阿呆なこと言ってごめん。まだまだ先でした。

辻井彰夫(津井彰)氏の5作品(第31〜41号)をアップしました。一時期同人だった人については、あえて項目を挙げず、『人間像』本体の中での公開にとどめていたのですが、今回、土肥純光『汚れた太陽の街』の登場によって少しばかり考えが変わりました。なにか、読んでいて心にピンと来た作家、作品については躊躇っていては駄目だと感じたのです。辻井氏については、『アルバム』の時点で反応すべきでした。

この後も「人間像」作業を続けます。竹内紀吉氏関連の作品調査(千葉)も考えていたのですが、肝心の浦安中央図書館が三月末までリニューアル休館なので動きがとれない。四月まで、行けるところまで「人間像」に集中です。北海道は冬なので、こんなもんです。



▼ 「人間像」第41号   [RES]
  あらや   ..2019/01/20(日) 11:40  No.649
  クリックで拡大表示 ( .jpg / 40.8KB )

昨日より「人間像」第41号作業に入りました。

あれ、この表紙、どこかで見たことある…と思った方もいらっしゃるかもしれませんね。画家のクレジットは入っていないのですが、「人間像」はこの表紙レイアウトがいたく気に入ってるようで、ここ一番の時に何回か使っていますね。いかにも「人間像」という感じで私も好きです。

竹内紀吉氏の作品が大量に入ったため、ライブラリー収録タイトル数が大きく伸びました。第40号時点で「767作品」だった収録数は、第41号スタート時点で「909作品」になっています。おそらく第42号のあたりで千タイトルを越えるんじゃないでしょうか。個人的には励みになります。


 
▼ イエスの生家にて  
  あらや   ..2019/01/27(日) 07:43  No.650
  クリックで拡大表示 ( .jpg / 23.4KB )

そうか、イエスの生家は羊蹄山麓にあったのか…

志村竜夫(村上英治)氏の『イエスの生家にて』、昨日通過。奥付まで、あと5ページ。

今回も漢字が厳しかった。ワープロ(一太郎)の漢字検索がなかったら、漢和辞典だけだったら、こんなスピードでは仕上がらなかったでしょうね。
「猿臂」「懼れ」「滾る」「闌」「歔欷」「枉がる」「軈て」「一顰一笑」「諂い」「怺え」…
「猿臂」を、旭川刑務所の囚人が「遠臂」と誤植したりして、なかなかに大変です。

大坂なおみ、おめでとう! 決勝戦、生で観ていたよ。

 
▼ 63時間  
  あらや   ..2019/01/28(月) 14:28  No.651
  昨日、「人間像」第41号作業を完了。デジタル化にかかった時間は「63時間/延べ日数10日間」でした。現在のライブラリー収録タイトル数は「914作品」になります。

意外と時間がかかっていますね。反省です。次号は久しぶりに渡部秀正氏の作品(『楡の在る家』)が登場なので、心うきうき、間を置かず作業に取り掛かろうと思います。

「昭和31年」に発行された雑誌を「平成31年」の今にデジタル復刻しているというのは、なかなか感慨深いものがありますね。「平成」を言ってる内に、第50号くらいまで進みたいものだ。


▼ 迎春 2019   [RES]
  あらや   ..2019/01/01(火) 11:23  No.646
  クリックで拡大表示 ( .jpg / 57.0KB )

今年もよろしくお願いします。

2018年の大晦日、竹内紀吉氏の「街を歩けば」37編をライブラリーにアップしました。本年は、残りの「街を歩けば 〜僕のアウトドアライフ〜」シリーズ140編のデジタル化からスタートです。(今年は雪が少ないので今日から始められるかもしれない…)

「人間像」は第41号からのスタートです。こちらはもう淡々と… 行けるところまで行くんだ。


 
▼ 僕のアウトドアライフ  
  あらや   ..2019/01/12(土) 18:11  No.647
  クリックで拡大表示 ( .jpg / 48.2KB )

「千葉にもまだこんな所があったのですね」
 独り言のようにKさんは幾度も呟いていた。
「いいなあ館長さんは、毎日が別荘暮らしじゃないですか…」
 Yさんは未だに私を浦安時代の職名で呼びながら、ため息交じりの冗談を言っている。
 しんがりを歩いていた私は、一行の背中を見つめながら、浦安図書館の準備期の頃から数えれば、もうこの人たちとの付き合いが二〇年にも及ぶことを考えた。
 設計者として、或いは書架を納入する立場で、そして私は運営者として、それぞれが浦安図書館に心血を注いだあの頃は最早遠い昔になったが、その三人共が元気で、こうして集いあっていることを思った。私のなかに、和やかな、懐かしさに似た思いが広がって来た。
(僕のアウトドアライフ 116「KさんとYさん」)

「街を歩けば」シリーズも116編目を過ぎ、ゴールに近づきつつあります。泉自然公園、インターネットで調べてみました。まさに「まだこんな所があったのですね」ですね。四街道市がどこにあるかも解ったし、本当、インターネットって便利だなぁ(笑) 最近、タブレットで「人間像ライブラリー」の画面を見る機会があり、考えていた以上に鮮明で読みやすいのには驚きました。このデジタル・データがWindows7やXPで作られていると知ったら、皆、驚くだろうなぁ…

 
▼ ひとり  
  あらや   ..2019/01/15(火) 16:55  No.648
  クリックで拡大表示 ( .jpg / 70.1KB )

 いまこの原稿を那須高原の雪の中で書いている。千葉ではうららかな小春日和の日が続いているのであろうが、昨日から降り始めた粉雪が一夜明けたら二十センチを超す積雪になっていた。那須温泉の湯元に近いこの山の中は一面の銀世界で、時折突風が枯枝を揺すぶり、雪を巻き上げて通り過ぎていく以外は、夏あんなに賑わっていたこの別荘地も、いまは人影も車もほとんど見かけずしいんと静まりかえっている。
(僕のアウトドアライフ 133 「那須高原の雪の中で」)

いや、驚いた。泉自然公園の新居完成で『僕のアウトドアライフ』は大団円、ヨーロッパ紀行はエンディングの特別付録だとばかり思っていたので、最後の最後で「那須高原の山荘」が出て来たことには本当に驚いた。何と言えばいいのだろうか。この人の、得体の知れないこの熱意はどこから来るのだろう。「アウトドア」といった言葉では捉えきれないものだとは思います。
連載の最終回が、その那須高原の山荘に書斎を増築する話だったことに少し感じるものがありました。この人が生涯求めていたものは、この山荘の書斎のように自分ひとりになれる場所だったのではないか。生きていく上で、心のどこかに「ひとりになれる場所」がないと生きづらい人なのではないか。
そういう観点から「浦安図書館」を考えることは大変興味深い。図書館は、例えば文化会館や劇場のようなものとは構造がちがう。演者と聴衆が一体となって何かをつくりあげるといったものではない。「みんなの図書館」なのだけれど、そこに集う一人一人にとっては「ひとりになれる場所」であることを直感的に表現したものこそ「浦安図書館」なのではないかと思うようになりました。読書が究極の「ひとりになれる場所」であることを知っている真の読書人だからこそ辿り着いた図書館に感じます。


▼ 2018年9月6日以前の読者の皆様へ   [RES]
  あらや   ..2018/11/08(木) 15:39  No.631
  2018年9月6日以前に、 Internet explorer を使用してインターネットに入り「人間像ライブラリー」を閲覧されていた方の中には、現在、作品表示に辿り着けない状態になっている方がいらっしゃるかもしれません。この理由については過去の司書室BBS「緊急連絡」に書きましたが、この状態を回復するには、一旦、インターネットの閲覧履歴を削除することが必要です。

以下、履歴の削除方法を図解します。


 
▼ インターネットオプション  
  あらや   ..2018/11/08(木) 15:43  No.632
  1. インターネット画面を開く。例:YAHOO先頭画面
 右上にある歯車マーク(@)をクリックして、
表示されたメニューの中から「インターネットオプション」(A)をクリック。

 
▼ 「全般」→「閲覧の履歴」→「削除」  
  あらや   ..2018/11/08(木) 15:47  No.633
  2. インターネットオプションウインドウが表示されましたら、
「全般」タブを開き、「閲覧の履歴」の「削除」をクリックします。

 
▼ 「閲覧の履歴の削除」  
  あらや   ..2018/11/08(木) 15:52  No.634
  3. 「閲覧の履歴の削除」画面が表示されます。
以下の項目にチェックが入っていることを確認してください。
  それ以外は未チェック状態にして下さい。
・インターネット一時ファイルおよびWebサイトのファイル
・クッキーとWebサイトデータ
・履歴

4. チェックを入れ終わったら「削除」をクリックします。

 
▼ 「選択された閲覧の履歴が削除されました。」  
  あらや   ..2018/11/08(木) 15:55  No.635
  5. InternetExplorerの下部に「選択された閲覧の履歴が削除されました。」と
表示されましたら完了です。

6.「全般」画面の「OK」を押して作業終了。
 「人間像ライブラリー」の検索ボタンに入って確認してください。








     + Powered By 21style +