| TOP | HOME | 携帯用 |



司書室BBS

 
Name
Mail
URL
Backcolor
Fontcolor
Title  
File  
Cookie Preview      DelKey 

▼ ふれる彫刻   [RES]
  あらや   ..2015/12/23(水) 12:31  No.445
  近代美術館の「さとぽろとその時代」展にいってきました。田上義也の(私は)見たこと資料がいっぱいで予想外のおもしろさ。行ってみるもんですね。坂本直行が二中(札幌西高)の卒業生とか、こんなところで「学天則」とか、小ネタも多かった。

言ってみる…といえば、館内中央にあるブールデルの「力」。帯広の近美のブールデル「勝利」なら外庭なので写真OKなんだけど、やっぱりここは駄目なんだろうなあ…といつも思っていたんです。でも、この日はテンション高かったから総合案内の人に聞くだけ聞いてみたんですね。そうしたら、館内のホール部分は撮影OKだそうで、この時は、ほんと嬉しかったなあ。レストランしかないと思っていた二階に、なんと中原悌二郎の「若きカフカス人」を発見した時はほんと驚喜しましたよ。札幌の近美、えらい。

「アートで発見HOKKAIDO」もおもしろかった。木田金次郎と神田日勝の大きな二枚が壁にどーんと並んでいたのは迫力でした。本田明二の「けものを背負う男」に近づいて行ったら、おおっ!これ木彫じゃないか!(ほんとびっくり…) 木田金次郎が「大雪山」や「釧路」を描いていたり(岩内から一歩も出ない人かと思ってました)、なんか、いっぱい新発見北海道したなあ。

で、とどめはこれでしょうね。レファレンスルームでこのチラシを発見。
「ふれる彫刻」展 http://www.hongoshin-smos.jp/
街の中にある彫刻と美術館の彫刻の間に、なにか融和的な気運が生まれはじめていることを歓迎します。(「力」にはさわっていませんからね)



▼ 亡国記   [RES]
  あらや   ..2015/11/30(月) 20:31  No.442
  雪かきとか、食料品の買出しとか、銀行の払いとか、明後日の小学校出前図書館用の本読みとか、洗濯・アイロンがけとか、新聞記事の切り抜きとか、土曜に撮ってきた写真のアップとか…、そういう月曜定休日にやっておかなければならない一切を放棄して、北野慶「亡国記」を読み耽っていました。先ほど読了。月曜くらいちゃんとしたご飯とも思ったのだが、もう遅いか… いつものように酒飲んで寝てしまうだろう。水曜の出前図書館が終わったら、いろいろ書きたいと思ってます。

 
▼ 占領軍  
  あらや   ..2015/12/06(日) 19:08  No.443
  「北海道民の皆さん、私はドミトリー・キーロフ北海道占領軍総司令官です。本日、ロシア軍は無政府状態にある北海道を占拠しました。今後、この島はロシアの北海道占領軍総司令部によって統治されます。四月一日の大地震による島岡原発の大爆発で,日本国内はもちろん、極東ロシアをはじめとした周辺諸国を放射能で汚染したにもかかわらず、一切の責任を放棄してここ北海逍の札幌に避難してきた旧日本政府の岸辺三郎をはじめとした閣僚と中央官僚、ならびに中部電力をはじめ各電力会社及びその他の大企業の幹部等二千五百三十七名は、われわれの手によって身柄を拘束されました。同時に、北海道知事と札幌市長をはじめとする道内各市町村長はその職を解任し、その職は占領軍幹部たちに引き継がれました。また、北海道に駐屯していた国防軍組織と三万名の軍隊も本日をもって解体され、軍人はすべて武装解除されその職を解かれました。なお、北海道警察は占領軍総司令部の管轄下に入り、今後も警察職務を全うするでしょう。最後に、島岡の大事故にもかかわらず、危険な運転を続けてきた泊原発のすべての原子炉は、本日午後十時をもってその運転を停止します」
(北野慶「亡国記」)

なんとなく、これは百田尚樹「永遠の0」に対する左からの反論なのかな…とか思いつつ。

そうですか… この、久しぶりに落ち着いた生活も二〇一七年四月一日で終わりかい。

 
▼ 障害者差別解消法  
  あらや   ..2015/12/06(日) 19:42  No.444
  この「亡国記」、奥付ページに(私は初めて見る)見慣れない券が。で、券の横に説明文。小さい字(←視覚障害の人には優しくない)なので下に書き出しました。

本書の一部あるいは全部を無断で利用(コピー等)することは、著作権法上の例外を除き禁じられています。但し、視覚障害その他の理由で活字のままでこの本を利用できない人のために、営利を目的とする場合を除き「録音図書」「点字図書」「拡大写本」の製作を認めます。その際は事前に当社までご連絡ください。
また、活字で利用できない方でテキストデータをご希望の方はご住所•お名前•お電話番号をご明記の上、左下の請求券を当社までお送りください。

二〇一六年四月一日より「障害者差別解消法」の施行です。出版界も動き出しましたね。


▼ 図書館戦争   [RES]
  あらや   ..2015/10/17(土) 10:30  No.440
  「ラスト・ミッション」、おもしろかったです。(ま、「図書館法規要覧」を美術館に飾るセンスには苦笑いしたけど…) 観て、去年の今頃、「図書館資料デジタル化のこれから」を書いていた頃をちょっと思い出した。

スマホの普及が人間の生活様式や思考形態を変えたことは間違いありません。「これから」私たちは、驚くほどの低知能人間、言語や感情表現能力の壊れた人間を日常的に相手にしなければならないことになるのは確実だと覚悟しています。
図書館人の間にも、スマホにまつわる文化(?)に嫌悪感を抱く人は意外と多い。(私もその一人かもしれません) ただ、そのことと「図書館資料デジタル化」は、ちょっとちがう問題なのです。私が「図書館資料デジタル化のこれから」を書いているというと、お前まであっちの陣営に下ったのか!みたいな反応を同世代の図書館人から受けることが何度かありました。これがけっこう堪えた。
感覚的には、わかる面もあるのです。高度成長期のテレビの普及に対して、「このままでは日本中の子どもがバカになってしまう!」と危機感を抱いた図書館人が愚かだったとは思わない。八十年代のパソコンの普及・進化に対面した図書館人が、「コンピュータは図書館業務になじむ・なじまない」の大論争をしていたことを時間の無駄だったとは思わない。


 
▼ ラスト・ミッション  
  あらや   ..2015/10/17(土) 10:42  No.441
  「図書館は本の価値観を守る最後の砦だ!」と言う図書館人がいても不思議だとは思いません。ただ、図書館の現実はそういう方向には変化して行かないであろうことは、「図書館資料デジタル化のこれから」を書いた時に確信しました。
昔、図書館には、バカな司書と賢い司書がいました。仕事ができる司書と、仕事ができない司書がいたんです。蔵書五十万冊程度の図書館にも何十人もの司書がうじゃうじゃいたんです。「図書館システム(パソコン)」の進化は、いわば、その「バカ司書」部分を駆逐したと私は思っています。無資格者を含む誰もが平均的な図書館業務ができる世界に図書館を変えました。こうなるしかなかったのだと思います。
個人的には、「頭の切れる」(←今の人は「頭のキレた人」と思うから困ったもんだ)司書がいなくなって寂しいですけどね。

「図書館は本の価値観を守る最後の砦」という想いは、「図書館戦争」を観て発散することにしています。5.1サラウンドっていうのかな、今の映画は音が凄いやね…








     + Powered By 21style +