| TOP | HOME | 携帯用 |



司書室BBS

 
Name
Mail
URL
Backcolor
Fontcolor
Title  
File  
Cookie Preview      DelKey 

▼ HM様   [RES]
  あらや   ..2017/04/22(土) 09:46  No.476
   しばらく間が空きました。小樽の住所です。
(047−0156) 小樽市桜5−19−24 電話 0134−52−4250

 四月の前半は家の作業場の掃除や資料の整理整頓で手間取りましたが、後半に入ってパソコンに向かう時間もできるようになってきました。作業に使う機材やパソコンソフトを入れつつ、過去の作成データ群と、これからつくり始める『人間像』のデータ群の水準の統一を現在行っています。
 今日はその最後の実験、『人間像』一冊丸ごとを新機材にかけて、そこから全作品データをつくり上げる作業をやってみるつもりです。実験には、福島様からいただいた『人間像別冊・針山和美追悼号』を使わせていただきます。(福島様の弔辞にある、大雪翌日の胆振線エピソードが大好きです) この実験で、一冊分をデータ化するのにどれくらいの時間がかかるのかが分かりますので、そのペース配分で新発寒のお宅からお預かりする『人間像』の分量も決まってくると思います。
 世界に一冊しか残っていないガリ版刷りの『人間像』も含まれますので、扱いは慎重に行おうと考えています。全号一括でお預かりするというような手荒なことはせず、おそらく、毎月定期的にお伺いして、その月で処理できるだけの分量をお預かりするというような方法になると思います。「毎月」というような方法は鬱陶しいかもしれませんが… 作業が年を越して、雪の季節にかかる場合もありうるかと考えますので、そういったことも併せて、今度お会いした時にご相談したいと思います。この実験が上手く行けば、連休明けくらいにはお電話できるかもしれません。(以下略)


 
▼ 三週間  
  あらや   ..2017/04/22(土) 09:59  No.477
  十年ぶりに戻った小樽はのんびりした街でした。二月、三月のあの慌ただしさは何だったんだろうかと思うほどに静かな佇まいです。やりたいことが決まっているのはいい。もう、世間体を繕った営業努力も必要としていない。生きている内に、残すべきものを残して消えて行こう、身体がまだ動く内に動いたのは正解だったと今は思っています。

三週間も経ったのに何の音沙汰もない…と怒っている人もいるかもしれません。旧「おたるの図書館」跡地は更地のままですし。

でも、進展はしているのです。変化はしています、見えないところで。三週間も経ったというのは正確ではありません。何年もの(もしかしたら十年単位の)時間がかかる仕事の、その動き出しの三週間が経ったとお考えください。


▼ ただいま   [RES]
  あらや   ..2017/04/07(金) 19:17  No.475
  小樽に戻ってきて一週間。引越荷物の山(と言ってもほとんど本と書類の山)をかき分けて、なんとかパソコンに向かう時間もでき始めました。

4月になったら新ホームページに専念すると人に聞かれたら答えていたけれど、実際には、3月31日の勤務時間終了まできっちり湧学館の仕事をしていたわけで、4月1日に人間像ライブラリーHPが現れるというのはちょっと無理です。長い時間がかかります。ただ、十年前とちがって、私はなんにも焦っていない。これを最後の仕事に選んだ時から何を相手に努力するのかは明確なつもりです。

掲示板を残したのは暫定的な処置です。今後「人間像アーカイブ」や「山麓文学館」などの作品群が起ち上がってきますが、それまでの間つなぎ的な機能とお考えください。



▼ チェンバロの調べと朗読   [RES]
  あらや   ..2017/02/07(火) 10:05  No.471
  チェンバロの調べと朗読

京極町 湧学館・視聴覚ホール
2月12日(日) 午後1時開場 午後1時半開演
チェンバロ:明楽(あけら)みゆき
朗読:田村英一(HBCアナウンサー)

朗読@ 松浦武四郎「後方羊蹄日誌」(一部分)
朗読A 本山悦恵「雪灯り」(一部分)
朗読B 峯崎ひさみ「針」(全文)

作品は新谷が選びました。ニセコ町でやった時は有島武郎作品が選ばれたそうですが、京極町でやるのならば、この作家であり作品だろうと思います。(もうひとつ、小林多喜二「東倶知安行」も考えたのですが、ハイライト場面に差別語が入るので今回は見送りました) たぶん、京極町で私がからむ最後の仕事になるのではないでしょうか。この町の図書館で本を読んできた人間として、自信を持って最後に残す三作品です。

どういうわけなのかよくわからないけれど、何を朗読するのかも書いていないチラシが一枚館内に貼ってあるだけ。インターネットにも記事は載っていないし。町のHP行事欄に日時の記載があるだけで、これで人を呼べると思っているなら甘いですね。


 
▼ ベリー・グッド!  
  あらや   ..2017/02/13(月) 18:45  No.472
  人、集まらないのでは…と心配していたのですけど、全然。

口コミが凄いのか、京極町の口コミが凄いのか…
三千人くらいの人口の町で50人以上の人が集まるのですからね。(自分の町の人口に換算してみてください) 京極町十年間の締め括り、いい思い出になりました。

朗読の準備にかける時間が凄いです。一月前あたりから、テキストの言葉にちょっとでも疑問があったらすぐに電話で問い合わせてくる。一部分の朗読でも必ず全文に目を通し、朗読部分の意味を納得するまで考える。おそらく、チェンバロの明楽さんも同じような努力を繰り返しているのでしょうね。勉強になりました。四月から始める私の新しい仕事にも励みになりました。

 
▼ 朗読会 チェンバロで彩る  
  あらや   ..2017/02/18(土) 19:16  No.473
  朗読会 チェンバロで彩る
田村さんと明楽さん
【京極】町ゆかりの作家らの作品朗読とチェンバロ演奏を楽しむ地域文化講座「チェンバロの調べと朗読」(町文化協会主催)が、町生涯学習センター湧学館で開かれた。元北海道放送アナウンサー田村英一さん、札幌在住のチェンバロ奏者明楽(あけら)みゆきさんが出演し、約60人が集まった。
 講座は12日に行われた。田村さんが幕末の探検家松浦武四郎「後方羊蹄(しりべし)日誌」を朗読した後、明楽さんが登場。柾葺き職人の青年が岩内から京極へ向かぅ列車内の様子などが描かれた本山悦恵(喜茂別出身)の「雪灯り」の朗読に、即興によるチェンバロの演奏で彩りを添えた。
 明楽さんの独奏を挟み、峯崎ひさみ(京極出身)の「針」で、田村さん、明楽さんが共演。戦後、樺太から引き揚げて和裁教室を開いていた母と、そこに集う娘らを描写した作品を、田村さんは落ち着いた口調で読み上げ、場面の合間に明楽さんの柔らかなチェンバロが響き、来場者を魅了した。 (小池伸之)
写真=京極ゆかりの作品を朗読する田村英一さん(右)とチェンバロを奏でる明楽みゆきさん
(北海道新聞 2017年2月18日朝刊 小樽後志欄)

 
▼ 有島神話  
  あらや   ..2017/02/18(土) 19:20  No.474
  道新の小樽後志欄にとりあげてもらってよかった。(ちょっと間が空いたが… また今回も無視されたかと思ってました)

この十年よく体験してきたことだけど、小樽に帰れば「山麓には有島武郎の他に何かあるの?」と真顔で聞かれるし、山麓に戻ってくれば「ニセコは有島を持ってるからなぁ…」としたり顔で言う公務員がいたりする。で、この人たちの共通点は、有島武郎の作品なんか何も読んでない…ということなんですけど。有島記念館でガラスケース越しに本の表紙をながめて、それで有島武郎がわかったつもりになっている人は多い。

「チェンバロと朗読」は、以前、同じ田村さんと明楽さんのコンビでニセコ町で開催したことがあるのです。もちろん朗読作品は有島武郎。場所は有島記念館。今でもインターネットなどでその時の感動を記したブログなどが見つかります。近隣の町の人もこれを見ていた人は多いと思いますが、自分の町でこれをやるかというとそれはない。その言い訳は相変わらず「ニセコは有島を持ってるからなぁ…(この町には何もないからなぁ…)」なのでした。

まあ、私も十年前は「有島武郎の他に何かあるの?」の人だったからデカい口はきけないんだけど、京極文化協会はえらいと思いますよ。勇気ある。ニセコの物真似じゃない、京極オリジナルの作品で貫き通したのはえらい。今朝の朝刊見て、「本山悦恵って誰?」「針って何?」と思った人はいっぱいいるでしょう。でも、町の人たちがこれだけ盛り上がっている記事になにか感じるものがあったなら、ぜひ京極町の湧学館に足を運んでください。たぶん、そういう人の動きの向こうにしか「後志の文学」の明日はないと大真面目に思っています。この想いは、四月から始める私の最後の図書館の仕事につながっています。


▼ 第124号   [RES]
  あらや   ..2017/02/03(金) 08:28  No.468
  針山和美『山中にて』以外の『人間像』第103号全作品を読み通すのに十日ほどかかりました。改めて、図書館の日常とデジタル・ライブラリーの仕事の両立はもう無理と感じます。もう、じつに若くない。

「どこへ、何しにいくの」
「もうすぐわかるって」
 さだはそういうと、なっ、と和太を振返った。和太が頷いている。あまり喋らない。何か緊張しているみたいだった。
 さだが踏切で立ち止った。汽車の気配に耳を澄ましているようだった。線路を歩いていくのだろうか。行く手に孝運寺のうっ蒼とした樹々が、夜より濃い色を重ねている。
(村上英治「いつかの少年」)

 「孝運寺」の名前が出てきて、はじめてこの話は倶知安の話なんだと気がつきました。だとすれば、これは戦争中の話でもあるので「もしかすると」と思って読み進んでいたところ…

 映写室からスクリーンヘ照射されていた光が消えて、場内が暗転した。席にそのまま落着くように、危険はない、二、三人の声が特別席から連呼している。スクリーンに発火したフイルムの気配が消えたことで、場内がいくぶん落着きを取戻した。場内の暗色を正面のスクリーンが仄明るくしている。薄く暮残った空のような色がスクリーンを染めていた。映写室の中で何かが起きていた。近くにいる慎二にその異様な気配が伝わってきた。物の倒れるような重い音がし、人の呻くような声が映写室の壁を洩れてきた。
(同書)

布袋(ほてい)座。昭和十八年三月六日夜、映画館布袋座の大火災。三月八日付の北海道新聞は「折重り二百名焼死/丈余の積雪に非常口開かず/倶知安布袋座、招待映画会の火事」の見出し、四段トップ記事で報じています。当時の新聞としては異例。


 
▼ いつかの少年  
  あらや   ..2017/02/03(金) 08:34  No.469
  戦時中のこと故、世情の無用な混乱を防ぐため内々裏に処理されたと聞いていたので、まさか布袋座大火災を背景に織り込んだ小説作品が存在するとは思っていませんでした。また、孝運寺の方も、知る人はみんな知っている、あの沼田流人が左腕を落とすことになる因縁の舞台ではあります。「汽車」「線路」の言葉も、これが「京極線(後の胆振線)」だと知って読んでるのと、知らないでただの「汽車」「線路」だと思って読んでいるのではけっこう大きな違いがあるんですけど。

『人間像』はさすが旧制最後の倶知安中学同窓生たちが集まって始まった同人雑誌だけあって、全体に山麓ならではのスピリットが充満している。読み進めれば読み進むほど、単に針山作品のデジタル復刻だけでは収まれないという気持ちが強まってきています。やるのならば、完全復刻したい。

124号表紙にもある通り、この号の目玉企画は村上英治氏渾身の長篇三百四十八枚『いつかの少年』一挙掲載と、もうひとつ、新同人・佐藤瑜璃氏の『赤提灯素描』のデビューです。「瑜璃」の名前でハッと気がついた人がいたら嬉しい。佐藤瑜璃氏は旧姓・沼田瑜璃子。沼田流人の次女・瑜璃子さんです。小説を書いていたというのもヘェーッだったけど、『赤提灯素描』の舞台が小樽だったことにはもっとヘエーッでした。

ちょっと紹介の仕方が変だったかもしれないので、村上英治氏や佐藤瑜璃氏の名誉のためにもきちんと書いておきます。『人間像』の諸作品や両氏の作品に山麓のアイテムや因縁が溢れているから、私はデジタル復刻したいと言ってるのではありません。『人間像』の作品すべてに、作品としての自立があり、美しさがあり、私はそういうところを尊敬し愛するからこそ多くの人々に読んでもらいたいと思いデジタル・ライブラリーを考えました。

 
▼ 三年間  
  あらや   ..2017/02/06(月) 06:26  No.470
  いや、凄い。このような作品がぎっしり詰まっているのに、針山作品だけをデジタル復刻してなにか仕事をしたつもりになっているのだとしたら、それは馬鹿だということでしょう。『いつかの少年』、完全復刻決心の決定打になりました。

「少年」がおそらくキーワードになるのだと思う。この人たちは戦争を少年期、思春期で体験していることが大きいのではないだろうか。今、昔藤原書店から出ていた『戦後占領期短編小説コレクション』を同時並行的に読んでいるのだけど、なにかおしなべて燃えません。(田村泰次郎『肉体の悪魔』みたいな作品が例外的にあることはあるが…) 敗戦を大人が迎えるのと、少年期が迎えるのでは、そのエネルギー量が決定的にちがうような気がする。生き残った「少年」の爆発は凄い。

さだはどこか、風の又三郎に似ているところがある。そう慎二は思うのだ。
(村上英治「いつかの少年」)

長篇348枚のデジタル復刻なんてとんでもない作業量に思われるでしょうが、なんかな…、そんなこと全然苦にならない変な身体になってしまった。現在続けている縦書きテストで、『山の子供』なんか軽々と復刻してしまいましたよ。(掲示板に載せるため解像度を70Kに落としています。実物は遙かに鮮明)


▼ 縦書き   [RES]
  あらや   ..2017/01/18(水) 19:19  No.463
  昨夜から、ずーっと見とれています。

現在のHP「おたるの図書館」>「おたるの青空」はこんな風に見えています。
http://www.swan2001.jp/oa456.html
文字化け。ズタズタの行間。画面も切れているし… WindowsXP時代につくった縦書きファイル。他のHPから縦書きファイルをかっぱらってきて、そのソースに自分の入れたい文章を嵌め込んで行く…という恐ろしく低脳なことをやっていました。でも、沼田流人『キセル先生』のようにルビがきつい文章だと、こんな数ページの文章でもファイルに仕上げるだけで丸々一日の時間がかかってしまいます。それでもWindowsXP時代ならまだ読めるから続けていたんですけど、やがてWindows7になり、8(←これ、決定的だったな)の世の中になるとご覧のように崩壊してしまいました。

今構想しているHPは基本的に百パーセント「縦書き」文書の構成になります。「読みやすい」「縦書き」(私にとっては「入力しやすい」「縦書き」)文書をさくさく作成できることが大条件でした。美しい「縦書き」を求めてあたふたしていたんですけど、一昨日、ソフテック社から見せていただいたこのテスト画面で、なにかこれからの自分の道筋がつかめたような気がします。たぶん、「おたるの図書館」よりは遙かに引き締まったHPになるでしょう。新HP名は「人間像ライブラリー」か「人間像アーカイブス」といいます。

※ 「綽名」が「綽吊」になっていますが、これはテスト版をつくる時「おたるの青空」の文字化け文章を元にしたせいです。本番ではこういうミスはありえません。


 
▼ 人間像  
  あらや   ..2017/01/20(金) 07:28  No.464
  なぜ名が「人間像」なのか?

一昨年から去年にかけて、約四十年前に京極町で発行されていました同人雑誌『京極文芸』全15冊の復刻作業をしていました。復刻の過程で、派生的に『針山和美作品集』をつくったり、読書会、企画展示を行ったりとあれこれやったのです。その中で、作家としての針山和美氏を見ていた時には気づかなかった、編集者、同人誌主宰者としての針山和美氏にふれることができました。で、ちょっとだけ、自分に似たものをそこに感じたのです。

『京極文芸』は針山氏が京極小学校教諭として在職されていた十年間に発行されたものです。しかし、同人雑誌主宰者としての針山和美氏を語る場合、代表作は『京極文芸』ではありません。『人間像』です。
『人間像』の出発は戦後間もない昭和24年。旧制最後の倶知安中学、同窓生たちが集まって始まりました。以降、ガリ版刷りや誌名変更、そして針山和美氏の死去を経ても、平成の現在(第185号)まで続いているという北海道文学の草分け的な同人雑誌です。
その『人間像』の一式を私に預けたいという話が持ち上がったのが去年の七月でした。『京極文芸』を扱った時の手際が評価されたのかもしれません。伺って、その一式を見せていただいた時の興奮はもの凄いものでした。ガリ版刷り時代の『人間像』はもちろん、未発表作品『三年間』までもが原稿をきちんと綴じ合わせた形で目の前にあったのです。ここまで完璧な「一式」だとは思ってもいませんでした。

 
▼ 文学館と図書館  
  あらや   ..2017/01/20(金) 07:33  No.465
  まあ、常識で考えれば、これはもう田舎の図書館類似施設ごときの扱える範疇をとうに越えています。文学館や大図書館の仕事だろうと誰でも思うのでしょうが、なにか、私の中に釈然としないものが残ります。都市部にあることくらいが取り柄の文学館や図書館ごときに「針山和美」や『人間像』が本当に扱えるのか?という疑問です。率直ですが。

たぶん無理ですよ…という声が私の中にある。都会の文学館や図書館には「旧制最後の倶知安中学同窓生」の言葉は単なる研究資料の一データにすぎないだろうし、田舎の図書室は勉強しないから「人間像」自体が皆目わからない。「針山和美」を国文科的に研究しようという気は今も昔もないけれど、この、都会と田舎の間に横たわる厚顔無恥の広がりの中から『人間像』の作品たちを掬いだしたいなぁという気持ちが芽生えました。ひとつひとつの作品に意味があると私は考えています。

七月以来、湧学館の日常業務と『人間像』デジタル・アーカイブ化の仕事の両立をずっと模索していました。なんとかならないか!と頑張ったけれど、なんとかならなかった。年齢的なものなのか、体力的なものなのかよくわからないけれど、ぎっしりと詰め込まれた図書館行事の山の前にはデジタル・アーカイブ作業の時間は残っていなかったです。それで選んだわけです、アーカイブの方を。選ばなかったことで、どちらを深く後悔するだろうということが判断基準になりました。

 
▼ 人間像アーカイブス  
  あらや   ..2017/01/20(金) 07:40  No.466
  私たちは『人間像』の作品を読みたいのです。『京極文芸』の作品を読んだ時と同じように。文学館が調査研究した成果をガラスケース越しに見たいわけでもないし、図書館の閉館時間を過ぎても延々と読んでいたいわけです。本を読む上での一切の不自由から自由になりたいと思っている。

デジタル・アーカイブのような「見え方」が良いことなのか悪いことなのか、今のところはよくわかりません。作家や研究家の人たちは、「本」を読んでもらうことを前提に仕事を成したのであって、スマホ人間たちに読んでもらうことまではもちろん考えていなかったでしょうし。私自身、スマホで見えるものしか見えない、スマホで聴こえるだけの音が音楽だみたいな人たちの中に、「人間像アーカイブス」が登場することの意味を何か期待するような気持ちは全然ありません。

もっと防衛的な感情なのだと思います。今の時点でできる最高度の「保存」をやりたいのだと。図書館も文学館も結局は形の保存にすぎない。どんなに調査研究を積み重ねたところで、初めて針山和美『嫁こいらんかね』を読んだ時の驚きの保存にはならない。このことは、十年前初めて峯崎ひさみ『穴はずれ』を目にした時からの変わらない想い、変わらない課題なのでした。

その、京極での十年間の出逢いもまた保存の対象です。私の心の中の「人間像」です。書き方がまずかったかもしれないけれど、私の考えている「人間像アーカイブス」は、単に針山和美主宰『人間像』をデジタル復刻するだけのアーカイブスではありません。この十年、山麓の地で発掘した、出逢ってきたさまざまな「人間像」たちも当然そこに集う、そういうアーカイブスです。そして私も死んだら最後はそこに集いたいと思ってる、そういうアーカイブスです。

 
▼ 第103号  
  あらや   ..2017/01/20(金) 07:47  No.467
  なんで『人間像』第103号なんだ?と思った方、いるかもしれません。深い理由はありません。たまたま手元に第103号があったからです。一冊読み切るのにどれくらい時間がかかるか、体力測定みたいな感覚で先週あたりから始めたのですが、いやー、昔の文庫本みたいな超細かい活字、疲れる… 一週間は経ってると思うけど、まだ読み終わりません。無性に佐々木譲が読みたくなる。

武井先生、『愛の教室』なんてエッセイ集、出していたんですね。

編集後記で針山氏「神坂純郎・福島昭午・白鳥昇・金沢欣哉・佐々木徳次・針山和己などと並ぶと、何か目次が昔に戻ったような気がする」なんて書いてます。かなりオリジナルメンバーに近いのかな…と思って第103号を手にとりました。


▼ 「おたるの図書館」は2017年3月をもって終了   [RES]
  渡辺弘道   ..2016/12/13(火) 18:09  No.461
  残念であり、また寂しいですね。2002年に小樽へ移住以来、お世話になりありがとうございます。

 
▼ おたるの図書館  
  あらや   ..2016/12/17(土) 16:11  No.462
  渡辺さん、お久しぶりです。

たぶん、来年の4月より小樽の家に戻り仕事を始めることになると思いますが、その仕事に「おたる」はもう必要ないという意味で「おたるの図書館」ホームページ終了を考えました。このアドレスで開始するかどうかが今ひとつ不明なのではっきりしたことはまだ書けませんが、2017年の4月にはどこかで私のたぶん最後の仕事が起ち上がるでしょう。

この掲示板は、「おたるの図書館」と4月からの私の仕事をつなぐ数少ない通路になると思います。新しい形がはっきりしましたらお話ししたいことはいっぱいあります。来年4月の小樽を楽しみにしています。


▼ 神田美術館   [RES]
  あらや   ..2016/09/24(土) 09:31  No.458
  旭川・神田美術館とはこんなところです。
http://www17.plala.or.jp/kanda/

玄関前で待つこと数分。ドアを開けてくれたのが神田比呂子さんご本人であったことには全身どきり。作者御自らに館内の作品を案内していただくという、これ以上デラックスな美術館があるかという体験ではありました。

数年前から細々と続けてきた野外彫刻散歩、そろそろゴールかというところまできています。一応、本郷新作品を全部この目で見ることを最低ラインにしているのですが、それで言えば、あと稚内の3作品で本郷新は終了です。稚内へ行く途中で、音威子府の砂澤ビッキも…とか、雪が溶けた4月以来頭の中には気持ちはいつもあるのですが身体がついて行かないというか。なんか雑用に全身まみれだ、今は。

神田美術館の「渚へ」石膏像、よかったなぁ。薄く色を施してあるんだよね。
このブロンズ像が洞爺湖にあります。洞爺湖をぐるっと取り囲んでいる彫刻群が、たぶん私の彫刻散歩のスタート。その中でも仲洞爺の熊谷紀子〜神田比呂子〜小野寺紀子のラインナップは強力でしたね。洞爺湖の具象作品は全部憶えていて、それをナビにして全道に広げた形が私の野外彫刻散歩かもしれません。私の頭の中の北海道地図は野外彫刻作品のマッピングでできてます。

「野外」という「無料原則」、私はいつも共感しています。


 
▼ ロダン展  
  あらや   ..2016/10/11(火) 16:51  No.459
  もちろん、ロダン展も行ってきました。ロダンだと(ファンが多いだろうから)たぶん駐車場も一杯なんだろうなと思って宮の森からたらたら歩く方法をとったのだけど、四十年前の高校生の通学路では見えなかったものがいっぱい見えて、ちょっとだけ感傷に浸った。

いちばん意表をついたのは「カレーの市民」かな。ミニチュアサイズだったんだよね。なんと、鳥瞰で「カレーの市民」像を見下ろすという考えたこともない体験にはしびれました。(価値あった!) 「考える人」もミニチュア。でも、「地獄門」の中で「考える人」がどこに配置されているかを知ることができ、さらに他の彫刻群がどう配置されているかが丁寧に図解されていたからこちらも大満足でした。岩内の木田美術館と同じで、本郷新彫刻美術館も行けば必ずなにか発見がある。

記念館も少し配置作品を入れ替えたみたいで、「氷雪の門」石膏像がどーんと立っていた。早く、稚内行け!ってことなのかな。ここに行くと、東京の大日本印刷とか大阪の中之島公園にも行きたくなるんだよね。

 
▼ 砂澤ビッキ記念館  
  あらや   ..2016/10/11(火) 16:55  No.460
  前回、「稚内へ行く途中で音威子府(おといねっぷ)の砂澤ビッキも…」とか書いて、ごめん。高速使って名寄まで着いた時点で午前十時すぎ。ガソリンスタンドで、音威子府までは「あと一時間半」とか言われて、頭クラクラしました。昔、道内を車で走りまわっていた頃の記憶では、稚内まで4時間もあれば行けるだろう…みたいな風に思っていたんだけど、全然ちがう! なーに記憶してんだか。
作戦変更。名寄まで来ちゃったんだから、とりあえず音威子府までは行こう。そこの天気見て、稚内に突っ込むか、引き返すかを決めようと思いました。
で、音威子府着、十一時すぎ。まあ、こりゃあ稚内は無理だなぁ…という雰囲気です。空もどんより。風も、さぁこれから冬ですよと告げている。

でも、最終的に稚内行きを諦めさせたのは、筬島(おさしま)の砂澤ビッキ記念館が持っている威力そのものだったと思います。中に入れば、たぶん誰でもわかる。これは…ただ者ではないと。
http://www.swan2001.jp/gallery1610a.html
砂澤ビッキの印象、かなり変わりましたね。まとまったビッキ作品を見られる場所としては、私の山麓近辺だと洞爺湖芸術館とか芸術の森のモニュメントということになるんだけど、そこで受ける「ビッキ」のイメージは木の抽象芸術家、巨匠という点に尽きてしまうのですけど、筬島の場合はちがう。なにか、遊び心満載の、私にも憶えがあるあの六〜七十年代の空気を身体中で呼吸してきた「ビッキ」なのでした。だんぜん魅力的。

十月いっぱいで今年は閉館。「やっぱり雪ですか?」という私の質問に、「それもあるけど、ここは、作品を守るために暖房設備を入れてないんです」というお答えでした。なるほどなぁ。帰り道、稚内までの表示を見たら「120q」と出ていました。もう焼けくそで、「氷雪の門」は零下三十度の吹雪の中で撮ろうか…とか思った。氷雪なんだし。


▼ 大和くん   [RES]
  あらや   ..2016/06/11(土) 07:56  No.457
  道新の連載、えのきどいちろうの「がんばれファイターズ」に「おっ」という話が。七飯町で行方不明になっていた児童の発見・保護の報道を受けて、

 そんな中で、ファイターズファンはちょっと違う見方をしていたフシがある。報道で写真が出回ったのだ。5月5日、札幌ドームの試合前イベントで中田翔からサインをもらう児童の姿だ。
 身に着けているのは、お手製の「北海道新幹線・GLAYコラボユニホーム」。球団公式の淡いグリーンのものでなく、通常のユニホーム、(たぶんお母さんが)「新幹線」を縫いつけ「GLAY」の文字を入れてくれた。そして、肩にはこいのぼりまでつけてくれた。
 後に記者から尋ねられ、中田は「覚えています。ユニホームにこいのぼりがついていた子」と答えている。中田も心配していた。僕もこの写真を見て「あ、お手製だ」と思った。確かに親御さんも反省されている通り、置き去りはよくないと思う。が、ファンなら機微がわかる。これは愛されて、大事に育てられている子じゃないかなぁ。というわけで、ファンは、とても人ごととは思えなかったのだ。
(北海道新聞 2016年6月7日/「がんばれファイターズ」568回)

めそめそしないで、すぐ動く。その日の内に鹿部町の自衛隊施設にもぐり込んだことが生死を分けたと思います。すごい子ども。

中田が小さなファンに向けて4日から11号、12号と2発の祝砲を上げた。ニュースで見てくれただろろか。
(同記事)



▼ 忘れ得ぬ戦禍   [RES]
  あらや   ..2016/04/11(月) 11:49  No.450
  去年は戦後70年でした。さまざまなマスコミが「戦争」特集企画を組んでいたのですけど、ひときわ目立ったのが北海道新聞です。一昨年の特定秘密保護法反対の勢いのまま「戦後70年」企画になだれ込んだような形で、一年間、これでもか、これでもかといったような雨あられ状態で「戦後70年」記事を書きまくっていました。(「80」年になったら、もうあの戦争を語れる人はほとんどいなくなってる…という危機感があったみたい)
おかげで、滝川に人造石油の工場があったとか、遠く南方パラオに道民がたくさん入植していたとか、へえ…という話がいっぱい出てきました。樽前山の米兵潜伏68日とかね。(戦争話に「面白い」は不謹慎なのかもしれないが、でも面白い…考えることが頭に溢れかえってくる)
それらの記事は去年の11月に『戦後70年 北海道と戦争』という上下巻2冊にまとめられて出版されたのですけれど、吃驚はそこでとどまらなかった。なんと、その一月後、今度は『戦後70年 忘れ得ぬ戦禍』という本が北海道新聞社から出たんですね。全道版での特集記事とは別に、空知とか胆振とかの各支局が独自の取材を繰り広げていたんです。
私の住んでる後志は小樽支局が「子どもたちが見た戦争」というチョロっとした記事だけですませちゃったので私は気にもとめなかったのですが、一冊の本になって全道各地の記事を読めるようになると、まあ凄い!どこの支局もスクープで炸裂してるではないの!
小樽は一足先に「80年」状態になっているんじゃないでしょうかね。これは最近特に感じるのですが、後志を語りたいのなら「まず小樽から」という発想はそろそろ捨てた方が良いのではないか。小樽しか知らない人間が語る「後志」は正直つまらないです。最近は明らかなミスも目立つようになってきているし。


 
▼ 進発の像  
  あらや   ..2016/04/11(月) 12:03  No.451
   キャップランプの明かりで模擬坑道を歩く夕張市石炭博物館の「まっくら探検」。その出口、史蹟夕張砿に半ば背を向けるように、灰色の立像が建つ。夕張市指定有形文化財・採炭救国坑夫の像だ。
 「昔は台座の上にそびえ立っていたんだ。仰ぎ見たものだよ」。夕張市常盤の元炭鉱マン、相馬昭光さん(83)が教えてくれた。
 高さ3.63メートル。炭都・夕張の盛衰を見てきた立像は、戦時中の1944年(昭和19年)6月、「進発の像」として作られた。「進発」とは戦場に向かって出発すること。「銃後の戦線」と呼ばれた炭鉱で働く労働者の鼓舞が、目的だった。
(戦後70年 忘れ得ぬ戦禍/夕張の立像は語る 炭都の「銃後」と戦後)

あの彫刻ですね。
http://www.swan2001.jp/gallery1507b.html

 しかし、増産優先の乱掘で坑内は荒れ果てた。終戦後の1946年、夕張の石炭生産量は122万3050トンと激減した。国内の各炭鉱の出炭量も減り、石炭を燃料とする蒸気機関車の本数も全国的に削減され、1947年の列車走行距離は終戦時の6割にまで落ち込んだ。
 再び、政府による石炭増産運動が始まった。増産のシンボルだった立像に、新たな名前が与えられた。戦時体制を想起させる「進発」の文字は台座から消され、代わりに「採炭救国」と刻まれた。戦後復興の最前線との位置づけだった。設置場所も、事務をつかさどる鉱業所の前庭から、坑内労働者が集合する繰込所の前に移設された。
 労働者確保のため、炭鉱は住居も水道も無料とした。食料品も配給所で、後払いで購入できた。国外からの引き揚げ者や、空襲ですべてを失った人々が夕張に流れ込んできた。
(同書より)

現在の夕張の財政破綻の遠因も臭わせていて、秀逸な記事。

 
▼ 軍需生産美術推進隊  
  あらや   ..2016/04/11(月) 12:11  No.452
   傷みの原因の一つに材質がある。屋外に像を設置する場合、御影石などの石像やブロンズ像が一般的だが、物資が欠乏した戦時中に作られたこの立像は、コンクリート製だ。(中略) それでも、「材料の割には良くできている。筋骨隆々とし、気迫あふれる表情。下から見上げることを意識し、足を太くして迫力を増している」。元夕張市美術館長の上木和正さん(65)は、「貴重な戦時美術品」と解説する。
 立像は当時の軍需省による「軍需生産美術推進隊」が制作した。洋画家鶴田吾郎氏(1890〜1969年)の呼びかけで芸術家47人が参加。1944年4月、東京の同省で結成式が行われた。設立趣意書に「軍需生産の拡充増強に挺身協力する」とある。
 実際に制作に当たったのは、同隊彫塑班の4人だった。院展同人で文展(現日展)審査員の中村直人氏(1905〜1981年)、帝国美術院賞受賞の古賀忠雄氏(1903〜1979年)ら、いずれも一流の彫刻家が同年6月に夕張を訪れた。
 彫塑班は入坑する「鉱兵」(鉱山労働者)のデッサンから始めた。顔は当時の北炭夕張鉱業所長の竹鶴可文氏(1891〜1980年)をモデルにした。NHK連続テレビ小説「マッサン」の主人公のモデル、竹鶴政孝氏(1894〜1979年)の実兄だ。
(戦後70年 忘れ得ぬ戦禍/夕張の立像は語る 炭都の「銃後」と戦後)

へえーっ、そうなの。吃驚。

数年前の国策紙芝居の発見とか、この「国策彫刻」の存在とかは、私の、日本人や文学者や芸術家を見る目をずいぶん変えたように思いますね。戦時中は沈黙していたとか、逼塞していたとか、そんなことは絶対にない。

 
▼ 支笏湖  
  あらや   ..2016/04/11(月) 12:17  No.453
   手元に1枚の白黒写真がある。横一列に並び、片手を高々と上げるナチスドイツおなじみのポーズで立つヒトラーユーゲント(ヒトラー青年団)の団員たち。背景には、わずかに支笏湖の水面が見える。
 写真は1938年(昭和13年)9月、現在のモラップキャンプ場で撮影された。1936年(昭和11年)の日独防共協定を受けて親善活動の一環として全国を巡ったヒトラー青年団は、この北国の小さな集落にもやってきた。
(戦後70年 忘れ得ぬ戦禍/支笏湖−激動の時代映す水面)

へえ。今年の読書会でとりあげている針山和美氏にも『支笏湖』という作品があるよ。

当時、千歳市美笛やポロピナイ周辺は苫小牧の王子製紙工場などで使われた木材の一大産地だった。「大きな丸太をひもでつないだいかだを湖に浮かべ、船で引いて運んでいた」と鎌田さん。現在の温泉街付近まで輸送された丸太は、苫小牧につながる王子軽便鉄道「山線」(1951年に廃止)に積まれ、工場に運ばれた。
 1941年(昭和16年)12月に太平洋戦争が始まると、その丸太は戦意高揚を図る新聞紙に姿を変えた。軍施設の造材などにも使われ、1943年(昭和18年)には陸軍の兵士約230人が駐屯し、紋別岳で広葉樹のマカバを大量に伐採。練習用の航空機のプロペラに使われたとされている。
(同書より)

 
▼ GHQ  
  あらや   ..2016/04/11(月) 12:22  No.454
   70年前も変わらずに透き通った水をたたえていたであろう支笏湖にも、戦争の記憶は残っていた。そして終戦から4年後の1949年5月、国立公園に指定された湖は、今度は「平和日本のホープ」に生まれ変わる。
 日本の復興に向けて、国際観光での外貨獲得を目指していた連合国軍総司令部(GHQ)は、観光の拠点となる国立公園構想に向けて全国の候補地を視察。「日本の国立公園候補地の中で恐らく最も重要なものだ」と報告されたのが支笏洞爺だったのだ。
(戦後70年 忘れ得ぬ戦禍/支笏湖−激動の時代映す水面)

これも、へえーっ。国立公園がGHQがらみだったなんて全然知らなかった。

 支笏湖の郷土史研究家・故高橋長助さんの記録によると、湖が国立公園となった2年後、意外な人物が湖畔に現れたという。GHQの最高司令官だったマッカーサー。トルーマン大統領との意見対立で「老兵は死なず、消え去るのみ」との言葉を残して米国に帰還した彼の日本最後の保養先が支笏湖だったというのだ。
 宿泊したとみられる王子製紙支笏湖別邸があった場所を訪ねる。現在の支笏湖ビジターセンター付近。1968年に別の場所に建て替えられた建物も今は周囲に草が茂り、時代の移ろいを感じさせる。
 当時の宿帳には、女性の筆で「マックアーサー 大和撫子」とあったという。高橋さんは記録の中で「大和撫子の正体は、女優の花柳小菊らしい」と書き残した。激動する時代のはざまで生まれた物語の一幕が、ここにもあった。
(同書より)

 
▼ 千歳支局  
  あらや   ..2016/04/11(月) 12:27  No.455
  いろんな支局が頑張って書いているけど、千歳支局の頑張りは凄いですね。めまぐるしい戦争の波にもまれて生まれた千歳という街を書き切っているような気がします。ものすごく千歳に興味を持った。

 「当時はそれが当たり前だと思っていた。われわれが物心ついたころにはもう、日本は戦争をしていたから、戦争のない暮らしが想像できなかったんですよ」。石井さんは、そう振り返った。平和な時代に生きる私にとっては「非日常」の戦争が、石井さんにとっては「日常」だったのだ。
(戦後70年 忘れ得ぬ戦禍/千歳小−「日常」だった戦時生活)

 「日に日にまちの形が変わるようだった」。朝鮮戦争当時、小学生だった和田明彦さん(71)は、まちの変化をこう振り返る。終戦の年、千歳小の全校児童数は727人。商業者の子供たちが転入し、わずか8年後には3倍以上の2358人にふくれあがっだ。毎月50〜60人の転入生があったという千歳小は、午前と午後の2部制にしても教室が足りず、体育館を板で仕切って授業に使ったという。
 「米兵と女性が小学校のグラウンドにシートを敷いて、運動会を見物していた。当時はこういうもんだと思っていたよ」。
(同書より)

 「まるで西部劇の舞台。敗戦という言葉を忘れてしまうぐらいにぎやかでした」。今は亡き夫とともに、千歳市本町でビアホールを営んだ熊谷和子さん(87)は、当時のにぎわいをこう表現した。
 英語で書かれたビアホールやダンスホールの派手な看板。かすれたようなジャズの音が、店内から流れる。一晩で泡と消える大量のビールとドル札。肌を露出した赤や紫の衣装の女性たちがどこからともなく現れ、米兵と腕を組んで消えていく。
(戦後70年 忘れ得ぬ戦禍/千歳市清水町−繁華街に飛ぶドル札)

 
▼ 針山和美氏  
  あらや   ..2016/04/11(月) 12:32  No.456
   手元にある1枚の古い地図。「千歳街におけるパンパンハウスとビヤホール・飲食店図」と記されている。1950年代、米軍の進駐で街の風紀が乱れた。これを憂い、故千葉誠さんが実態調査して作製した地図は、日教組全国教育研究大会に報告された。地図に目をやる。市街地にびっしりと、位置を示す黒丸が付いている。
 「パンパン」は米兵相手に売春する女性たちを指した言葉。1950年の朝鮮戦争勃発で兵士を戦地に送り込む拠点の一つになった千歳は、死を意識して酒色を求める米兵であふれた。(中略) 1952年の調査では、ハウスは幸町や清水町、朝日町を中心に500軒を数えた。人口増加と急激な歓楽街の拡大で警察の取り締まりも追いつかない。千歳市史には「学校の教室や千歳神社、さては物置や馬小屋を無料ホテルにした」とある。
(戦後70年 忘れ得ぬ戦禍/米軍駐留の影)

当時の雑誌や新聞に「麻薬とドル買いの町ちとせ」「歓楽と騒音の街チトセ」「人肉のジャングル千歳」と大見出しが踊った千歳市を、針山和美さん、やはりちゃんと描いている作品があるんですね。脇方の勤労動員は書いているし、敵機墜落事件は書いているし、なにか、千歳支局と同じくらい良い仕事をしている。


▼ 函館本線小樽行   [RES]
  あらや   ..2016/02/01(月) 19:17  No.446
  旧聞に属しますが… 今年も、大晦日の日に小樽に帰る列車の人でした。冬は積雪で小樽の家に車を停める場所がないもので。

で、今年も定点観測。四十人くらいの車内に、本を読んでいる人、今年は(私の座っている場所からでも)四人ほどいましたよ。その中には、ペーパーバックスを手にしているオーストラリア人(ニセコですから…)も一人いましたね。すべて男性でした。女性は、すべてスマホですね。お洒落ってことなのかな。タブレット男を一人も見かけなかったのも今年の大きな特徴。


 
▼ ディスレクシア  
  あらや   ..2016/02/01(月) 19:19  No.447
  1月、早かったですね。あっという間に2月になっちゃった。

去年あたりから「この人、何?」という体験がいくつかあって、少しずつではありますが「ADHD(注意欠陥多動性障害)」とか「ディスレクシア(読み書き障害)」について書かれたものをチェックすることが増えています。言葉は大事ですね。長い期間「この人、何?」の状態が続いていたんですが、ある時、「ADHD」という言葉を与えられる機会があって、そこからはかなり急速に人の理解とか仕事の対応とかが進みました。

だから、「ディスレクシア」に気づくのは早かった。
http://www.dinf.ne.jp/doc/japanese/access/library/0903_tomonken/koyama.html
ただ、「文字の見え方」の説明はピンとくるものがなかったですね。今、私が対面している「ディスレクシア(と思える事態)」からはかけ離れているように感じました。私が教えてほしかったのは、文字の「見え方」ではなくて、文字の「感じ方」なんです。

 
▼ ありがとう、チュウ先生  
  あらや   ..2016/02/01(月) 19:20  No.448
  これこそ、私にとっての「チュウ先生」でしたね。この画像に出会わなかったら、たぶん、あの人の理解は別のものになっていたかもしれない。

http://www.npo-edge.jp/educate/what-is-dyslexia/

このサイトに、深く感謝しています。

 
▼ パトリシア・ポラッコ  
  あらや   ..2016/02/01(月) 19:23  No.449
  「ありがとう、チュウ先生」は、こんな絵本です。

以前より、ポラッコの本(と、さくまゆみこさんの訳)はなぜか好きだったのですが、ディスレクシアを知ってからは忘れられない本になりそうです。人生はこんな風に生きるべきだ。








     + Powered By 21style +