TOP ホーム ページ一覧 |


No.4547 への▼返信フォームです。


 大日岩    ..山旅     >>引用
      2017/06/09(金) 08:17  No.4547
 
 
クリックで拡大表示 ( .jpg / 264.9KB )
夜半にはいったんやんだ雨が、朝方になってまた降り出した。天気としては回復傾向なので、なんとかなるのではと思っていたが、唯一参加予定のおとみ山が戦意喪失とあっては木曜山行としては中止とした。しかし、花の様子を見たいのと、行ってみたい岩峰があったのでひとりで出かけることにした。

登山口に着くと、瑞牆山はすっきりと見えているし、ハルゼミは大合唱をしているし、青空すら見えるので、これはラッキーかなと思ったら、すぐに霧が巻いてしまった。もっとも、雨具を出すようなことは終始なかった。

2011年、昨日と一日違いの日に大日岩に出かけた。そのとき富士見平下でミツバツツジとシャクナゲが同時に咲いていたのが実に見事で、それをもう一度見たいなと思ったのがこの週に計画した理由だったが、残念ながらどちらともすでに咲き終わっていた。だが、縦八丁のシャクナゲは見事で、まだつぼみの木も多いから、この週末あたりが最高の見頃ではないかと思う。暗い林床に咲くシャクナゲには晴天はあまり似合わない。その点では昨日は好条件だった。


 トッコ岩    ..山旅     >>
        2017/06/09(金) 08:42  No.4548
 
 
クリックで拡大表示 ( .jpg / 133.6KB )
猿途山から双眼鏡で金峰山方面を眺めていたら、大日岩の右側に特徴ある岩峰が見えた。もっとも、今までだっていつでも見ているのだが、たまたまそのときは印象に残ったということである。

ちょうど今週大日岩に登るつもりでいるのだから、ついでにそれにも行ってみようと思ったのである。大日岩から砂払にかけて、金峰山の登山道は信州側にあるので、甲州側の岩峰は知らぬままに通過してしまう。

大日岩へは直登ルートで登り着いた。霧でまったく見通しがきかない。岩陰で風を避けて天候の回復を待ったが、どうせ待つなら初めての場所で待ってみようとくだんの岩をめざす。

霧に濡れたヤブを突破するのは厄介なので、突っ込みやすいところを探して登山道を登っていくと、少々行き過ぎて、出たところは目指す岩場のひとつ東の突起だった。まあしかし、そこのほうが岩場そのものを眺めるには良さそうだと踏んで、ねばることにした。最初、一瞬目の前に岩峰群が現れたが、それきりで1時間がたった。

やはりだめかと下山開始、大日岩の基部まで下ったところで、忽然と目の前に鷹見岩が雲の中から現れた。遅かりし、と思ったが、しばし考えて戻ることにする。そして岩峰の全容を見ることができたのである。

あとで調べたら、この岩はトッコ岩という名前であった。金山から見たときに水晶の原石に似ているからだという。トッコとはそれを言うらしい。左の尖塔は文字通り石塔岩という。


 Re:トッコ岩    ..山旅     >>
        2017/06/09(金) 08:50  No.4549
 
 
クリックで拡大表示 ( .jpg / 80.0KB )
トッコ岩まで行かずに帰るわけにはいかない。適当なところからシャクナゲ林に突入した。もう濡れようが服が破れようが構ってはいられない。

近づいてみると、なんと面白い岩の造形なことよ。大日岩の岩にのっかった卵のような石も面白いが、ここの、石塔が大岩に寄りかかっている様も面白い。近景しか眺められなかったが、大展望が得られることは間違いないのだから、秋の好日にでもまた来たいものだ。





 Re:トッコ岩    ..山旅     >>
        2017/06/09(金) 09:13  No.4550
 
 
クリックで拡大表示 ( .jpg / 143.4KB )
ちなみに、金山からだとこう見える。石塔岩の右の岩場からこれらを眺めたわけである。

 Re:トッコ岩    ..おとみ山     >>
        2017/06/09(金) 11:00  No.4551
 
 
失礼をば致しました。

前日は八王子で同窓会(リタイアー後に通った、都の職業技術専門校・園芸科〜つまり、植木屋の修行)、飲むほどに「明日は山の日」だから、「控えめに飲んで早めに帰る」とうそぶいていたのが・・・・「明日は完全に雨だよ」との、悪友達の声に、いつの間にかエンジン全開に。 酔眼朦朧、穴山駅に降りて見れば、矢張り雨〜これで心は殆ど折れてしまいました。

翌朝はそれでも、目覚ましの轟音に5時半に飛び起き、何となく身支度をしながら外に出て見れば、案の定シトシト音も無く雨が。

これで一気に戦意喪失。しかし師匠からの中止令が来ないので、珍しく自分からTEL〜「エッ? 直ぐに上がりますョ」と予想外の返事でしたが、こちらの心の内を読まれて「じゃぁ、今日は中止にしましょう。ボクは一人でどこかへ行って来ます」と。

何度か行っている大日岩だけではとの気持も、戦意喪失の一助になったのかも知れませんが、「トッコ岩」の石塔にはそそられました。 こんな岩場遊びが大好きな自分としては、若干の後悔の気持もあります。鷹見岩も楽しく愉快でしたが、水晶の露岩があるかも知れない、この辺りの岩場は、まだまだ〜幾らでも?

さっさと同行を取り止めた軽率さをお詫びすると共に、秋口、ベストコンディションの日にと、早くも期待感が膨らんでいます。
以上、言い訳の記でした。


 Re:トッコ岩    ..山旅     >>
        2017/06/09(金) 11:11  No.4552
 
 
クリックで拡大表示 ( .jpg / 127.8KB )
翌日が晴れだとわかっていたので順延できればよかったのですがね。今日は営業許可を延長するための保健所の検査というわけで都合が悪かったのです。ただいま無事終わったところです。

今日は鉄人夫妻が大弛から金峰を越えて縦走するとのことで、もし順延なら大日岩でランデブーしましょうとの連絡があったのですが、それも残念でした。きっと大展望とシャクナゲを満喫されたことでしょう。


 Re:トッコ岩    ..鉄人M     >>
        2017/06/09(金) 22:05  No.4553
 
 
本日先ほど、大弛〜金峰〜金山の縦走から帰宅いたしました。

先般、3日(土)の「森山の会」で山旅さんにご先導いただいた猿途山から眺めた金峰の勇姿が瞼からどうしても離れず、"いてもたってもいられず状態"で、女房とともに久々の同コース縦走を決行した次第です。

天候は晴れたり曇ったり…
この時季にしてはおおむね良好で、甲信国境の分水嶺からの大展望を楽しみました。
そして、実は大日岩での"密会"を楽しみにしていたのですが…う〜ん、残念!

砂払いの頭から樹林帯に入った縦八丁〜横八丁では、本当にシャクナゲがまさに見頃で、山旅さんの添付写真どおりの素晴しさでした。
そして、それより何より金峰山頂東側「賽の河原」で人生初めて、開花したキバナシャクナゲを見ることができ、女房ともども感動いたしました。
(誠に申訳ありません。写真はいつもながらのアナログポジなので、添付できないことをお許しください)

さぁ、それではトッコ岩への木曜山行へのお誘い、心待ちにしております。


 Re:トッコ岩    ..山旅     >>
        2017/06/10(土) 07:46  No.4554
 
 
クリックで拡大表示 ( .jpg / 245.1KB )
それでは金峰山のキバナシャクナゲをこちらから一枚。これは6月17日でしたが、今年は少々早いのかもしれませんね。

それでは再度大日岩およびトッコ岩は、もっともこの山麓が錦秋となる、10月26日に実施します。


名前
e-mail   URL
題名色
文字色
タイトル  
添付  
フォームに保存  プレビュー      削除キー