TOP ホーム ページ一覧 |


No.4587 への▼返信フォームです。


 大笹峰    ..山旅     >>引用
      2017/07/10(月) 07:17  No.4587
 
 
梅雨の晴れ間の週末となった。この晴れ間を逃すと次はまた雨マークが続く予報である。とはいえ、日帰りで繰り出す人はあっても、宿泊までして遊びに行こうという人はこの時季少ない。何しろ夏休みが控えているのだから。

だから、人出の多い週末はまず避けることにしている横山夫妻からの突然の問い合わせにも「すべての部屋が空いております、山へもご一緒できます」と手もみしながら応えたのであった。横山さんに会いたいからいらっしゃるときには誘ってくれとAさんには頼まれていた。これまでことごとく都合がつかなかったが、週末だからひょっとしてと誘ってみたら、これもぜひにとなった。

晴れたら暑いのはわかりきっているのだから山選びは標高が決め手である。霧ヶ峰方面は私や横山さんに目新しいところはないが、Aさんはほとんど知らないというので、じゃあそちらへ行こうとなった。しかし、もっとも人出の多いこの時季の霧ヶ峰である。下手なところへ行くと人を見に行くようなもの。そこで、つい先日木曜山行で歩いたルートで大笹峰に登ることにした。これなら、少なくともエコーバレーからの一般道に出るまでは誰ひとりいないだろう。

大伐採でまるで雰囲気の変ってしまった大笹峰へのハイキング道には横山さんもびっくり。すでに伐採地には次のカラマツの苗が植えられ、まわりは鹿柵で囲まれている。その中にだけちらほらとキスゲが咲いているのはやはり鹿がキスゲ激減の原因だろうか。

帰り道にはビーナスラインを通ってみたが、同じく鹿柵の中だけはキスゲが咲いている。車山肩の駐車場は満杯で、その向かいの、普段は無料の駐車場は臨時有料駐車場になっていた。こりゃかなわんと止まらずに通過した。霧ヶ峰は夏が似合うが、遊ぶ場所は選ばなければならない。


名前
e-mail   URL
題名色
文字色
タイトル  
添付  
フォームに保存  プレビュー      削除キー