TOP ホーム ページ一覧 |


No.5339 への▼返信フォームです。


 納涼山歩き    ..山旅     >>引用
      2019/08/09(金) 12:00  No.5339
 
 
.jpg / 181.0KB
長梅雨で、気温についてはさほど暑くはない日々が続いていたのが、明けたら一気の猛暑で身体の調整がうまくいかない。たまたま木曜日に他の予定がなかったので臨時の計画を立てたが、結局都合がついたのは妙齢のご婦人おひとりだけ、しかし涼しいところを歩きたいという希望は私自身のものでもあるので、それはそれでいいじゃないですか、私とふたりきりでも構わないというのなら水入らずで歩きましょうよと出かけたのだった。

なにせ納涼だから、2000mを大きく下回るような標高の場所を歩くわけにはいかない。しかも人が多いところでは気に入らない、さらには長かったり危険な行程は問題外、となかなか条件は厳しい。

しかし探せば、いい場所はあるもので、地形図を眺めてここはどうだろうと選んだところは諸条件全てクリアしているように思えた。もっとも実際に出かけてみなければわからない部分はあるので、多少は想定外もあったが。

すぐ近くではハイカーや観光客でごった返しているというのに、誰一人と行きかうこともなかった。最初の半分は明るい林道歩きである。想定外だったのは途中にある橋が崩落していたことで、しかしそのおかげで車が来ることは絶対にない。残りの半分はヤブを漕いで登ることになったのは想定内で、標高差100mあまりならご愛敬のうちである。

一汗かいてたどり着いた、目的地としていた小ピークは、ほぼ針葉樹の森ではあるが、さほど密生もしておらず適度に明るい。乾いた苔の座布団もふんだんにある。真夏の休み場としてはこのうえない雰囲気だった。夕方になれば妖精も現れるだろう。

昼下がりの小一時間を過ごすうちには遠くで雷鳴が聞こえ、もっと長居したかったのを、降られても嫌だからと腰を上げた。


 Re:納涼山歩き    ..名古屋のN     >>
        2019/08/25(日) 08:16  No.5345
 
 
名古屋から、残暑見舞い申し上げます。

今日の夕刻に着くように、ロッジまで車を走らせます。

20周年記念の会でご一緒した方が、今夜も何人か泊まられると聞きました。

明日、どこかの山歩きにご一緒できれば幸いです。


 Re:納涼山歩き    ..山旅     >>
        2019/08/25(日) 08:54  No.5346
 
 
道中お気をつけてお出かけください。明日は帰りがけの駄賃で霧ヶ峰あたりをうろつきましょうか。

名前
e-mail   URL
題名色
文字色
タイトル  
添付  
フォームに保存  プレビュー      削除キー