TOP ホーム ページ一覧 |


No.5689 への▼返信フォームです。


 角間山    ..山旅     >>引用
      2020/07/31(金) 07:45  No.5689
 
 
.jpg / 104.8KB
前回の角間山はいつだったかと調べると、もう7年前だというのには驚くばかり。年年歳歳そんな感想が強くなっていく。http://yamatabi.info/tawara-20130711.html

地藏峠へはおよそ1100mを一気に車で登る。それが前の山旅号では辛く、ながらくご無沙汰していたのだった。中部横断自動車道の延伸、そして新山旅号の入手と、久しぶりに行ってみる気になった。

どしゃ降りの朝だったが、北に行くにしたがって雨もやんで空も明るくなってきた。車に力があるとやはり楽で、地藏峠までこんなに近かったかなと思った。

ときたま雲が取れて湯ノ丸山や棧敷山が姿を現し、全山緑の様は夏の盛りである。登山道の刈り払いがされて間もないようで歩きやすい径はなお歩きやすくなっていた。

誰もいない頂上でしばらく過ごしたが、ついに展望には恵まれなかった。しかし行きがけと径を違えて下り、牧場にさしかかったときには明るくなって、広濶な高原の雰囲気を楽しむことができた。

何もなければ避暑客で賑わっているはずの地藏峠も閑散としたもので、角間山ではなおさらだった。ただひとりにも出逢わないまま山歩きを終えた。秋の盛りにでもまた歩きたいと思う。

参加の皆様、お疲れ様でした。


 Re:角間山    ..名古屋のN     >>
        2020/07/31(金) 10:49  No.5690
 
 
.jpg / 96.9KB
無事、名古屋に帰着しました。往路、復路も、土砂降りというか梅雨明けを促す(?)豪雨にも遭いながらの道行となりました。

初めての角間山(1981メートル)、「雪山讃歌」にもまつわるという鹿沢温泉からの往復山行。さすがに県境を越えての群馬県の山。用意した雨具を使うこともなく、山々にかかる雲の動きや、たまにのぞく青空も夏山らしくていい気分でした。

復路で出会ったその名もハナビラダケ、宿の夕食で初めての味にも恵まれました。山歩きを御一緒したSさん共々、バルコニーでのバーベキューでの「アレクサ」の話題の盛り上がりも楽しかったです。

写真は、桟敷山と小桟敷山です。


名前
e-mail   URL
題名色
文字色
タイトル  
添付  
フォームに保存  プレビュー      削除キー