| TOP | ホーム | ページ一覧 |

No.2374 への▼返信フォームです。


清川八郎を大河ドラマ化へ・・・ >>
クマジィ 2018/10/05(金) 04:10
.gif / 2.3KB 明治維新の先駆けとなった庄内町清川出身の志士・清河八郎(1830―63年)を主人公にしたNHK大河ドラマ化の実現を目指し、「清河八郎、大河ドラマ誘致協議会」が5月末に発足した。八郎の人間像を広く伝え、交流人口の拡大を図る狙いのようだ。

 清河八郎は18歳で江戸に上り、当時の最高学府に学び北辰一刀流を修めた後、25歳で文武指南の清河塾を開いた。尊皇攘夷の先駆けといわれ明治維新に大きな役割を果たしたが、志半ばの34歳で麻布一ノ橋(現存)で暗殺された。“策士”、”山師”と言われるが、この呼称には誇張と曲解があると「回天の門」を書いた作家藤沢周平さんは語る。策をもって人を動かすのが山師的だとするなら、当時の志士の半分は、その誹り(そしり)を免れないのではなかろうか。とも・・・

協議会は今後、学習、情報発信、商品開発、映像制作の4班で活動する。
本年度から3年間は清河八郎を広く知ってもらうための期間とし、学習会やプロモーション映像制作、11月に町内で開催される「明治維新150年記念フォーラム」で展示販売する商品開発などに取り組むことになると荘内日報は伝えている。実現すればこんなに嬉しいことはない。今後の活動に期待したい!!



Name
Mail   URL
Font
Title  
File  
Cookie  preview    Key