| TOP | HOME | ページ一覧 |


No.436 への▼返信フォームです。


▼ ロマノフ帝国   引用
  あらや   ..2018/02/02(金) 09:22  No.436
  クリックで拡大表示 ( .jpg / 41.2KB )

 「みんな聞いてくれ。ロマノフ軍の北海道上陸、いや本州上陸さえも、ないとは言えない情況のようだ。もはや現実のものと考えてよい。〈緊急プランQ号〉に従い、各自、電話の不通が復旧次第、道東方面の取引先へ連絡し、もし引き上げるのであれば、わが社の室蘭倉庫に集結待機するようにと伝えてくれ。実は、わが社は貨物船を室蘭港に待機させてある。戦況の進展次第で出港日を決めるが、時間はあまりないと考えたほうがよい。ロマノフ潜水艦隊の能力は決して侮れない。いつ、わが国全港湾に対する封鎖作戦が行われるか、予断を許さぬ切迫した情勢と考えてくれ」
 その日の午後には、小樽支店社員の家族は赤井川に疎開した。ここまで退避すれば比較的安全に、倶知安→喜茂別→伊達経由で室蘭に向かうことができるからだ。
(荒巻義雄「ロマノフ帝国の野望」)

うーん、いいですねえ。(今、窓から見える小樽湾に軍艦島みたいな船が通っているけど、何だろあれ…)
演歌みたいなもので、「日露戦争で日本が負けていれば」という着想(メロディー)が生まれれば、そこへ自在に「小樽」や「倶知安」というフレーズを組み込んで行くんですね。楽しめます。




Name 
Mail   URL 
Font
Title  
File  
Cookie  Preview      DelKey