| TOP | HOME | ページ一覧 |


No.558 への▼返信フォームです。


▼ 阿部信一さん   引用
  あらや   ..2017/12/24(日) 16:27  No.558
  クリックで拡大表示 ( .jpg / 50.1KB )

 有島記念館は、赤く燃えるレンガの壁、その外形は有島の大地に凍てつく白い炎。欧州の教会を思わせる建築。春夏秋冬白い和服の貴婦人の如く静かなただずまいを見せている。「人は自然を美しいという。然しそれよりも自然は美しい。人は自然を荘厳だという、然しそれよりも自然は荘厳だ………」有島武郎の「自然と人」の一節を風の流れの中から聞える。
(阿部信一「有島の大地」)

現在、「人間像」第25号作業を中断して、「京極文芸」に発表された阿部信一さんの作品のデジタル化を行っています。異例なことですが、今年の三月まで湧学館でやっていた仕事と、四月から始まった「人間像ライブラリー」の仕事をつなぐ大事な作業です。
デジタル・ライブラリー構想は今に始まったものではなく、京極時代、いや小樽時代からすでに原資料の収集は始められていました。「これは!」と感じた作品や作家については、いつでもデジタル化できる態勢とともに、作品発表時の現物で確認できるようスワン社内での保存を心がけています。それは、夥しいコピー書類や紙の山となってスワン社に結果しているわけですが…
この度、阿部信一さんから「人間像ライブラリー」掲載の著作権許諾をいただいたことにより、その山の一角が整備される気配が出てきました。この進展は、ライブラリー作業全体にいい影響を与えてくれるものと考えています。

「京極文芸」後半期に彗星の如く登場し、私たちの山麓文学構想に大きな力を与えてくれた阿部信一さんについては「読書会BBS」で。




Name 
Mail   URL 
Font
Title  
File  
Cookie  Preview      DelKey