| TOP | HOME | ページ一覧 |


No.568 への▼返信フォームです。


▼ 「人間像」第28号   引用
  あらや   ..2018/02/06(火) 11:52  No.568
  クリックで拡大表示 ( .jpg / 49.9KB )

「人間像」第28号デジタル化に「44時間/延べ日数6日間」。いつもよりは鮮明な印刷だったのでOCR作業が捗りました。心理的には「20時間」くらいの作業量に感じていたけど、最後に計算してみたらいつもの「40時間」台でしたね。まあ、こんなものか。

作業がやり易くなって来たと感じるのには、いろいろ技術的な要因もあるけれど、そういうこととは別に、駄作がなくなったことも大きいと感じます。駄作作家が居なくなった。キーを打っていて、不可解な言葉遣いや表現に苛々することもめっきり減りましたね。みんな、気がつかない内に腕が上がって来ています。

昭和28年。1953年。明らかに戦後の混乱とはちがった世相が登場して来ていますね。私も、実家の母が生きている内にこの時代のことを聞いておこうと思い始めています。次号(第29号)からは昭和29年。「洞爺丸台風」か。作品のレビューは読書会BBSで行いますが、こちらの司書室BBSでは「昭和20年代」の考察(笑)をやってみようかな。


 
▼ 第30号対応   引用
  あらや   ..2018/02/06(火) 15:32  No.569
   間なしに「人間像第三十号」を出す事になるが、これを記念号にして百三十頁位の大冊を発刊しようと予定している。で全同人にそれ/\作品を発表してもらり積りでいるから準備しておいて貰い度い。「道」の出発から足掛け五年、ずい分いろんな道を歩いて来たが我々は一服する事を知らない。若い時の休みない労力はいいものだそうだ。「人間像」が未だに一つの主義を持たぬ事を云々する人がいるが、何よりも先づ個々に完成する事に努力しよう。(上沢記)
(「人間像」第28号/編集後記)

第26号以降の「人間像」について、広告ページや裏表紙の画像を加えることにしました。これは、第30号記念号にかけて、どんどん裏表紙などの部分にも大事な情報が増えて来るからです。これらの情報がないと「一冊丸ごと」復刻にならない。

今日中に第29号作業に入ります。別に意味はないけれど、二月中に第30号記念号を完了したい。第30号を越えて雪解けの三月を迎えれば、なにか良いことがその向こうに待っているような気がしています。渡部さんも、奥沢町から相生町に引っ越したみたいだし…



Name 
Mail   URL 
Font
Title  
File  
Cookie  Preview      DelKey