| TOP | HOME | ページ一覧 |


No.642 への▼返信フォームです。


▼ 「人間像」第40号   引用
  あらや   ..2018/12/08(土) 17:15  No.642
  クリックで拡大表示 ( .jpg / 66.1KB )

本日、「人間像」第40号作業完了。デジタル化にかかった時間は「38時間/延べ日数8日間」。現在のライブラリー収録タイトル数は「767作品」です。

 四十号をお送りする。月刊第三号目であるが、前号が印刷所の都合で遅れたので本号も半月程遅延の止むなきに至った。それにしても月刊は難しいとつくづく思う。商業誌と違ってヤンサヤンサとけしかけて原稿をかかせる事もできないのだし、原稿がそろっても金の方が心細かったり、思うようには行かぬものだ。
 現在本誌に拠る人員は三十名程だが、そのうち会員は殆んど作品を発表しない現状なので、実際に活動しているのは十四人の同人のみ、しかも務めや家庭などの事情で書けないものも多く、作品の集積を待っては逐次印刷へ廻すと云う次第である。
 文学は生涯をかけてする仕事、従ってこの雑誌も生涯続けなければならない。一日も早く文壇に出たいなどと考えている人には、この世界は不向きであろうと思われるが、一時の情熱ではなく、生涯をかけて勉強したいと云う冷い情熱の持主を、僕たちは歓迎したい。創刊以来七年、一時の情熱だけではとてもやれるものではなく、同人も入れかわり、たちかわり、当初からの同人は僅か三人というありさまだ。「人間像」は最少百号まで続けるという目標であり、その目標は半ば確実になって来たが、果してそれまで幾人の人たちがついて来るだろうか。何やら楽しいようでもあり、また淋しい気もする。(針山)
(第40号「編集後記」)

第30号の時の、「オレたちはついにここまで来た!」みたいな高揚感は一切なく、実に淡々とした第40号ではありました。ついに「百号」を言い出しましたね。自信に満ち溢れています。

年内の予定です。来週より、長尾登氏の二作品デジタル化を完了し、続いて、竹内紀吉氏『僕のアウトドアライフ』(浦安タウン誌「ばすけっと」連載)の復刻に入ります。年明けで「人間像」再開といったところでしょうか。私には忘年会も正月ももうありませんから、こちらも淡々としたものです。




Name 
Mail   URL 
Font
Title  
File  
Cookie  Preview      DelKey