| TOP | HOME | ページ一覧 |


No.802 への▼返信フォームです。


▼ 愛と逃亡   引用
  あらや   ..2021/01/29(金) 18:05  No.802
  .jpg / 46.5KB

単行本『愛と逃亡』の復刻作業、順調に進んでいます。昨日、『愛と逃亡』を終了し、今日から残りの二篇『支笏湖』『女囚の記』に入ったところです。アップまであと数日か。今回は三篇まとめてのアップになります。

『愛と逃亡』、よかった! 針山氏の最高傑作ではないか。(というのはちょっと言い過ぎか… 今、読み終えたばかりだから『愛と逃亡』が最高傑作に感じるだけの話かもしれませんが。『百姓二代』を読んだ直後なら、こりゃあ最高傑作だと感じる人ですからね、私は) ただ、そう思ったのには理由があります。

単行本『愛と逃亡』が人間像同人会から発行されたのは1989年(平成元年)11月です。しかし、同人雑誌「人間像」に『愛と逃亡』が発表されたのは1965年(昭和40年)11月なんですね。ちなみに、『支笏湖』は1967年(昭和42年)、『女囚の記』は1969年(昭和44年)。どういう理由があったのかよくわからないのだけど、じつに二十年以上の時間をかけて熟成された作品群なので、その構造に何の揺るぎもない、針山和美にしか書けない小宇宙になっていると感じるのです。単行本『愛と逃亡』を人間像ライブラリーにアップできることを誇りに思う。


 
▼ 山麓文学   引用
  あらや   ..2021/02/04(木) 12:29  No.803
  『愛と逃亡』の復刻作業、完了しました。いやー、感じ入りました。

『愛と逃亡』の〈喜茂別〉から〈小樽〉へ流れる展開。『支笏湖』の〈倶知安〉〜〈支笏湖〉の展開。『女囚の記』の〈京極〉〜〈小樽〉〜〈喜茂別〉という展開。ラストに〈胆振線〉がちらっと出て来る凄技に感動した。ここまで人間像ライブラリーをやって来て、よかった。まさに山麓文学の誕生。針山ワールドの誕生だ。



Name 
Mail   URL 
Font
Title  
File  
Cookie  Preview      DelKey